X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2012/1/6  0:13

帝国憲法で国民の自由は認められております  労農(Labour-Farmer)
 明治と昭和の帝国憲法双方において、国民の自由は認められています。
 私のブログが強力な社会性を帯びるようになったのにはきっかけがあります。
 それは日本版デュアルシステムの導入がきっかけでした。

 私が小さな短大支部の書記長を下手ながらしていた時に、日本版デュアルシステム導入を労組として受け入れました。
 「労働を楽にするための労組の支部書記長が、労働者の負担を増やす話に賛成するのですか?」という意見もありましたが、これを断れば短大の未来がないと考えました。
 はじめてみて、ハローワークも経由せず、ネットカフェ等を拠点に遊牧民のように動きまわるフリーターや、社会と関係することを拒絶している引きこもりをいかにして誘導するかという大問題がありました。
 ネットカフェ内での広報活動はトラブルになります。
 まず皆でやはり厚生労働省関係や社会教育関連施設等をまわり、広報に協力していただきました。
 漢族が遊牧民と戦ったやりかたと同じです。漢族は城塞を拠点にある程度略奪にまかせ、引き上げるところを追いかけ損害を与えました。
 それと同じやりかたをとりました。

 それでも捕まりません、次にメディアにとりあげていただくようお願いしだしました。
 かなりのところがラジオや新聞でとりあげてくださいましたが、記事の内容は一所懸命書いていただいても、やはりどこか違和感を感じました。
 そこで考えたのは、「メディアが思うようにとりあげてくれなのなら、自ら記事を書いてしまえばよいではないか」ということでした。
 組織的に一致などえられません、それは帝国憲法で認められた「個人の自由」を盾に前進するしかありません。
 格好のよいことを言えば、係長自ら前に出て戦わず誰がついてくるというのか?ということです。

 その頃の日本版デュアルシステム関係のブログ記事は少ないです、実は別の小さな掲示板等にゲリラ的に書き込んでいたのです。
 その時にブログをすすめられたのですが、ブログはすでにはじめていました。
 個人的な小さな記事を書いていました。
 ブログを小さな個人新聞のようにしてみようと思いました。
 新聞のようにしよいブログを作ろうと思いました。
 新聞についてそれなりにいろいろ本も読み研究しました。
 そして生きている中から得られる「生きた情報」を書こうと思いました。

 そしたら奇妙なことがおきました。
 短大の名前が知られるようになり、短大本体のサイトのアクセス数が劇的にあがったのです。
 進路雑誌に掲載された今、横浜ブランドの力とあわさってポリテクカレッジのトップページアクセス数二位まであがりました。
 横浜港と神戸港を一つとみなせばトップです。

 また日本版デュアルシステムにおいて外国におられる方が、短大を知るきっかけとなり、バイリンガルが続々入ってきました。
 スポーツのできる人も入りました。
 「フリーターや引きこもりのどうしようもないのを無理に押しつけるなんて」という反応であった企業さんも、大変すぐれた人物が入っていることに気がつき、今は横浜港と神戸港で日本版デュアルシステムが実施されております。
 たしかに救うことができない方もおられました。
 しかし大抵は大変な優秀な方ばかりであったのです。
 企業によっては優秀な人間を持て余している様子も感じられます。
 大事な戦いで使えば間違いなく役にたつのに、戸惑いながら無難な戦いで使うので実にもったいないです。
 多くの地元企業や一流の先生方の支援も得られ、日本版デュアルシステムは大変に高い評価を得られました。
 私がかかわると、嫌がらせのように誰かがつぶしにきます。
 またこのようなブログをすることで、「文句を言わず地道に働く日本人の美徳はどうなるんだ」という大長老のご意見もありました。
 また困難な時代が去れば、目立てばすぐに粛清の対象になるものです。

 オシム監督は「走るフットボール」を唱えました。
 私は「ネットを走り」人々の心に働きかけるのです。
 それが福音であれば必ずいつか人々の心に届きます。

 当初は自ら外を走りまわっていました、「ネットを走り人も走る」ことをすれば、プロモーション効果は倍増します。
 本体ホームページへの関心も大きく高まりアクセス数が増えます。
 日本ではネットで見たことを本人に言うことは稀です。
 しかしネットの人が正面にあらわれ直接話を聞ければ、相手側の理解も深まりプロモーション効果も高まるのです。
 読む人は少なくても、できるだけ誠実に正直に書く事です。
 意見は違っても誠実に書いていれば、よほどひねくれた人でなければ悪くは見られません。
 短大は地方のテレビ番組にもとりあげられ、港関係のシリーズにもなりました。
 すべてがすべてうまくいったわけではありませんが、ネット活動にマイナスは少なく、プラスの方が多いです。
 あいにく配偶者には恵まれませんでしたが、ネットを通じで多くのよい出会いがあり、それはよい結果を生み出したと感じております。
 また避けられているようですが、新総合課程も成功させたいですね。

 あまり言いたくないノウハウでもあるのですが、新法人となりおかしな疑惑でもかけられたらたまらないし、かつての地味で無口(今でも通常はそうですが)の私とのギャップで、「あの人変わりすぎだなあ」と思われたくないので書いてみようと思いました。
 私は昔と少しも変わっていませんよ、ただ私のしごと館関係で真昼の暗黒を経験したので、人への不信感が強くなり人の好意を裏読みするようになってしまいました。
 ミック・ジャガーのように「心はいつまでもハタチ」でいたいですが、心だけでなく体の衰えも感じる今日この頃であります。
 本当に今年が皆様にとって希望あるよい年になりますように。
 そして私のブログが「愛されるブログ」となれますように。

【PR】1.重工主義と持続可能な開発
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.「祈」 がんばっぺ日本!

0
タグ: 雇用 革新 公正


AutoPage最新お知らせ