X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2014/1/14  23:15

ゆとり世代は優秀ですよ!  人間開発(Human Development)
 ゆとり世代はいろいろ言われながらもひじょうに優秀です。
 高校3年の人達は「最後のゆとり世代」で不安だそうですが、たしかに基礎学力の問題はあり「レベル底上げ」でいろいろ大変なことがありました。
 しかしそこを切り抜ければ、人柄のよい子がひじょうに多く社会人なって素直によく働くそうです。
 企業から表彰される人もおり、「すばらしい」と太鼓判をおされていいます。
 むしろ企業に言わせると「頭でっかちはいらない」とあいかわらず言われるので、ゆとり教育は悪くもなかったのです。
 浅田真央ちゃんや羽生結弦くんもゆとり世代です。
 自信持ってください!

 問題は基礎教育をあまりにもカットしすぎてしまったことです。
 応用はともかく基礎教育はできていないと、社会人になってどうしようもできなくなってしまいます。
 今は逆にカリキュラムが増えすぎかもしれませんが、基礎教育を重視してほしいという国民世論は叶えられています。

 ゆとりは終わっても少子化は変わりなく、大学全入時代も変わっていません。
 それが変わらないかぎり、大学のブランドを選ばなければ大学、短大、専門学校のどこかには入れます。別にあまり変わらないと思います。

 少子化時代になっても、基礎教育さえしっかりしていれば未来は明るいのです。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/1/14  22:45

大学は社会人を養成するのが目的!  人間開発(Human Development)
 大学はたしかに研究機関ですが、一番大切なことは「優秀な社会人を養成すること」です。
 それがないと研究も実社会と遊離した存在となり、実学から離れ「象牙の塔」に陥ってしまいます。
 それがあるからこそ大学は企業とつきあい、高校の先生とも会い情報を集めるのです。
 大東文化大学は附属高校があるので、そこから高校教育について情報を得られる利点があります。
 とはいえ公立高校の情報は必要ですし、細かく高校に行く時間はないにしても各自治体の教育委員会との緊密な連携は欠かせないでしょう。
 しかし毎年高校訪問はしているはずですよ、していなければ危ういです。
 また、毎年大量採用してくださる企業への挨拶まわりも欠かせないと思います。
 それすらしない大学は、企業からも高校からもいずれ見放され潰れます。
 これはおそらく大学関係者に言わせれば常識に属することでしょう。

 大東文化大学はいろいろ言われますが、東京の名門大学の一つであることは間違いありません。
 また文部科学省系の大学生は意外によく勉強します。 
 自主性に任せられていますが、勉強しないわけではありません。
 現に日本の大学の卒業生は、世界を相手に互角以上の戦いをしているのですから。
 勉強していなければ不可能でしょう?
 日本人は「謙譲」を美徳にしています。
 それだけのことですよ。

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0

2014/1/14  21:56

ゼミナールに入れない人がいたのはひどかった  日記(I love one day)
 母校大東文化大学はだいたいにおいて好きですが、私がいた頃ゼミナールに入れない人がいたのはひどかった。
 当時は丙午が去り一気に出生数が増えた世代で、私を含めた浪人生とあわせ大変な数の学生が大学に殺到しました。
 大学は学生であふれんばかりになっていました。
 サボっている学生がいてくれないと、キャンパスがパンクしそうでした。

 そして2年生の終わりになるとゼミナール選びがはじまります。
 ところがそこで大変な数の学生がゼミナールを受けられないというのです。
 なぜか?もともとやめる学生がいることが前提で大人数をとっていたのですが、予想外にやめずゼミナールが足りなくなったという説明なのだそうです。
 何らかの形で単位を認定し卒業はできるようにするが、ゼミナールはあきらめてほしいと説明しているということだった。

 ひどい話でした。
 ゼミナールは大学教育の根幹です。
 その時以来、あまりに巨大なマンモス大学には疑問があったのです。
 少子化時代になり、ようやく定員抑制ができるようになったのです。
 ここで出席率を重視し、きちんとした学生を社会に送り出すようにするべきです。
 まさか少子化時代になっても、「みんな出席すると教室が足りなくなる」なんて馬鹿なことは言ってないでしょうね?
 今こそ定員抑制と出席率重視を!

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 教養 楽寿

2014/1/14  1:02

講書始の儀に労働法  日記(I love one day)
 今年も1月10日に講書始の儀が行われたそうですが。
 天皇皇后両陛下と居並ぶ皇族方の前で量子物理学、西洋史、労働法の講義が行われたそうです。

 新聞によりますと講義内容は下のとおりです。

小林誠
高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授 
「粒子と反粒子−対称性の破れをめぐって−」

樺山紘一・東大名誉教授の
「歴史としての印刷文化」

菅野(すげの)和夫・東大名誉教授
「日本的雇用システムと労働法制」

 の斯界の第一人者が講義を行われました。
 学問と読書を大切にする皇室の伝統行事ですが、ここで講義を行われることは大変名誉なことです。
 小林誠博士はもちろん2008年ノーベル賞受賞者です。
 樺山紘一博士は西洋史の権威であり、私も本を読んだことがあります。
 菅野和夫博士は労働法の権威であり、2013年4月よりJILPT理事長を務めておられておられます。
 
 JILPTにとっても大変名誉なこととなりました。
 今年はきっとよい年になる気がしてきました。

(産経新聞 1月10日 講書始の儀についての記事)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140110/imp14011012130002-n1.htm

【PR】1.ものつくりと持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興前進!がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ