X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2015/1/17  19:51

けいはんな学研都市のKICKの企画募集  科学(science)
 以前見た時はすでに企画応募期間がすぎていたように思うのですが、今確認しましたら今年の3月まで募集しているそうで、入居者も募集しているようです。
 今度はスムーズな離陸をしてほしいと思うので、よい機関や企業の入居者が集まってほしいと思います。
 けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)、関西イノベーションの新しい拠点です。

(京都産業育成コンソーシアム けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK))
http://www.kyoto-conso.jp/medical/inspector/inspector_0013247.html

詳細URLをクリックしてみたください。

【PR】1.社会国家と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪をめざし・・・がんばっぺ日本!

0
タグ: 理性 科学 宇宙

2015/1/17  7:13

阪神・淡路大震災から20年  汽船(エッセイ)
 今朝テレビをつけたら、阪神・淡路大震災から20年たったというニュースが流れていました。
 あれから20年もたったのですね。
 関東大地震がいつ起きるかわからないので、人ごとではありません。
 神戸は市民が大きく入れ替わったそうです。
 神戸を愛する人々が大勢新たに移り住んで、神戸は繁栄を取り戻しました。
 関西復興のためにけいはんな学研都市の事業もあったわけですが、いったい私は何ができたのでしょうか?
 自分もすっかり白髪になってしまいました。
 犠牲者のために南無阿弥陀仏

 前の記事は昨日から今日0時すぎにかけて書いたものです。
 阪神・淡路大震災の日に何と不謹慎なと思われたら、大変申し訳ありません。
 先ほど書けなかった最後の数行を書くことができたので、公開することにいたしました。 

【PR】1.社会国家と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪をめざし・・・がんばっぺ日本!

0
タグ: 文人 エッセイ 震災

2015/1/17  1:27

大学では出席することを大切にしました  人間開発(Human Development)
 大学に入りますと当時はバブル全盛期、サークルや部活動へのお誘いは当然ありました。
 私はお金がなかったので入る気がせず、大学図書館で本を読んでいました。

 当時私の心を動かしていたのは、迫害に耐えたユダヤ人の話でした。
 ユダヤ人はなれる職業も限られており、貧困といつも隣あわせでした。
 彼等は教育を重視し、そこから商業などで才能を発揮し成功していました。
 ともあれ大学で勉強せんと、コネで就職できるとかそんなこともないわけだし、大変なことになってしまうという気持ちでした。

 特別頭がよいわけでもないし、とにかく地道に講義に出ることにしました。
 出席率は4年間を通じても、9割をこえていたと思います。
 卒業単位は最低124単位でしたが、司書講習を含めて160単位以上とりました。
 そして何よりも、大学図書館で本を借りてひたすら読むことを楽しみました。
 サークルやクラブでたくさん友人を作ってということも考えましたが、見学をさせていただいても、やはりお金がないと無理だと感じました。

 大学を卒業前にあえなくバブル崩壊、ほどほどの地元企業で事務や営業をやるという夢は潰え、出口の見えない中就職活動をしました。
 そうしたら今いる雇用促進事業団の就職情報を見て、縁があったのかお世話になることになりました。 
 自分でも意外だったし不思議でした。

 行った大学は東京の有名私学ではありましたが、超一流大学と違い名前だけで威張れるわけではありません。
 でもきちんと講義に出席し勉強すれば4年間あれば追いついていきます。
 大学は高校や中学の3年よりも長いのです。

 日本の大学は「楽しんで学ぶ」というよき伝統があります。
 大学は入ってからの方が大切…それは全世界同じ考え方だと思います。
 日本に「入るまでが大切」という考え方があれば…それは日本がおかしいのです。
 「大学では楽しんで学ぶ」…日本が世界に誇れるよき伝統ではありませんか?
 
 正月に箱根駅伝で優勝した青山学院大学の神野大地君のように、大学生になって花開く才能があります。
 社会人になってから花開く才能もあります。
 日本の伝統的な「大学生になるまでが大切」という考え方は、おかしいと思うのです。

【PR】1.社会国家と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪をめざし・・・がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ