X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/7/10  22:59

エジル対メッシか・・・  心氣体(fitness)
 ドイツ対アルゼンチンというと、やはりエジル対メッシの対決も見所かな。
 総合力ではややドイツ優勢かもしれないが、南米ということで熱狂的なアルゼンチンサポーターの声援がある。
 また南米でのW杯が久しぶりということもあり、やはりアルゼンチンに頑張ってもらって、今のお国の経済危機を乗り切ってほしいと思う。
 やはりメッシに、1回W杯をとらせてあげたい。
 イタリアW杯で西ドイツ対アルゼンチンの決勝になったが、審判が買収されていたことが後日判明し後味の悪い決勝になった。
 アルゼンチンは「西ドイツに負けたのではない、審判に負けた」と考えていると思う。
 アルゼンチンにとってはその雪辱であるから、やはり私はアルゼンチンに同情的である。
 アルゼンチンサポーターの大声援に期待したい!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/7/10  7:20

長野県南木曽町で土石流  日記(I love one day)
 長野県南木曽町読書で、昨日7月9日の17時40分頃に木曽川支流で土石流が発生し家族が巻き込まれ、そのうち12歳の男の子が亡くなったとのことです。心よりお見舞い申し上げます!

 たまに強い雨が降るとはいえ、台風はまだ九州であり「これからだ」という構え方でした。
 私もウォーキングをしていないぐらいです。
 昨日の土岐は晴れたり曇ったりでしたが、たしかに15時をすぎたあたりから強い雨が降り出しました。
 しかし晴れている時は33℃近くの気温に達し、「とうとう本格的に降りだしたな」という構え方でした。
 むしろ雷が強いため落雷を恐れていました。

 断続的に強い雨が降ったりやんだりしており、それが2週間ほど前から続いています。
 そのため木曽川上流は地盤がゆるんでいたのだと思います。
 たしかに下呂から帰る時に、強烈な雨に2週間連続で見舞われましたから。
 私たちの施設のそばに、数年前大きな山崩れがおこったところがあります。
 小さな通行止めは、周辺山道ではわりと多くあります。
 ですのである程度の通行止めは覚悟していましたが、長野県でまさかあれほどの土石流がくるとは。
 台風はむしろこれからくるので、少し恐怖感を感じております。
 伊勢湾台風のような被害になりませんように!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/7/10  0:34

W杯で中米か南米勢に優勝してほしいと思えば  心氣体(fitness)
 私が応援したチームはほとんど負けてしまい残念ですが、中米、南米のチームに優勝してほしいと考えています。
 南米開催も久しぶりですから。
 そうなるともうアルゼンチンしか残っていません。
 オランダとドイツを撃破するのは大変でしょうけど、ぜひやってほしい。
 それにしてもドイツはかつて「逆転の西ドイツ」と言われましたが、今は「先行逃げ切り型」になっていて、サッカーのスタイルも東欧っぽい「考えて走るサッカー」になっている気がします。
 しかしゲルマン魂は変わりません。
 決勝で、ドイツとアルゼンチンの「力対技」の対決を見たいように感じます。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.成長で復興前進!がんばっぺ日本!

1
タグ: 健康 スポーツ W杯


AutoPage最新お知らせ