X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2016/5/18  22:40

「つなぐ」ということ・・・  心氣体(fitness)
 私がここ土岐に来て仕事でよく考えていることは、「つなぐ」ということです。
 これがなかなか難しい・・・やっていることは基本的なことですけど、できる仕事の範疇でいかに組織の糸を紡いでいくかという感じです。
 たとえていうなら、野球の2番や7番の役割だと感じています。
 ああいう人達は、自分の打率は2割台でも「つなぐ」ことに徹することでチームに貢献しています。
 そういうことができないかな?と感じています。
 さらにそこから進歩すれば、かつてのホエールズの名キャッチャー土井淳さんみたいに、インサイドワークで貢献できるようになるかもしれません。
 難しいし・・・たぶんできないような気がします。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

1

2016/5/18  21:11

やはり奥さんのいる人はうらやましい  日記(I love one day)
 独身でも小ピットのように立派な人生を送っているので、最近は天にすべてを任せていますが、やはりうらやましいとは思いますね。
 私、家庭を作るチャンスって・・・実際にはこれまでなかったなあ。
 他のことに追われすぎた。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 日記 記録 感想

2016/5/17  2:15

茨城県の地震かなり大きかったようですね  日記(I love one day)
 茨城県の地震は震度5弱だそうですが・・・実際にはもっと揺れたようでお見舞い申し上げます。
 東日本大震災の時、茨城新聞の地震関係情報のリツイートをやたらにしていたな…「震災は東北だけではない!」と伝えたかったもので…。
 ところが茨城県は真っ先に鹿島の火力発電所を動かして、首都圏に電気を送電しだした。
 「我々が助けられるのではない!我々が助けるのだ!」…さすが御三家と思いましたね。
 あの時…鹿島神宮の「地の神を鎮める」と言われていた石が割れたそうです。
 「神様は懸命に戦ってくれたんだな」と思いました。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

1
タグ: 日記 記録 感想

2016/5/17  0:40

右眼のかすみが治ってきました!  心氣体(fitness)
 1年半ほど前に両眼複視に一時的なった頃から右眼のかすみが悪化し、眼鏡をかけていても右眼はかすんでいる状況でした。
 乱視がひどく、眼鏡をとると右眼はほぼ見えないと言ってよい状態でした。
 もともと少年の頃怪我で悪くした眼なので仕方ないですが、ちょっと不安になる状態でした。
 ところが最近だんだん治ってきて、乱視もかなり改善されかなり普通に見えるようになりました。
 眼鏡をかけても右半分がぼんやりしている感じはなくなりました。
 これなら経理などの細かい作業もできるかな?という感じがしています。
 実際あるところの経理で大失敗しちゃいまして…「自分らしくない、いかに片眼がよく見えなかったとはいえ・・・」と愕然としてしまいました。

 健康体操のおかげかな?と思っています。
 右眼はわからないのです。眼科医の先生には「特別おかしなところはない」と言われ、運転免許の視力検査の時も「問題なし」とされているのですが…・・・運転免許をとる時に指導員の先生の何名かから指摘されてから意識しています。
 二つの自動車学校で似たようなことを言われているので、たぶん事実なのでしょう。
  「眼…何か障害があるの?」という感じでした。
 右眼を大怪我した時に、何か機能が損なわれたのだと思います。
 運転免許は隻眼でもとれるので、特別どうということはありません。
 でも最近左眼がよくなってきているので、右眼がもう少しよくなれば運転免許の眼鏡必須をとることが可能になります。
 実際今でもその気になればおそらくとれるのです。

 地道に眼の訓練や健康体操を続け、長年苦しめてきたものを克服したいです!

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0

2016/5/16  23:40

「トラブルにより家出」としか言いようがない・・・  宝船(エッセイ)
 祖母については「トラブルによる家出」としか言いようがありません。
 一応立ち去る時に協議離婚にしたのですが、奥深いところは祖父母の二人にしかわかりません。
 別にそれまで夫婦仲が悪かったわけでもなんでもなく、トラブルがなければ生涯添い遂げていたのですから。
 戦後の横浜は落ち着くまでにかなり時間がかかり、それまでにおこった常識的にはありえないようなことは、戦後の混乱のせいにしかできません。
 祖母はお嬢様でしかも人好きの性格だったので、騙されやすかったのだと思います。

 実家から祖母への支援は一切なかったそうですが、戦争が悪化した時だけ実家に頼み子どもたちを疎開させていたそうです。
 戦争が信じられないような、自然豊かな農村での平和な生活だったそうです。
 ところが横浜に戻れば祖母も自ら耕して自給自足しなければならない苦しい生活、同級生も何名かは空襲などで亡くなったそうです。
 農村とは比較にならない食糧難…その祖母の実家も・・・農地改革により一気に追い詰められてしまっていました。
 父は雑炊を生涯食べようとしませんでした。
 生糸貿易が禁止され横浜港は息の根を止められていました。
 占領軍とうまく結びついて得をした人はともかく、一般市民にとっては忘れたい占領下でした。
 海外の同盟国は必要でも…日本を守るのは占領軍ではなく国軍の役割です!

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ