X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2012/11/2  0:55

批判するなら私を・・・  日記(I love one day)
 私のしごと館は準備はけいはんな学研都市では行われません。
 それは建物でコンテンツは別のところで作られていました。
 今年の春に行った時にまわりは見違えていました。
 多くのお店が建ち住宅地の市民が生活しており、けいはんなの未来を信じ多くの個人のお店も立ち並んでいました。
 けいはんなプラザだけで夜になると真っ暗だったのが遠い昔のようでした。

 国立産業技術史博物館がもしでき、その中に多くの研究者が働け市民が展示に集い大きな「人の和」ができる未来、そんなふうになるとよいですね。
 私が建築事務所の方から説明を受けた時、もっとも印象に残ったのは周辺に美しい住宅が建ち、そこには大阪や京都に出勤する普通の市民が住む。
 それにより、研究者の町となりすぎてしまった筑波のようにならないことをめざさされているということでした。
 その交流の場となるのが私のしごと館であり、けいはんな記念公園でした。
 しごと館の場は市民が集える場であり、そこで博物館の学芸員やけいはんな学研都市の多くの人が集い、研究や生活のヒントが得られる場とならなければなりません。
 それだから国立博物館は絶対欠くことのできない存在なのです。

 批判があまりにもひどくて、冷静に国立博物館として売り込むことができませんでした。
 とは思っても正直どのような施設に変貌するのかはわかりません。
 さんはくとみんぱくが本来なくてはならないのです。この二つはセットなのです。二つで一つなのです。
 さんはくが構想された時代にキャリア教育の発想はありませんでした。
 しごと館のモデルはドイツ等の産業博物館です。
 キャリア教育や職業総合情報拠点としても画期的でした。
 しかしどこかずれている雰囲気はありました。
 しかしそういった新しいテーマは海外からも高く評価されました。
 さんはくの中にそういったことが生きることができれば、さんはくは過去構想されたことの中に新しい魅力を加味し、まったく新しい博物館として誕生することでしょう!
 それができればもう言うことは何もありません。 

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.がんばっぺ!福島で自然エネルギー開発を!

0


AutoPage最新お知らせ