X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/1/16  20:48

脱原発は総論賛成各論反対  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 国民の多くは脱原発について、長期的に原発に依存しないようにするのは賛成だが、電気料金が上がったり企業経営が苦しくなって失業したり給料が下がるのは困る、だから脱原発派には票が集まらないのです。
 私は原子力平和利用に賛成であり、大いに推進するべきだと考えます。
 労働者も…・・・実際には原子力平和利用推進を支持していると思います!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/1/16  20:08

キャラクターについて  文化国家(Kulturstaat)
 若い人の楽しんでいる漫画とか読んでみて、「たしかに大変なことだが、この程度のことが作者のイメージできる生き地獄なのだろうか?」と思った。
 2ちゃんねるは若い人というより実年の人が多いようだが、そこの虚実ないまぜの告白話とか見ても、「リアリティがないな」と思うことが多い。
 何らかのお手本を元に書いたのが見えるから。
 アニメのキャラクターもお手本を元に描いたものは、あまり魅力的ではない。
 やはり実在の人間をモデルにしたようなキャラクターでないと、まったくおもしろくない。
 生きている人間を元にしないと、キャラクターが生きている気がしないのです。
 故石ノ森章太郎は美しい女性を描いたことで知られるが、それは若くして亡くなった最愛の姉をモデルにしていたことはよく知られる。
 やはり・・・生きている人間の魂が乗り移ってキャラクターって存在すると思うのですよ。
 ルソーの「告白」には、できるだけ正直に自らを語ろうという気概がある。
 それが多くの批判を受けながらも、いまでも名作とされている所以だと思う。
 私もできるだけ正直に書こうと思っていますが、人間なので記憶違いは数多くある。
 しかし自分のブログなので、できるだけ演出はしないようにしようと努めている。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/1/16  6:00

オレたちひょうきん族の好きな話  日記(I love one day)
 今も人を笑わすのはうまくないけど昔はかなり暗い性格だったので、性格を少しでも明るくするために「オレたちひょうきん族」を見ていた。
 王者TBSの「8時だョ!全員集合」を見ていた時もあったが、途中からひょうきん族に変えた。
 「ウイリアム・テル」ではじまるオープニングがなつかしい。
 あの番組でおもしろかったのは、いろいろなパロディが散りばめられているところだった。
 政治を風刺したような笑いもあり、今の空虚な笑いと比べると中身のある笑いだった。

 その中でおもしろかった話の一つがある。

 ある独裁国家があり政府にまずいことがおこり、誰かに罪を着せることになった。
 ビートたけし扮するふざけた格好の警察長官が言った。

 「さて・・・そこで犯人となるべき人物であるが」と言って出てきた犯人候補が、明石家さんま扮する「ナンデスカマン」であり笑いがおこる。
 次の日の朝、いつものとおり朝起きて朝食をとるナンデスカマンの前でテレビニュースが流れる。
 そこでは事件の犯人が「ナンデスカマン」であると、アナウンサーが冷静にニュースを読み上げておりナンデスカマンが呆然と見る。
 ナンデスカマン「とりあえず逃げなくては」と考えは外に逃げる、それを警察が「いたぞ逃すな!」と追いかけコメディが終わるという流れだった。
 私はこの話が好きです。
 平和に暮らしていた人間が、ある日突然犯人に仕立てあげられ警察に追われる生活になる。
 今でもおかしくておかしくて笑いがとまらない話だ。

 そして私のしごと館準備後におこったことが、まさにこんな感じだった。
 犯人であるとは言われないが、そのような感じで新聞で流れテレビで流れ新聞の社説に書かれる。
 年末の仕事納めのあと文藝春秋を呆然と読む。
 最初の頃は周辺に変な影がちらついていた。
 ついてきているような感じの男にふりむき、「誰だお前は」と無言で睨みつける。
 いつの頃からか消えたが、本当に気味悪かった。
 何か嗅ぎまわっていたのだろう。
 私にとっては小泉改革とはそのようなものだった。 
 
 小泉改革の評価は後世に委ねるべきだが、私は幸福にはなれなかった。
 私は無実だし悪いことはしていない、そんな権限はない事実上の専門職だった。
 生きていなければ無実は証明できないから、長生きしなかればならない。
 しかしそれはいつまでもいつまでも私についてくるのだ。
 男だから強く生きねばならないが、私の人生についてくる「生き地獄」というのはそういうものなのだ。
 皆様もそんなものを背負ってみてはいかがですか?
 スリリングで人生真っ暗で楽しくなると思いますよ♪
 でも私はそんなことはしません。
 昔と同じ、人の注意をこちらに引きつけ仲間を逃がす。
 私は考えてみれば、小さい頃から何も変わらないのかもしれません。
 うまく逃せたかどうかはわかりませんけど。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 教養 楽寿


AutoPage最新お知らせ