X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2010/1/19  6:36

マクドナルド社員の過労死認定  国軍(National Army)
 先日とは別の話ですが、1999年に月80時間を超える残業を会社から課され過労死した当時25歳の社員に東京地裁が過労死を認定いたしました。
 川崎で働いていたそうですが、月80時間を超え残業をし急性心機能不全で亡くなり尊い若い命を失ったそうです。
 若いということもあったのか、遺族補償給付が認められていなかったのですが、長男を失った母親の気持ちがついに届きました。
 高邁な理念で創業されたマクドナルドも、いつのまにか社員が過労死しても平気な会社になっていたということ、笑顔の店員は本当に笑っていたのでしょうか?
 たしかに当時「こんなに営業時間を伸ばして店舗網を広げて大丈夫なのかな?」と思ったものです。
 高邁な理念を失えば、経営者は労働者を搾取し自分の利益を上げることばかり考えます。
 それがなくなれば、経営者にとっても労働者にとってもよいことなのではないでしょうか?
 労働者を大切にしない経営など最終結果はろくなことがありません。
 最後には労働者が高邁な理念を信じられなくなります。
 ・・・これだけ働かせれば誰が経営しても儲かる・・・

(読売新聞 1月18日(月)記事)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100118-OYT1T01110.htm
0

2010/1/18  6:33

阪神・淡路大震災と安全文化  修養(エッセイ)
 阪神・淡路大震災が残した教訓って何だろう?と思います。
 それは日本が安全を軽視して発展を優先した結果、どのような地震災害でも浮き彫りになるインフラの弱さです。
 これは国際的にもよく知られ、日本投資を回避するリスクとなっております。
 労働安全の世界だと「安全文化」ということばが使われますが、この安全文化をいろいろなところに適用する必要があるのかもしれません。

 ハイチでは治安悪化が進みつつあるようです。
 ハイチは長年の軍独裁で国連が軍を解散させているため、治安を守るのが国連やアメリカの役割になってしまっているそうです。
 こういう地震災害の時に軍がいないとかなりこたえます。
 自衛隊を有効活用しなかった日本の教訓もあります。
 日本からの災害支援も遠い国ですが進みつつあります。
 ハイチの首都ポルトーフランスは、そもそも地震を想定して街づくりをしていませんでした。
 あの街も港湾都市のようですが、安全文化の必要性を痛感しました。
 私も日常的には軽視しがちですが・・・

(1/18(月) 毎日新聞 : ハイチ大地震関係記事)
http://mainichi.jp/select/today/news/20100118k0000m030111000c.html
0

2010/1/17  13:59

阪神・淡路大震災15年  修養(エッセイ)
 遠いカリブ海ではハイチ大地震がおき、まるで阪神・淡路大震災の再現を見るかのような光景が広がっております。
 奇跡の生還もあるものの犠牲者は増える一方です。
 横浜でも関東大震災がありましたが、平成7年1月17日(火)のバブル後の不況に苦しむ日本に大きな地震がありました。
 日本の横浜と並ぶ海の拠点神戸を襲った大地震は、経済の苦しむ日本の心臓を突き刺すものでした。
 少し前の平成5年に奥尻島を中心とする、北海道南西沖地震がおきました。
 宮城県などでもその後地震がありましたが、地震被害をいかに最小限にするかは日本の大きな課題であり、その事業には地震被害以上の大きな経済効果も期待できるのに、なぜ建築偽装が横行するのかと思います。
 神戸では本日、JR貨物神戸港駅の跡地に神戸震災復興記念公園が開園するそうです。
 神戸市での鎮魂行事には皇太子殿下、后殿下、鳩山由紀夫首相も出席されました。
 あらためて鎮魂の気持ちを新しくしたい思いと共に、横浜、名古屋、大坂などでもいずれは大地震が起きるといわれているおります。
 それに対する対策もあらためて考えてみたいと思いました。
 ・・・今のところは私も開き直っているだけなので・・・
0

2010/1/15  6:47

地獄絵のハイチ  修養(エッセイ)
 阪神・淡路大震災は平成7年1月17日(火)におきましたが、同じ時期にハイチで似たような地震災害がおこりました。
 あの時の日本の震災で、神戸は道路や鉄道が寸断され事実上一晩孤立状態になりました。
 亡くなった方をどこにも運ぶことができず、道路に布団を敷き寝かせ顔に布をかぶし、そこに寒いのに家族が寄り添って離れようとしない写真が印象に残っております。
 ハイチは神戸と違い寒さは少ないのかもしれませんが、暑いがゆえに遺体や汚水等の状況がひどいらしく、衛生状態が危惧されております。
 神戸の時も遠くの国から大勢に人が駆けつけようとされたのですから、遠い近いは関係ないとこの際思います。
 アメリカは空母や病院船を派遣し海から助けようとしております。
 神戸はコンテナが海に落下し、ポートアイランドの橋が落ちてしまい海から近寄ることができませんでした。
 ハイチも海からまだ近寄れないのかもしれませんが、各国は空から入って何とかしようとしております。
 世界中がハイチを助けようとしているのを見て、「世界の人情も捨てたものじゃないないなあ」と思いました。
 ドミニカがハイチと同じ島にあるので、陸上から近寄ろうともしているようです。
 世界中が一人でも多くの方が助かることを祈っております。

(毎日新聞 1月15日(金))
http://mainichi.jp/select/today/news/20100115k0000m030125000c.html?link_id=RTH05
0

2010/1/14  6:46

ハイチで大地震  修養(エッセイ)
 アメリカのすぐ横の島国ハイチで、マグニチュード7.0の大地震が起き数千人の犠牲者が出る見通しということです。
 謹んでお見舞い申し上げるとともに、一人でも多くの生存者がいることを期待いたします。
 あのようなところでも大地震が起きることに驚きました。
 そして阪神・淡路大震災のことや、明日日本で起きるかもしれない大地震にあらためて恐怖感を感じました。
 安全文化を普及させ、より安全な建物や道路を作っても完璧ということはないものの、やはり心配ではあります。
 また日本からもハイチに緊急支援がいくとは思いますが、貧しい国なので復旧は大変だと思います。
 本当に心からお見舞い申し上げます!

(毎日新聞記事 1月14日(木))
http://mainichi.jp/select/today/news/20100114k0000m030114000c.html
0


AutoPage最新お知らせ