X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/1/25  23:49

蟹薬師に参拝  福鬼(のんびり茶話)
 急な流感にかかったのも、蟹薬師にまだ行っていないせいかなあと思い、御嵩町の蟹薬師に参拝してきました。
 このお寺御嵩駅のすぐそばにあるのですが、いつも写真を撮ろうとすると必ず参拝客がおられるのです。
 ところが今日うまい具合に誰もおらず、ようやく写真を撮ることができました。

 この大きな本堂は大名が建てたものではありません。
 安土桃山時代に周辺住民の方が木材を持ち寄り、この立派な本堂を再興されたそうです。
 可児大寺とも呼ばれる古いお寺ですが、さすがにこの本堂も傷みが目立ちはじめ修理が検討されているそうです。
 このお寺の屋根のサビが、何となく蟹っぽく見えませんか?

 私はこのお寺の静かな雰囲気が好きです。
 蟹薬師の「薬の湯」が鬼岩温泉になるのかな?
 あまり人に教えたくないようなところなのですが、最近文化財保護のため活発な活動を展開させつつあり、今日写真が撮れたのもお薬師様がきっと「記事にせよ」と言われているのだと解釈し記事にいたしました。


(願興寺公式サイト)
http://www.gankoji.sakura.ne.jp/

(蟹薬師)
クリックすると元のサイズで表示します

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 美濃 岐阜 茶話

2014/1/25  0:37

基本は「ブログスマート」ですね  進歩主義(progressive)
 私は基本として本で読んだ「ブログスマート」という方針しかなく、他のサービスも同じ方針でやっています。
 それでトラブルほとんどなしですから自分でもたいしたものです。
 昨年、国家公務員がネットで余計なことを書いて問題になってしまったことから、総務省が「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用にあたっての留意点」というものが作られたそうで、読んでみました。
 だいたい同意できますが、少し遅すぎたと思いました。

 あくまで建前上ですが、「個人のネット発信については当局は一切関知しない」という考え方だったのです。
 ガイドラインの必要性は長く言われつつも、一切なかったのです。

 私は今後も「ブログスマート」という方針しかありません。
 私は長年トラブルをおこさなかったその方針に信頼を置きます。
 この中でブログ等に「組織の意見ではないことを断ること」とありますが、これは私は「このサイトは個人サイトです。」と断るぐらいですね。
 それ以上もそれ以下も必要ありません。
 前に馬鹿丁寧に書いたことがあったのですが、やめてしまったのです。
 かえってそうすると組織との関係があるように見えてしまうのです。
 実際大きく断ってあるサイトを見て、「こう書くと逆に怪しまれるし、問題になれば断ってあっても関係ない。」と思いました。
 ですので今はやっていませんが、「このサイトは個人サイトです」と書き入れていってみましょう。
 何の安心にもなりませんけどね。
 ネットって恐いですよ。

 ですのでガイドラインは深く考えず、「ブログスマート」だけ心がけていってみましょう。

(国家公務員のソーシャルメディアの私的利用にあたっての留意点)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000235662.pdf

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 自由 平等 友愛


AutoPage最新お知らせ