X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2012/3/17  18:13

♪本でつながる人たち+キャリアカウンセラーの方たち♪  読書人(4.23は本の日)
 しごと館で協力者を募る時、一番役に立つのは「本でつながる人たち」であったと思います。
 キャリアカウンセラーのつながりは使えませんでした。
 最初はそちらを重視したのですが、「私がこの世界にもぐりこんでいるのは、商売になることがあるかどうかであなたに協力しなければならない覚えはない」と言われ、それ以降知識は得たいもののあの世界とは距離を置くようになりました。

 その後もそうですよ、何かキャリアカウンセリング関係のものがなくなりそうになると、意見を言ってくださいとか記事にしてくださいとは頼まれますが、私がそれにより何か得られるということがないのです。
 JILPT廃止に反対した森永卓郎先生や玄田有史先生も、経済学者であってキャリアカウンセラーではないのです。
 もちろんキャリアカウンセリングはできるでしょうけど専門ではないのです。

 私も本職は「事務員・司書」であってキャリアカウンセリングではありません。
 同じ専門職として司書もカウンセラーも価値のあるものですが、カウンセラーを専門にする時間はありません。
 カール・ロジャーズの名前を知っている程度です。
 クライエントを中心にするとはいえ、キャリアはとかく高く求めがちで人間は自分の能力以上に自分を高く見がちです。
 そのあたりを実証的な資料を用い相手の求めることを聞きながら、こちらの考えることを言い努力の方向性を決めることだと考えています。
 いわば人生の水先案内人のような役割ですね。

 横浜港湾カレッジで私の前に図書館を担当された方は、司書資格はなく本の登録もできませんでしたが、港湾で長い間働かれた通関士の方でした。
 当然ながら港湾運送業についても詳しく、先生よりもはるかに詳しい人でした。
 学生にとっては港湾についての知識を教えてくださり、港湾運送業について聞けばよく教えてくださる。
 本当に相談相手として得難い方でした。
 本人はそう思っていなくても、そういう人こそ真のキャリアカウンセラーだと私は考えています。
 キャリアカウンセラーの世界でも、民間企業から大学に招聘されたりした人の方が力を持っており、大学で周辺の心理学の専門家らを指導しながらすぐれた実績を残されています。
 むしろいろいろな専門家がいるから魅力的な世界となっております。
 この世界が心理学の専門家で固められてしまったら、逆にひどくつまらない世界になってしまうと思います。
 でも私もラカンの心理学をもう少ししっかり学んで、ユングの潜在意識とはまた違う「行動からクライエントの職業適性をよみとる」ことができればと考えているのですが、まだ十分に見抜けないのですよね。
 特に会社を自分の家のように感じた時に、どのような人格や能力が出てくるかが見極められません。
 授業態度等でその人の能力と適性がもっとわかるはずなんです。
 学校は社会の縮図といえばデューイですが、学校内での態度は社会人になったあとを暗示しているからです。
 キャリアカウンセラーにもっと適切な情報が逐次入るようになっていれば、さらに就職率をあげることができると考えています。
 組織として共同思考ができるかどうかが、結果にはねかってくるのではないか?と考えております。
 人間というものはわかりませんけどね。
 まだまだ未開拓のところが多い分野ですよ。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0

2012/3/17  13:11

しごと館で多くの会社が協力してくれて不思議がられたけど…  読書人(4.23は本の日)
 しごと館の準備の時に、いろいろな大手出版社やその他よい会社が協力してくださってずいぶん不思議がられたけど、そのアプローチとしては私が司書であったというのもあるよう今は感じます。
 簡単に言うと「新しいタイプの図書館を作るのですが、御協力いただけませんか?」というアプローチです。
 私はコンテンツ作りの時も「図書館資料を制作し発信する」というアプローチでした。あの頃の私はまだ若かったから・・・「新しい図書館を作る」という情熱が人を動かしたのかもしれません。
 キッザニアに図書館はないですからね。
 裏工作を何かしたなんてそんな馬鹿な・・・新しい図書館を創立するのに多くの企業さんが協力してくださるのは熱意のあることだし、自然なことでもあります。
 司書は出版文化の担い手でもあるんです。
 図書館を活用しない貸本は長続きしなかったしょう?
 最近はそれを保存する図書館も増えましたが、貸本で正規の出版ルートにのらなかった貸本漫画は、その存在が忘れられる危険があるのです。
 図書館における本の貸出は出版界の利益を搾取しているものではなく、むしろ出版文化の保護に役立っているのです。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0

2012/3/17  2:58

図書館は「事務員と司書」で動く  読書人(4.23は本の日)
 私の場合の「事務員・司書」というのは、図書館が事務員と司書により運営されるのでそのための能力を身につけるということでした。
 大学図書館においては館長は多忙でなかなか会うことはできません。
 たいてい対応するのは事務長と呼ばれる人です。
 その方が館長代理として、日常的には大学図書館の実務を管理しています。
 司書業務の方はたいてい名刺には司書と書かれています。
 私はこれまで名刺に司書と書かれることを求めたことはないし、辞令で司書を出すと言われた時もお断りさせていただいています。
 当時は若かったし他にも理由はいろいろありますが、文部科学省系大学のベテラン司書に対応するのにまだ実力不足だと思ったからです。
 
 欧米だと司書として専門の職業教育を受けた方が司書に任命されることが多いそうですが、日本は大学に司書課程が置かれて学習することが多い。
 ですが日本の司書のレベルは欧米の司書に劣らないと思います。
 教員免許も職業教育の一つです。
 雇用促進事業団では、事務員で教員免許を持っている人が多いなと思ったことはあります。
 私は教壇なんかで喋れないので司書にしましたが、教育に関心があるから職業訓練の事務の道を選んだ人が少なくなかったのです。

 図書館運営に必要な能力が身につけば、いろいろなところに応用がきくから努力しているというところです。
 図書館を運営委託にするところは多いですが、やってみて低賃金による士気の低下があり、市民からの「本来の姿に戻してほしい」という要望を受け、元に戻す自治体が多いのが現実です。
 司書として委託業者を監督できる人が必要なのですが、そんな面倒なことをするのなら本来の組織体制にした方がよいからです。
 やはり図書館労働においても同一労働同一賃金は守られるべきだと信じます。
 実際その価値に値する労働なのですから。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0

2012/3/16  0:24

SINETの接続方法もかわっていませんね・・・  読書人(4.23は本の日)
 昨年4月から導入されたSINET4についての資料あらためて読んでいて、今でも専用回線による接続が主で意外にかわっていないことを知りました。
 今でも相模原が専用回線なのかわかりませんが、もしそうならおそらくですが東京校に移る時にノード校を変更する必要があると思います。
 ノード校につなぐ時に相手側も工事をするので、呼吸をあわせて工事をしなければなりません。
 あれは結構楽しかったです。
 もし地域IP網(Bフレッツ / フレッツ・光プレミアム)経由のSINET接続を使っていたら、そのサービスが中止になるそうなので変えていたら専用回線に戻す必要がありそうです。
 今は専用回線もスピードが上がっているのでしょうね。
 それにしても東京校も光ファイバーにならないかな・・・

 大学図書館は蔵書が命なのは言うまでもありませんが、これからは「SINET4・図書館システム・電子図書館システム」の三本柱になりそうです。
 地道なサービスと作業を続けつつ、クラウドサービスにまで対応する必要があるということで、みんな言ってますけど本当に大変です。
 せめて「同一労働同一賃金」の原則は守っていただだきたいですね。
 電子図書館は夢ではなく現実の世界になりつつあります。
 私も昨年あたりから少しネットで仕掛けていましたが、アマゾンの電子図書部門進出にあわせ各図書館も準備をはじめつつあったようです。電子図書館は今後IT企業や出版社にとっても、新しい大きな市場を提供することでしょう。
 出版界も長年の苦しみから解放されるかもしれません。
 問題は電子図書館システムの仕様でしょうね。
 すでにはじまっていますが、仕様をコンソーシアムを中心にあわせていかないと本当に大変だと思います。
 
 ところで最後に先日神奈川県立保健福祉大学を紹介したのは、職業大東京校とキャンパスの広さが近く、実技の多いカリキュラムをとっているからです。
 あそこも空間をうまく使い美しいキャンパスを作っています。 

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0

2012/3/15  3:24

SINET(サイネット)とGeNii(ジーニイ)を活用しましょう!  読書人(4.23は本の日)
 さて2年間「図書館を圧縮する方法」を考え続けてきた私ですが、概略的なこととしてSINET(サイネット)とGeNii(ジーニイ)について書いておきたいと思います。
 少し自慢たらしいことを書いてしまうかもしれませんがすみません。
 15年ほど前かな?
 IT革命がはじまる中で、SINET導入が職業大図書館において大きな問題となっていました。
 SINETとは学術情報ネットワークのことですが、図書目録作成と図書館相互利用のためのもので、最近は電子ジャーナルの活用支援もしているようです。
 横浜港湾カレッジで図書目録を作った時も、SINETのデータを参考にしています。
 将来加入する可能性もまったくないわけでないので、できるだけあわせるようにいたしました。
 本来はSINETのデータを活用して、各図書館に必要な情報を加えて各図書館の目録にしています。
 その他に図書も相互貸借や論文のコピーを取り寄せる方法もあります。
 最近は新たなに学術情報コンテンツ・ポータルのGeNiiができ、アカウントを持っていれば個人でもできるようになりましたが、個人支払いならよいものの公費で支払う場合はやはり多少煩雑な経理手続きがいるようです。
 Geniiとは学術コンテンツ・ポータルのこと、普通のポリテクカレッジでは公費で相互利用の費用は出ないので先生方には申し訳ありませんが、サイトのみ紹介しアカウントをとっていただき個人負担でお願いしていました。
 他の大学図書館で調べ物をしていた先生もおられましたが、研究機能はそれなりに向上していたように感じます。
 ところでSINET導入前の相模原の先生は大変で、他大学や研究機関の友人に頼んで必要な論文や資料を懸命に集めておられました。
 東京校はSINETに入っていませんが、総合大と一般ポリテクカレッジとの違いは「SINETに入っているか否か」という違いなのです。
 このSINETに入ることにより、研究開発に必要な論文や資料を集めやすくなり効率アップができました。
 機構以外の研修生の方も便利さを知っておられる方は活用しておられました。
 目録も格段に使いやすくなり、クレームばかりでしたがエラーは大きく減りました。
 何よりも図書館システムの通信スピードが、20〜30倍ぐらいまで跳ね上がりました。

 「Xウィンドウについて理解するように」と相模原の先生に最初いわれましたが、WindowsとMS-DOSとの差は、パソコン通信への対応能力の差なのです。
 Xウィンドウは、アメリカの東部の大学でより研究開発の効率を高めるため研究されたものです。
 今はLinux関連用語に変化してしまっているようですが、マイクロソフトのWindowsにしても、パソコンを単に見やすくなり便利にするだけが目的なのではなくそれ以上の目的があり、インターネット時代を迎える中でより高度なパソコン通信に対応するためのオペレーション・システムなのです。
 実際SINETを導入するにあたり、もっとも大変だったのが通信関係でした。

 今はGeNiiもできたので、SINETに所属機関が加入しなければ受けられなかった図書館サービスも、かなり一般の方が利用できるようになりました。
 しかしながら需要が増大すればいくら個人でできることがいくら増えても、図書館の負担もさらに増すことになっていると思います。
 大学図書館のことがわかり仕事をすれば。業務負担は尋常ではありません。
 正直言いまして、職業大の総務よりもSINET導入時の図書館業務の方が忙しかった実感があります。
 他のこともあったのですが、実際1年後に病気で倒れてしまいましたから。

 GeNiiによりSINETのサービスが受けやすくなり、国内外の研究者の利便性はさらに向上したことは間違いありません。
 SINETに加入していなくても、何とか言い訳できるようになりました。
 あとはよい資料のある図書館の情報を集め、それを先生や学生に提供できれば何とか言い訳できます。
 それはあくまで苦しまぎれではあるのですが。

 SINETの便利さについては、実際GeNiiのアカウントをとっていただき利用されることで、確認していただくことを研究者の方にはすすめています。
 考えてみるとこれも「電子図書館の時代」のはじまりでもあったのですね。

 SINETを管轄するのは、文部科学省の研究機関の国立情報学研究所(NII)です。
 昔は別のところにあったのですが、今は神田で学位授与機構と同じ建物に入っております。
 ですがSINETは文部科学省の独占物ではなく、あくまで国家戦略の一つとして実行されているものです。
 相模原が加入した時に聞いたのですが、文部科学省の独占物にしてしまうと国家戦略として文部科学省が管轄している意味が問われてしまうそうです。
 図書館長の承認があれば、学位授与機構でしょうと学術情報センター(現国立情報学研究所)にも筆頭司書として問い合わせることができました。
 他の方でも図書館長の承認があればできます。
 だからSINET加入にあたっての各種連絡や確認事項も、私でできたというわけです。
 私一人しかいないせいもありましたが、司書の地位は低いものではないですから。
 いくら書いても簡単に説明できることではないのですが、まずGeNiiを利用されることをおすすめします。
 そのうえで電子図書館システムが加わってくれば、大学図書館は新しい段階へとすすむことでしょう。
 それを避ける大学や研究機関は消滅への道を歩むことでしょう。
 図書館システムに加わってくる電子図書館システムもまた、アマゾンの電子図書館部門の日本進出を控え、この10年以内にすさまじい進化をとげることでしょう。それは間違いのないことなのです。

 私ももう若くないし、もうついていけないかもしれません。

 東京校には中堅や若手に優秀な電子情報技術者が多いし、相模原にも大勢おられますから何とか競争についていけると思います。
 ついていけなければ・・・二度目のクラッシュをおこしてしまうと思いますから。
 中規模の大学図書館ではその大きさを補うために必要不可欠なネットワークですので、新たな総合課程でも何とか活用していっていただきたいと思います。
 というより総合課程の学生はスキルだけでなく、学生時代からSINETを活用できるレベルでないと評価されないでしょう。
 私もいなくなるので、予測不可能な世界になってしまいますが。
 
 そのあとに研修生等への図書館サービス提供問題も残されています。
 相模原の慣習を踏襲することになると思いますが・・・
 次の10年後に運営失敗で、職業大がなくなっているようなことがありませんように。
 もう同じ苦しみを味わいたくないですから!今度こそですよ!

(SINET)
 http://www.sinet.ad.jp/
(GeNii)
 http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp 

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「絆」 がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ