X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2010/1/26  6:34

アメリカの図書館司書も苦労している?  読書人(4.23は本の日)
 昨日、図書館に届いた雑誌の記事を見て、アメリカのスタンフォード大学の図書館専門職のレファレンス部門の方が昔より減ったという話が書いてありました。
 ハーバード大学でも、IT時代に合わせタスクフォースを作り、新しい図書館像を作ろうとされているようです。
 ですが図書館の主な機能は書店と違い「情報の蓄積」にあります。
 コアの部分は変わらないもので、ITですべて代用できるわけではないのです。
 ミレニアムの頃図書館のIT化が叫ばれましたが、それはお金のある大学の話であり、図書館員の地道な努力が実際には評価につながるというのが大勢でした。

 もともとアメリカの場合図書館サービスがよく揃っていたので、多少合理化したという話なのでしょう。
 ですがレファレンスコーナーに来なくても、おそらく司書はメールや電話のやりとりに追われているはずです。
 IT化が進むと入館者が減るのはたしかに悩みです。
 私も職業大で新システムを導入した時、研究室からの資料検索がより便利になったため、入館者がしばらく1割近く減少し周辺から嫌味たらたらでストレスがたまりました。
 最終的にはだいぶ回復しましたが・・・今はどうなんだろ?
 しかし便利になるにこしたことはありません。
 そういえば図書館学修士がその記事で特別視されていましたが、図書館学のことしか知らないので結構困るという話は聞いたことがあります。
 アメリカでは他の分野でも対応できるよう訓練されているのかな?
 教師に英語や国語や数学の教師がいるように、司書でも元の専門をうまく業務に結びつけないといけません。
 ただ司書は「他の分野は知りません」ではすまず、何とかついていけないといけないからそれはそれで苦労があるんですよね。
 どうしてもわからなければ「わかりません」と言いますが・・・
 あとIT化が進み「情報の品質」を見る目がさらに重要になっております。
 適当に調べてそれが誤っていたのでは話にならないからです。
 最終的にはより確実であれば無料より有料の方が信用できるのです。
 サービス範囲が広がっただけで、昔と変わらないことが多いのが図書館司書の現実だと思います。
 ♪アメリカの司書さんも苦労されておられるのでしょうね♪
0


AutoPage最新お知らせ