X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2013/1/8  23:43

王羲之の書が見つかったといってもねえ・・・  文化国家(Kulturstaat)
 王羲之の書の精密な模写が日本で見つかったそうですが、昔の支那はすばらしかったとしか思えなかった。尖閣での不法侵入を見れば感動もなかった。
 あれはニュース映像を見ると小野道風関係の資料なのでしょうか?
 尖閣から侵略者が去り、ああいった書を心から楽しめる時が来てほしいものだと思います。
 ♪昔の支那はすばらしかった。♪

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ日本!復興へ前進!

0
タグ: 文化 芸術 出帆

2013/1/8  23:26

また山登りたいな  心氣体(fitness)
 土岐からは木曽山脈とも呼ばれる中央アルプスがよく見えます。
 木曽まで行った時の木曽駒ケ岳はすばらしかった。
 体力にはもうあまり自信がなく、高い山に登ることはもうできないと思っていましたが、もし体調が再びよくなればまた登れるかもしれません。
 陣馬や丹沢ならまだ登れますが、もう自信がなかったのです。
 ウォーキングを1週間に1回ぐらいでもできる体力ができれば、また登れるかもしれません。
 なわとびを半年ぐらいだったか続けたこともあり、若い時の連続回数を30歳も半ばになってこえましたが、体調は思わしくなく山に登れるほどとは感じませんでした。でもウォーキングを細く長く続ければできるかもしれません。
 やはり「健康の幸福」を取り戻したいですね、やはり決して綺麗ではないけど一番大切なものです。
 そうだと思います。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ日本!復興へ前進!

0

2013/1/8  22:03

ウォーキングでフラット走法を練習する!  心氣体(fitness)
 ロンドン五輪前の番組で、アフリカ人のフラット走法についてとりあげられており参考になりました。短距離のボルト選手はスローで見るとつま先だけで走っていることにも驚きました。
 ただアフリカ人のフラット走法は、高地民族であるがゆえにふだんから山道を歩く機会が多く、自然につま先近くで着地する歩き方となり、それが走り方そのものとなっているとのことでした。
 やはり「走ることの基本は歩くこと」なのです。
 日本のウォーキングにも影響を与えているようで、これまではかかとから下ろすとしていたのが、最近はよりフラットに近い形でかかとの前の方から着地し、きちんと地面を蹴る歩き方にしているようです。
 たしかにつま先を意識してきちんと蹴る基本に忠実であれば、自然にフラット走法になるように感じます。
 やはりフラット走法はウォーキングで練習すべきだと思います。
 それが日本人に合ったフラット走法を見つけるよい方法のようにも感じます。

 私はもう年齢的にもあまり走ることはできませんが、競歩のような形にしろランブリング(ぶらぶら歩き)にせよ、ウォーキングを通じて日本人の自分に合ったフラット走法を見つけ、少しでもよいウォーキングをしたいと思います。
 ウォーキングはオリンピック競技です。
 それによりマラソンもきっと再び強くなります。
 日本ではウォーキングがひじょうに盛んですが、それはマラソンを強くするためにもよいことです。きっとウォーキングも強くなっていくことでしょう。
 歩くことなら何とか一生続けていきそうです。
 ウォーキングは貧しくてもできるよいスポーツだと考えます!

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ日本!復興へ前進!

0

2013/1/8  7:54

自然な走り方や歩き方が一番!  心氣体(fitness)
 たしか昔のマラソン選手の宇佐美彰朗さんは、大学時代はフラット走法に近い走り方をしていたが、最終的にはストライド走法に近い走り方になったと書いてあったと思う。
 だから「着地でのロスを少なくする」というのはあるが、すべての人にフラット走法がよいというわけではないと思う。
 その人にとって自然な走り方や歩き方が一番なのだと思う。
 やはり「きちんと着地し、つま先を意識し、きちんと地面を蹴る」それが
基本なのだと思う。
 フラット走法でも完全にフラットなのではなく、かかとのよりつま先に近いところで着地しきちんと地面を蹴ることが基本であるようだからだ。
 「歩くことが走ることの基本」という真理は永遠に変わらないと思う。
 アフリカ高地民族にとって、フラット走法が一番合っているいうことにすぎないと感じるのです。
 フラット走法は「着地でのロスを少なくする走法」にすぎないと思うのです。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ日本!復興へ前進!

0

2013/1/8  1:51

「フラット走法」というのか!  心氣体(fitness)
 最近アフリカの長距離選手がしているやり方は「フラット走法」というのか、でも足の下ろし方は踵に近かったりいろいろみたいです。やはり自然な走り方や歩き方よいのでしょう。フラット走法をしてうまくいきそうになければ、かかとから下ろして別にかまわないと思う。基本は「つま先を意識しきちんと地面を蹴る」ことだと思います。
 ボルト選手なんかはほとんとかかとを下ろしませんが、あまり万人が真似できる走り方とは思いません。
 ボルト選手にとってはあれが一番自然な走り方ということなのでしょう。
 ただフラット走法と言われる前も、多くの長距離走者がそれに近い走り方をしていました。
 スピードを追求すれば自然にそうなるのだと思います。
 フラット走法には成功と失敗がありそうです。
 やはりリスクがあり導入は自己責任ということなのだと考えます。
 あらためてその人にとって自然な走り方や歩き方が一番なのだと思います。
 アフリカ人の高地民族にとっては、それが一番自然な走り方や歩き方というのにすぎません。
 あるいは日本人に合ったフラット走法はつかめていないのかもしれません。
 さて健康のために眠らなければ・・・調べ物をしていて遅くなっちゃいました。
 「フラット走法」か・・・勉強になりました。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ日本!復興へ前進!

0


AutoPage最新お知らせ