X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/8/25  19:33

三重高校惜しかった  心氣体(fitness)
 大阪桐蔭高校対三重高校は4対3で大阪桐蔭が逆転で甲子園を制しました。
 おめでとうございます。
 それにしても三重高校は静岡高校との接戦を制してから勢いにのり、あと一歩まで行きました。
 本当に惜しかった。残念です。

 昨年は東北勢がベスト4に二校残りましたが、今年は北陸勢が二校残りあと一歩でした。
 こちらもちょっと残念です。

 社会人野球の西濃運輸に続き、甲子園も東海勢と思いましたが…あと一歩でした。
 ただ・・・明治神宮野球大会とか涼しい頃に行なわれる大会では、東北勢や北陸勢が何度も優勝している。
 別に彼らが弱いわけではないのだが、あの暑い甲子園で彼らが優勝するのはいつになるのでしょう。
 東海大相模に勝利した盛岡大付高校は、少しプレッシャーがかかっただけで敦賀気比高校戦で16対1の体たらく、松本裕樹投手は右肘が痛かったそうですが・・・まったく・・・という感じでした。

 甲子園が終わると秋がきますね。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/8/23  23:43

日本サッカー代表の課題は守備ですよ!  心氣体(fitness)
 ブラジルW杯においてもっとも課題とされたのは守備だ。
 今回のアギーレジャパンは、まず海外組はレギュラー争いで苦しい選手が多いので、絶対必要な選手しか招集しないと言われている。
 それよりも課題なのは守備だ。
 アギーレジャパンは守備を中心としている。
 そうなるとアギーレ監督が、かつてのメキシコ代表のGKホルヘ・カンポスのように、川島永嗣を中心に見るかということだ。
 あとDFも、ブラジルW杯で無様なプレイをした選手は容赦なく外されるだろう。

 本田圭佑のディフェンスについては、ドログバ相手に逃げまわっていたディフェンス陣を置いて向かっていったのが本田であり、その守備の意識は高く評価されると考えている。
 いずれにしてもアギーレジャパンの興味は守備陣の人選、特にGKを誰にするかということだ。

 私はGKには野球の捕手と同じくインサイドワークが必要だと考えている。
 ドイツのノイアーや、カンポスに匹敵するGKになれる才能のある選手を何名か選び試すと思う。
 川島永嗣は苦しいような気がする。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/8/23  2:24

甘く見られた日本海の停滞前線  労農(Labour-Farmer)
 広島の集中豪雨と土砂災害について、たしかに避難勧告の遅れはあったと思う。
 しかしそれよりも、日本海の停滞前線が、あれほどの集中豪雨をもたらすとは考えられなかったということがあると思います。
 夏に復活した梅雨前線、長く停滞している間に実は発達していたのです。
 もっと警戒していれば、先日の台風と同じくもっと的確な行動がとれたかもしれません。
 今後夏に梅雨前線が復活した場合は要注意です。
 地球温暖化のためかもしれませんが、夏の熱い空気は日本近海であっても台風なみの雨雲を作ってしまう可能性があることがはっきりしたのです。
 私は気象の専門家ではありませんが、「恐怖の夏の停滞前線」だと思いました。
 しかし、誰にも責任なんてありませんよ…あれは誰にも予想できなかった。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 中国 広島 集中豪雨

2014/8/21  18:26

集中豪雨の場合は火事場の力で外に逃げるか2階に昇るしかないかも・・・  労農(Labour-Farmer)
 広島の土石流災害を見て、まず阪神・淡路大震災の時もそうだが、夜明け前の災害は対応がとれず大災害になりやすい。
 気がついた段階でどうするか、逃げるのが可能であればできるのだが、とっさなので火事場の力で外に逃げるか、2階に昇るしかない感じがする。
 日本中に危険なところはあるので、すべてに土木工事で対応することは難しい。
 しかし今回は広島市郊外のかなりの住宅地であり、危険なままでよいところだったのだろうか?
 実際のところ2時間で300ミリも降るような集中豪雨だと、外に出て逃げるにも火事場の力がいるようだ。
 2階でも絶対安全とは言えないが、外に出ることが不可能ならそれしかない気がする。
 夜明け前で2時間の間の豪雨では、天気予報で事前に予想されていないかぎり対応は難しい。
 運が悪かったとしか言いようがない。
 どうしようもなかったと思う。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 中国 集中豪雨 災害

2014/8/20  21:29

広島市の大規模土砂災害について  労農(Labour-Farmer)
 まず犠牲者と被災者の方に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。
 広島市安佐北区と安佐南区ということで、地図と航空写真を見てみました。
 広島市北西部で太田川ぞいの谷間のような地形であり、そこに住宅が集中しています。
 緑が多く閑静な住宅街という感じがします。

 その言いづらいのですが、土岐市にきわめて地形がよく似ております。
 太田川を土岐川に変えればそっくりです。
 花崗岩の崩れた真砂土(真砂)ですか、中国山地で特徴的なのだそうですけど、土岐市にも似たような砂のような土が見られます。
 東濃も花崗岩地帯なのです。
 そして崩れたことがあります。

 瀬戸内海ぞいの中国の真砂は特殊なのだそうですが、あんなに都市化が進んでいて五ヶ所も土砂災害が起きるなんて信じられません。
 あの日本海にあった雲・・・気になっていました。
 台風と前線による2週に渡る大雨、ほとんど岐阜から動かなかったのは慎重すぎるとも思ったのですが、そんなことはありませんでした。
 今現在36人死亡で7人行方不明ですか…本日救助にあたっていた消防隊員まで殉職されたそうです。
 広島の幸福な夏休み期間を襲った大災害、大変なことがおこってしまいました。

 集中豪雨をもたらした雲は台風なみの勢力を持っていました。
 台風が来ないと日本は「水不足の国」になってしまいますが、今年は梅雨のような気圧配置が続いており、恐怖感を感じます。
 岐阜でも飛騨で大変な水害や土砂災害がおこっていますが、今年の夏はふだんの夏とは違います。
 昨日、飛騨川バス事故の慰霊祭がありました。
 飛騨川は濁流状態でした。
 46年もたちましたが、104人も亡くなった大事故。
 参加した方の話は、悲しみがいつまでも残ることを示しています。
 本当にこんなこと…あってはなりません。 

(朝日新聞 8月20日記事 広島で大規模土砂災害 36人死亡、7人行方不明)
http://digital.asahi.com/articles/ASG8N22FWG8NPITB002.html?iref=comtop_6_01

(岐阜新聞 8月19日記事 犠牲者104人を悼む 飛騨川バス事故46年で法要、白川町)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140819/201408190928_23117.shtml

(岐阜新聞 8月20日記事 政務官、早期復旧を約束 大雨被害の高山、飛騨市に調査団)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20140820/201408200943_23125.shtml

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 中国 広島 土砂災害


AutoPage最新お知らせ