X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/1/28  22:39

「厳しい家風」ってあるのですよね  人間開発(Human Development)
 私は自堕落でいつものんびりしています。
 でも日本には「厳しい家風」の家がけっこうあります。
 祖母の実家なんかそうだったのだろうけど、わからないです。 
 豪農の家は厳しかったことぐらいしかわかりません。
 二宮金次郎のように、農民は努力しないといけないということだったのでしょう。
 そういうことだったのだと思います!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/1/28  22:12

東京都知事選は無党派層が勝負を決める  進歩主義(progressive)
 本当に都知事選に投票できなくて残念です。
 こんなにおもしろい選挙なのに。
 東京都知事選は無党派層の動きが勝負を分けてきました。
 青島幸男都知事はその代表格でした。
 よって開票が終わるまで勝負はまったくわかりません。

 今のところ舛添候補が優勢と言われますが、無党派層からどのぐらい支持されているか不明なのでまったくわかりません。
 ただ脱原発と細川、宇都宮候補が言ったため連合は離れた。
 これは東京に本社機能が集まっているせいだと思います。
 全国の工場に電力供給の不安がある中、脱原発と聞けば「ふざけるな!」なのでしょう。
 いずれにせよ脱原発候補は、電力料金の大幅値上げと貿易赤字に賛成ということです。
 それだけでも東京都民には重い負担になると思います。

 政界再編といっても、資本家と労働者の代表の二大政党に分かれることには変わりありません。
 大政翼賛会的な政界再編はありえないと思いますよ。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 自由 平等 友愛

2014/1/28  21:21

不織布マスクいまだに恐い  日記(I love one day)
 不織布マスクが普及しはじめた頃、電車に遅れそうで少しダッシュしたら喘息の発作がおこってしまい、あわててマスクをとろうとしたら馴れていないので外れず恐怖の思いをしました。
 外しやすいガーゼと比べ、不織布マスクは改善されてはきたけどやはり恐い。
 医療関係者ではないので、日常的にはガーゼでいいかなと思っています。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 教養 楽寿

2014/1/28  7:00

噂の広まり方  日記(I love one day)
 私のしごと館で悪い噂が記事になっていた時、私はたまたま日本版デュアルシステムの立ち上げで、新しい訓練を記事にしてくれないかあちこちに頼んでいました。
 若年者はハローワークに行かない、アルバイトを見つけるような感覚で正規雇用を見つけようとしている。新しい職業訓練なので新聞やラジオで取り上げてくれれば、本人か両親の耳に入り動くのではないかと思ったのです。
 いくつかの新聞やラジオに取り上げられ、少しうまくいきました。

 そういった頃に私のしごと館のNHK関連の噂が広まりだしたのですが、まったくのでたらめだったので深刻には感じませんでした。
 でたらめであることが確認されれば、ベタ記事にしかならないとも考えていました。
 騒ぎがおきた時はすでにブログをはじめていたので、ブログを利用して反論していればよかったのですが、当時はそういうことをしませんでした。
 それは組織がやることですから。
 噂を消しに走ったのはずいぶんたってからです。

 一つ言いますと・・・マスコミという巨大な組織群を相手に一人で戦うのは大変なことです。
 共同作業でコンテンツを作っていたので、「業者と近すぎる!」という批判は逆にありそうな気がしました。
 しかしそれは必要なことだし、逆に距離をとろうとして「あなたはふざけているのか?真面目に作る気あるのか?」と言われれば頑張るしかありません。
 あの人たちは私が持っている日本文化の知識を欲しがりました。
 もちろん私自身たいしたことないのですけど、私もそれにできるだけ応えるようにしました。
 あの人達もこれからディレクターとして、プロデューサーとして長い人生がありました。
 彼らや彼女たちのよい栄養に少しでもなればよいと思ったのです。
 仏典においては飢えた虎に自分の身を捧げる、そこまでのこともないですが彼らにや彼女たちによいことをしたかったのです。
 いずれ大きな賞か何かとるかもしれません。
 廃線ブームをおこした人はいたのですから。
 私はインターネットの世界に足場を動かしました。

 私が吊るし上げられなかったのは、誠実に語り続けたせいだと思います。
 しかしマスコミも一度報道した以上、引込みがつかなくなってしまったのでしょう。
 最後は意地と意地の張り合いになってしまいました。
 けいはんな学研都市はうまくいきつつあります。
 その成功を喜ぶ一方で、何ともやりきれない想いもあるのです。
 そのあたりは「強い心」で押していくしかないと考えています。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 教養 楽寿


AutoPage最新お知らせ