X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2012/5/20  21:07

土岐市の下石(おろし)などに行ってきました  鬼岩(document)
 本当はもっと頻繁に横浜に戻らないといけないのですが、経済的事情がそれを許しません。
 今日は土岐市の下石(おろし)窯元館に行ってきました。
 妻木の窯元の田中孝という方の個展や、その窯元の作品の展示や即売をしておられました。
 また陶器の照明器具の展示をしておられ、カーテンを引いていただき見ると大変美しいものでした。
 ティーカップを一つ購入しました。東京で使っていたものが汚れてしまったので。
 その後に妻木まで走らせて、土岐市駅に帰る途中に岐阜県現代陶芸美術館の看板が目に入り、そのまま行ってきました。
 核融合科学研究所の前などを通り行ってきました。

 美術館では「井田照 展-土に挑む-」と「2012年春展」を開催しておられました。
 陶芸をいかした現代アートです。
 土は大変柔らかい素材であるため、いろいろな作品にできるそうです。
 茶室や展望台もあり大変美しい現代建築でした。
 帰る途中で多治見市美濃焼ミュージアムというところも通ったのですが、もう閉館間際で建物を見るだけで終わりました。
 こちらも美しい陶器や茶室があるようで、またの機会に行ってまいります。
 さすが東濃研究学園都市・・・その関連の研究施設のあるところは、山道ながら道路がきちんと整備されています。
 けいはんな学研都市なみです。

 下石(おろし)だけのはずだったのですが、思いがけずあちこち行ってしまいました。
 帰りにどこを走っているのかわからなくなってしまい、あわてて脇道に逃げようとしましたら、後ろの車さんがこちらの方向指示器を見ていなかったらしく追突しそうになったようでした。
 高速道路じゃあるまいし、スピードを出したまま脇道に入れないからなあ・・・
 ああいうところは本当に難しい。
 クラクション鳴らされてちょっと腹がたちました。
 冷静になってみるとよく通っていた道でした。
 土岐市の方角には完全正解だったのですが、どこにいるのかまったくわかりませんでした。
 その脇道に入って「あ・・・ここ」だったのでよかった。
 難しいねあの道は・・・あの野郎・・・
 
 話は変わりますが、源頼朝の産湯の井戸は熱田にあるのですね。
 木曽義仲の産湯の清水は、母校のある東松山市近く嵐山町の鎌形八幡神社にあります。
 大学時代にウォーキングの途中で出会いました。
 かえって大観光地だとなかなか行かないものですが、熱田神宮にもいずれ行くとしましょう。
 本日は美濃国一宮の南宮神社の分社には参拝いたしました。
 郵便局の近くでしたので。
 さすが土岐氏の本拠地だっただけあって、名のある神社が勧請されております。
 たいしたものですね。

 名古屋城は静岡市に勤務していた若い頃に行きました。
 土岐市の周辺をひととおり見たら、名古屋にも行こうと思っております。
 といっても土岐市周辺もなかなかディープです。

 今日は行きたかった土岐市南部に行けてよかった。
 といいながら、土岐アウトレットモールにはほとんど関心のないもてない私です。
 あっちもいずれ行かなくちゃー。

 私は自動車の運転は下手だけど、こういところに来てしまったからうまくなるしかない。
 でも横浜港の港湾道路とか社用で走っていたから案外大丈夫なのかもしれない。
 土岐アクアシルヴァまで行く街灯のまったくない道路も走りますかね。
 でもやっぱり自動車は嫌だ。
 あまり好きにはなれません。
 浮谷東次郎とかレーサーの話は好きなのに不思議だよね。
でも浮谷さんはレースコースにいた人の命を守るために、自らの命を捨てたのだからね。
 一般道ではそんなことはないと思うけど、自分はいざという時そういう行動をとれるのだろうか?
 私の友人の一人も自動車事故で廃人になっちゃったから。
 もう生きてないだろうな。
 ゲームのうまい明るい子だったけど。

 
(下石陶磁器工業協同組合)
http://www.kamamoto.jp/modules/bulletin2/

(セラミックパークMINO
 / 岐阜県現代陶芸美術館)
http://www.cpm-gifu.jp/index.html

(多治見市美濃焼ミュージアム…後日行くつもりです)
http://toujiki.net/index.html

(セラミックパークMINOの展望台から見えます。右手の建物が核融合科学研究所です…周辺の森がすばらしいでしょう?)
クリックすると元のサイズで表示します

(核融合科学研究所)
http://www.nifs.ac.jp/index-j.html

(きっづ光科学館ふぉとん…けいはんな学研都市にある原子力発電による光を学ぶ施設です。ついでに紹介させていただきます。)
http://www.k-photon.com/

(関西光科学研究所…けいはんな学研都市と播磨科学公園都市)
http://wwwapr.kansai.jaea.go.jp/

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0
タグ: 美濃 岐阜 茶話

2012/5/20  11:13

経済史・経済学史・計量経済学  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 大学時代に計量経済学のゼミにいる人と話していて、経済史というものはどうしても理解できないという話をしたことがある。
 私も計量経済学は理屈はともかく、自分の経済観とあわない感じがしていました。
 経済史と計量経済学は同じ経済学でありながら、まったく違った適性が必要で双方兼ね備えた人はきわめて稀です。
 経済学は適性にもとづいた分野をゼミで専攻すればよいのです。
 細分化すればたくさんありますからね。本当にすごい世界ですよ。

 当時は計量経済学全盛時代でしたが、その後状況は一変しました。
 やはり経済史や経済学史こそ大切だと今は思っています。
 実はアメリカも経済史をひじょうに重視する国のようです。
 アメリカ経済学史はドイツ歴史学派の強い影響からはじまっているからです。
 アメリカは制度学派という計量経済学からかけ離れた学派も創始しているのです。
 私は結構古い考え方で、経済学は最終的には道徳哲学だと思っています。
 アダム・スミス研究者の水田洋博士(名古屋大学名誉教授)が92歳で「アダム・スミス法学講義」の邦訳の大業を終えたそうです。
 これで日本の経済学史と経済史の研究は…さらにレベルアップするでしょう。
 日本はマックス・ウェーバー研究でも世界屈指のレベルですし、日本もアメリカと同じく経済史と経済学史を重視している国です。
 その研究がないと経済学研究が成り立ちませんからね。

 (毎日新聞 5月19日(土)記事)
 http://mainichi.jp/select/news/20120519k0000e040225000c.html

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ