X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/9/7  23:45

徳山村移転先で地盤沈下問題があったのですね  文道(コラム)
 もうかなり前の話になるようですが、徳山村が移転した本巣市文殊団地で地盤沈下問題が出たのですね。
 たしかにあのあたりは用水路が多く、いかにも湿地帯という感じがする。
 きちんと地盤工事をしないで、住宅地を造成してしまったのでしょう。
 せっかく徳山神社を建て、「新しいふるさと」と考えたでしょうに何と杜撰な。
 しかしもう時間がたち、解決してはいるのでしょう。
 機会があったら徳山神社、見に行ってみたいです。
 御母衣ダムの御母衣にあった白山神社は、水無神社に勧請してあります。
 そして高山城址には、御母衣から移転した照蓮寺がある丁寧さであります。
 わざととんでもないところに移転させたとは思えないが、今でもうまくかみあっていないのかもしれません。
 せっかく便利なところに移転できたのだから、幸福な人生を歩めるように配慮すべきだと思いました。
 「幸福の原則」…ダム移転の原則ですよね?

(中日新聞 平成18年5月2日記事 
<湖になる古里>第1部(7) 移転先、沈む思い)
http://tokuyamadam-chushi.net/backnumber/chunichi-g-20060502_furusato7.htm

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 美濃 岐阜 茶話

2014/9/7  20:15

徳山ダム見れました!  文道(コラム)
 先週、徳山ダムの堰き止め部分を見れなかったのが悔しすぎて、本日日曜日行ってきました。
 先週の大雨と違い、本日は晴天に恵まれました。
 とにかく大きさに圧倒されました。
 貯水量は日本一、ダム湖の大きさは諏訪湖に匹敵するそうです。
 徳山会館がなぜ堰き止め部分から離れているかというと、あそこに徳山村があったせいなのですね。
 展示は管理事務所より充実しており、好感が持てました。
 先日大雨で閉まっていたレストランで遅い昼食を楽しみました。
 宿泊もできるので、何かユースホステルのような感じでした。
 レストランもあるし、そんな活用法も将来的にはありかな?と思いました。
 近くの藤橋城のところにグラウンドが見えまして、子どもたちがサッカーをしていました。
 合宿とかもできるのでしょうか?
 徳山ダムは「日本一のダム」と言われているので観光客は多いのですが、売店は徳山会館の方にあるので、お金は自動販売機くらいでしか落ちないと思われ、もったいない気がしました。
 しかしそれだけ・・・徳山村に愛着があるのでしょうし・・・悪いなんて言えませんよ。
 滋賀県の長浜方面と国道303号線でつながっているので、滋賀ナンバーのバイクも多くみかけ、ツーリングを楽しんでいました。
 福井県までは徳山湖の北から冠山林道を通って行けるのですが、現在全線通行止めとなっています。(9月7日現在)
 今新しい道路を作り福井県まで国道417号をつなげる計画があるそうですが、多雨多雪地帯なので、冬季通行止めを避けることは難しいと感じています。
 いくら便利になっても、冬季はやはり避けたいところですよ。
 川原湯温泉と同じく、徳山村ごと移転という手段もあったのかもしれませんが、今後どうしていくのかな?とは思いました。
 森林は健在であり、農業は無理でも村の産業は健在です。
 揖斐川町が新しい地元として、徳山ダム、横山ダムを支えていくのでしょう。
 ちなみに徳山ダムはいまだに施設建設中で、新しい水力発電所を建設しているそうです。
 横山ダムとの連携を考えているそうですから、将来的には揚水発電を実施し発電力をアップするのだと思います。
 東海地方を支える巨大な水瓶、たしかにそうですけど、巨大すぎてどこかピンときませんでした。
 あれだけの水資源、有効活用しないといけません。
 米はなくても数日間はもつが、水がなければ人間はたちまち死んでしまいます。
 米や麦よりも水の方が大切なのです。
 それを考えれば、徳山ダムのおかげで東海地方は水の心配をしないでよく、本当ありがたいことです。
 旧徳山村の方々に感謝したいと思いました。

 旧村民はあちこちに移転しましたが、主に本巣市内に移転し徳山神社があるそうです。
 東海職業能力開発大学校の近くなので、徳山村は意外に近くにあるのかもしれません。
 2008年にダムができ、まだ2014年なのでまだいろいろ試行錯誤中なのだと思います。
 便利なところに移転できても、やはりふるさとはかけがえのないものなのでしょう。
 「感謝の碑」がありましたが、どこか虚しく感じてしまいました。
 
(徳山ダム)
【徳山村の石の壁】
クリックすると元のサイズで表示します
・・・ロックフィルのこの岩は、地元徳山村の岩だそうです。厳しい自然と戦う荒々しい岩の姿、これこそが徳山ダムの本質だと感じました。年齢を重ねると岩が好きになると言いますが、私もそのようになってきました。

(9/8(月) 修正)
 藤橋村ですが、今は平成の大合併で揖斐川町となっているそうです。ですので藤橋村→揖斐川町といたしました。お詫びの上修正させていただきます。
 あと徳山ダムの堰堤を、「徳山村の石の壁」と名づけてみました。
 あの石の一つ一つが、徳山村で遠い遠い昔から厳しい自然の中で生きてきた人々の魂のように思えたのです。実際に徳山村の石だそうですし、そう呼んでかまわないではないですか!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 美濃 岐阜 茶話


AutoPage最新お知らせ