X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2015/6/11  21:02

父が生きていれば八十代  汽船(エッセイ)
 先日、父の誕生日がありました。
 生きていれば父も八十代になっています。
 八十歳のお祝いしたかったなと、思ったりしています。

 あまりお金の話はしたくありませんが、父が亡くなったあと遺品を整理していましたら、毎年のように同じメモが出てきました。
 「私の名前 200万円」とあります。
 最初は何だろう?と思っていたのですが、よくよく調べますとどうも私が大学に行った時に、私の貯金から使ったお金の金額らしいのです。
 父はそれを気にし、「いつか返さないといけない」と思い、いつもメモしていたのです。
 もう使ってしまったお金ですし、もう長い年月がたっています。
 それに相続人が私であれば、その負債は本人の私が相続したものであり、結果として帳消になります。

 私が高校に上がるくらいから、家は財政難に見舞われました。
 私が中学の頃に、「商業高校に行って早く就職してくれれば」と言われたくらいです。
 実は…公立だから高校卒業までは計算がつくが、それ以降はわからないというのが現実だったのです。
 だから私も、「高校で最後かも」という気持で生きていました。

 父に「私大学に行けるの?」と聞いたことがある。
 父は「大学くらいいかせてやる」と言いましたが、そのまま背中を向けて黙りこんでしまいました。
 「苦しいんだな」と思いました。
 進路希望調査でも大学は希望しましたが、それは親へのデモンストレーションみたいなところであり、「そうなればいいな」という感じでした。

 正式に大学に行けると聞いたのは、たしか高校2年の終わりくらいだったように記憶しています。
 「お金…大丈夫だから…大学に行ってもいいよ。」と母に言われました。
 その頃家は暗いトンネルを抜け…過去最悪の財政状況を脱却していたのです。

 慢性頭痛もありますが、「高校で最後かもしれない」という気持があったので、どちらかというとクラブ活動とか読書に力をいれ、勉強にはどうしても身が入りませんでした。親もそれで何も言いませんでした。 
 グレてはいなかったものの荒れていました。
 定期試験の範囲すら調べなかったり二日酔いで行く、入学時の成績を知った先生から二度怒られるようなことが頻繁にあっても、変わりませんでした。
 先生には家の事情なんてわからないのですから。
 高校2年の終わり頃から準備をはじめましたが、予想外の展開であったため、現役時代は進路を絞れず、受ける学部もバラバラの状態、合格するわけがありませんでした。
 浪人の時にこれからのことを考え、「就職に有利な経済学部にしよう」と思い経済学部にしました。
 大学入学時に聞きましたが、大東文化大学は当時の全国大学ランキングで20位以内に入る大学でした。
 私は大東亜帝国より下の大学は受けませんでした。
 意地です!

 ただ高校入試の時は、「学区外でも公立高校に受からないと人生が終わる」というのがあったのでさすがに必死でしたが、大学は「♪大東亜帝国以上であればよい、大学に行ければそれで幸せ♪」という感じでした。
 ただ慢性頭痛…いろいろなストレスがあったのかもしれませんけど、きちんと治療していればもっと楽に勉強し高校生活ももっと楽しかったと思います。
 「頭がおかしいと思われる」…実際にはお金がなかったせいなのかもしれません。
 でもあの激痛は…わかって欲しかった。
 しかし大学に行くお金の1/4〜1/3を自分で出したのであれば、もっと堂々と大学に行ってよかった。
 1、2年生の時はアパートで、テレビも洗濯機もない切り詰めた生活で、何だったのだろう?と思います。
 せめて洗濯機くらいは欲しかった。

 しかし200万円…たしかに私はよくお年玉とか貯金しましたし、それがバブル経済の金利で増えたのかもしれませんが、子供の貯金としてはあまりにも多額です。
 そもそも何のお金で、何を気にしてそんなにメモを残したのか?生きていれば父に聞きたいのですが、亡くなってしまったので永遠の謎になってしまいました。
 ただ父も一生懸命お金は出してくださいました。
 それは本当に感謝しています。

 私の家はごく普通の中流家庭ですが、バブル景気にもかかわらず当時はお金の苦しい状況でした。
 学区外入試の強制も、そのせいだったのかもしれません。
 でも両親にはお金を出してくださって、本当に感謝しています。
 お父さんお母さんありがとう。
 まだまだこれから頑張るよ。

 大東文化大学も、全国大学ランキング20位以内の大学にぜひ戻ってください!

【PR】1.福祉国家と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪・がんばっぺ日本! / 悪徳商法・詐欺をなくそう!

1


AutoPage最新お知らせ