X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/10/2  22:55

IOC委員の皆様の清き一票を!  心氣体(fitness)
 いよいよ投票の時間が迫ってきました。
 日本は「友愛・環境・遺産」をアピールポイントとされたようです。
 最後の最後に大きなポイントが出たと感じました。

 オバマ大統領のすばらしいスピーチをはじめ、リオデジャネイロ、そして今マドリードがそれぞれのアピールをしております。
 日本時間で3日になりすぐに投票がはじまり、午前1時30分から2時あたりに結果が出るようです。
 鳩山由紀夫首相がきてくださったおかげで、「友愛のオリンピック」という新たな視点と、「財政保証」についてアピールができました。
 特に「財政保証」については、世俗の最高権力者でなければ言えないことなので、皇太子殿下ではなく首相が行って正解だったと感じました。

 あとは「IOC委員の皆様の清き一票」を待つばかりです。
 圧倒的な豪華さできたライバルに対し、日本は地道にオリンピックについて真面目に語りました。
 金融危機のあとであれば、日本のやりかたがぜひIOC委員の方々の心に響いてほしいと思います。
 日本人はオリンピックが好きですし、私も生きているうちに一度は見たい。
 1964年に私は生きていませんでした。
 私にとってははじめての夏のオリンピックなのです。

 ライバルが強大なので、ひょっとしたら一回目の投票で終わってしまうかもしれません。
 日本人の真摯な気持ちが、何とかIOC委員の心に響いてほしいと思います。
 最初の体操少女のスピーチは、「真摯な気持ちを伝える」ことを象徴する演出だと感じました。
 開国・開港Y150のBATONの歌なら「伝えてー」ですね♪
 横浜は今雨が降っております!
0

2009/10/2  6:30

サモア、スマトラ、トンガで大きな地震被害  国軍(Reichswehr)
 いよいよ東京五輪招致成功をめざした活動が終わります。
 名古屋→大阪→東京へとやってきた日本の五輪招致の夢はなるのでしょうか?
大阪の時は6票しか入らず、1回目最下位で落選しました。
 大阪五輪招致があれだけ批判されるのは、負け方があまりにみじめで「万博の大阪」の輝かしいイメージを損なうものであったからです。
 名古屋はソウルに惜しいところで敗北しましたが、後に愛知万博を成功させて面目をほどこしました。
 そして東京ですが、「武家の都」であった東京はオリンピックがよく似合うようです。

 しかし、いよいよという時におこった南太平洋の大地震ですが、サモア、スマトラだけでなく、日本と深い友好関係にあるトンガでも津波で大きな被害が出たようです。
 南太平洋全域で大きな被害が出ているようです。
 日本からも緊急援助隊が昨日出動いたしました。
 一人でも多くの方を救いだせるとよいものです。
 民主党政権は危機にあたり動くのが早かったので、国際的にも十分評価されると考えます。

 日本も地震が多い国ですので、地震のない国の人にとっては「東京でオリンピックをやって大丈夫なのか?」と思われると思います。
 しかし天災はどの国でもあるものですし、今建設中の東京スカイツリーや現役の東京タワーは、関東大震災級の地震がきても大丈夫なように設計されております。
 逆に地震の多い国であればこそ日本は建築技術が高いのであり、それをオリンピック準備で示せればと考えます。
 1964年の東京五輪は一極集中をもたらしましたが、2016年のオリンピックは東京を「地方分権時代の帝都」へとするよい機会なのではないでしょうか?

 ところで高円宮妃喜久子様は鳩山由紀夫首相が行かれることとなったせいか、IOC総会には出席されないそうです。
 昭和天皇は宮家のいくつかが臣籍に落とされる時、お別れの会を開いてて「皇室と宮家これまでの関係は変わらない」と言われたそうですが、日本オリンピック委員会(JOC)会長は竹田宮家の血筋の方なので、「問題はない」ということなのだと考えます。

 日本は招致について賛成派と反対派の激しい議論があったため、かえって議論を深めることができました。
 その点は反対派の方に感謝したい気持ちです。

 今の世界は大西洋から太平洋、インド洋へと力が移動しつつあると言われます。
 その点を見れば、太平洋に位置する東京には「時の勢い」もあるといえます。
 しかしヨーロッパから極東で有色人種の国の日本、そのハンデはやはりあります。

 何とか「三度目の正直」を成し遂げていただきたいと祈念しております!
0


AutoPage最新お知らせ