X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2010/1/24  12:09

日米安保についてのジョン・ルース大使の寄稿  進歩主義(progressive)
 1月19日(火)に日米安保50周年を記念して、ジョン・ルース駐日大使が朝日新聞に寄稿されました。
 安保闘争と三池闘争・・・1960年の日本は揺れに揺れました。
 社会主義革命寸前の状態にまでいきましたが、選挙においては自由民主党は常勝を維持し、国民世論が社会主義革命にまで向かっていないことを示しました。
 当時は改定前の日米安保の内容もあり、条約は占領を認める内容と考えられており、日本人は独立を取り戻すために抗議をしたのだと考えます。
 50年たちこの条約が仮想敵国と事実上していたソ連は崩壊しました。
 その後日米安保についてはいろいろな議論が行われました。
 少し悔しいのは日本は冷戦勝利に大貢献したのに、当然のことであると考えていた北方領土が返還されなかったことです。

 ところで、日本にとって明治まで日英同盟こそ日本外交の基軸でした。
 第一次世界大戦勝利後アメリカは日英同盟が中心となる世界を怖れ、国際連盟創設を理由に日英同盟破棄を求めました。
 日英にそれを拒否できる実力はもはやありませんでした。
 一方でアメリカは孤立主義を放棄せず国際連盟に参加しなかったこともあり、日本はヨーロッパに新たなパートナーを求めるしかなくなりました。
 日本はドイツと同盟するしかなくなってしまったのです。
 英仏米はパートナーシップを強めましたが、日独伊(イタリアは途中離脱)と第二次世界大戦をおこす結果となってしまいました。
 戦後アメリカは孤立主義を放棄し、日米安保条約と北大西洋条約機構(NATO)を基軸とする外交関係を深めました。
 アメリカは第二次世界大戦で日本と戦い、勝利はしたものの予想を超えた強さに、戦史家は戦後「アメリカ建国以来最強の敵であった」と見なしました。
 常識的に考えれば、強力な相手は敵とするよりパートナーとした方が有利であり、同盟者となればお互いにこれほど心強い味方はないわけです。
 日米安保は日本が弱小国となれば維持されないのです
 オバマ大統領は「核拡散防止のための日米安保」を提唱しておられます。それは日本が戦後掲げた大義とも一致しております。

 インド洋給油停止を批判される方もおられますが、あの件については中止当然の理由があると感じております。
 すでに必要性が薄れていることもありました。
 そして給油は主にパキスタン海軍への支援となっていたことです。
 インドはムンバイテロ事件が、パキスタン軍の支援によって実施されたことを公式見解としております。
 カラチからムンバイまではそれなりの距離があります。
 自衛隊による給油の油やノウハウが、ムンバイテロに使用された可能性があれば、日本人犠牲者が出たこともありパキスタン海軍への支援など絶対不可能なのです。
 パキスタンが核放棄を実施すれば考えないこともありませんが・・・今は海賊退治の方が大切なのです。・・・
 日本はインド三国(インド、バングラデシュ、パキスタン)との経済関係は強めようとしております。
 特にバングラデシュの繊維産業発展に大きく貢献しております。
 それは日本の海運会社によりアメリカや日本に輸出され、バングラデシュに繁栄をもたらすことはもはや確実となっております。
 またインドではデリー〜ムンバイを結ぶ鉄道建設に貢献しました。
 日本は軍事援助より経済援助を強める段階にきているのです。
 少し話はそれましたが今年は日米安保50周年となります。
 日米安保は今後も日米繁栄のための基軸となっていくことしょう。
 核がなく戦争のない未来のために! 

(朝日新聞 1月19日(火))
http://www.asahi.com/international/update/0118/TKY201001180450.html?ref=rss
0
タグ: 自由 民主 連合


AutoPage最新お知らせ