X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2010/1/11  14:07

実践技術者(テクニシャン・エンジニア)について  労農(Labour-Farmer)
 上の実践技術者(テクニシャン・エンジニア)について、私なりの理解を書かせていただこうと思いました。
 生産現場といいますと実に大勢の労働者が関わっておられますが、大きく分けて技術者(エンジニア)と職人(テクニシャン)さんが主役となっております。
 テクニシャン・エンジニアとは、その「両方の能力を併せ持つ者」と理解されればだいたい正確だと思われます。
 昨今の技術革新の波はすさまじいものがあり、かつて旧制の小卒や戦後の中卒の方が担われた単純労働はどんどん少なくなっております。
 また人海戦術から少数主義へと、企業のありかたも変わってきております。
 そういった中で、技術者と職人の両方を併せ「考えて作れる人」であるテクニシャン・エンジニアは、少数主義の企業経営の中心となる人たちなのです。
 港湾や物流の世界では、ロジスティクス・エンジニア(物流技術者)と言われる方々がそれに該当します。

 ドイツのワイマール共和国のフォン・ゼークト将軍は、未来の戦争は兵員数が勝負を決める戦争ではなくなり、高い専門能力を持つ士官や兵士による少数精鋭の軍隊により戦われると言われました。
 勝負は専門能力とテクノロジーの高さにより決まると考えたのです。
 その考え方でワイマール共和国の国防軍を強化したのです。
 企業経営においてもその考え方はあてはまると考えます。
 今でも人手が必要なことはありますが、今はどの国の軍隊も企業も「少数主義」への道を歩んでいることは間違いありません。

 そういった時代の中で、エンジニアとテクニシャンの両方の性格を併せ持つ「テクニシャン・エンジニア」は、「企業の士官」として必要不可欠と言える人たちなのです。
 文系人間にも「少数主義」は特に「情報化」により大きく進みました。
 しかし私は超エリート主義は正しいとは思いません。
 フランスは大変な超エリート主義の教育システムを作りましたが、超エリート主義をとらず連邦を中心に地方分権の教育システムを作ったドイツが、19世紀の間に学問や科学技術でフランスを圧倒した事実があります。
 超エリート主義は創造する活気を奪ってしまうのです。
 独創が出ても超エリートがそれを潰してしまうのです。
 日本は超エリート主義は採用しませんでした。
 日本の創造力は現場で生まれている事実があるのです。
 少数主義は超エリート主義でも学歴主義でもありません。
 厳しい国際競争における実戦を考慮した考え方なのです。 

 テクニシャン・エンジニアはイギリスから学んだ考え方だそうです。

 雇用・能力開発機構の職業能力開発総合大学校能力開発研究センターの、2003年の調査研究報告書NO.111の「高度職業訓練が担う日本に残すべき技能についての調査研究報告書」(ISSN 1340-2390)第4章「高度職業訓練が果たす役割」に、実践技術者の定義が以下のように書いてあります。
 私なりに簡略にした定義もあらためて書いてみます。

○実践技術者(テクニシャン・エンジニア)
「科学者・技術者と熟練労働者・作業員の中間にあって、両者の中間的な階級に相当する職務を遂行する者」となっております。

○私なりに簡略にした定義
「テクニシャンとエンジニアの両方の能力を併せ持つ者」


 とさせていただきました。

 自衛隊もまた旧軍と違い「少数主義」をとっていることは知られます。
 企業と軍隊とは違いますが、「少数主義」が進む中で「実践技術者(テクニシャン・エンジニア)」は、「企業の士官」として必要不可欠な仕上がり像と言えるでしょう。
 文系人間もまた同様であり、少子化が進む中で必要な社会改造であると考えます。
 まあ専門家に言わせれば勝手な解釈かもしれませんが、少し雑文を書かせていただきました。
0


AutoPage最新お知らせ