X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/9/5  12:16

健康保険制度の危機!その他!  国軍(Reichswehr)
 政権交代作業がもうじき終わりますが、ここにきて年金にプラスして健康保険制度が大きな問題となってきました。
 問題は健康保険組合に課される、後期高齢者医療制度のための拠出金です。
 
 後期高齢者医療制度は、お金が実際に後期高齢者からもとられるので老人をいじめている制度と言われますが、実際には高齢者の負担を減らし現役世代の負担を強化した制度です。

 そしておそらくは健康保険組合の資金を金融に投資させることで、後期高齢者のための医療費を確保しようという考え方であったはずです。

 ところが金融バブル崩壊で、事業主の健康保険組合が耐え難い負担に苦しんでおり、一説にはうろ覚えなのですが、健康保険組合全体で制度開始後約6000億円の赤字が出ていると言われます。

 これは危機的な状況です。

 金融バブルが崩壊した今、年金だけでなく健康保険組合を救うための後期高齢者医療制度の見直しは待ったなしになっております。

 話は別ですが、ここ数年のうちに自治体で財政的にもたないところが出てくるでしょう。

 ここで健康保険制度と年金制度が危機になったら大変なことになります。

 「増税なき財政再建」が今でも可能であればよいのですが、消費税制度の見直しも必要となってくるでしょう。

 増税ではなく取り損ねるのないようにすることなのかもしれません。

 ハコモノの議論がありますが、たとえば私のしごと館の場合・・・あそこをターゲットにしたのは多分に目先をそらす意味があるからです。

 代表になられる以前、民主党の前原誠司先生が私のしごと館を視察されたことがあるのですが、その時マスコミがサービスコメントを期待したのに対し、趣旨として「この施設がどのような経緯で完成したのか十分に勉強していないので、この場で必要か不必要かお答えすることはできない、皆できちんと勉強して後にしかるべき場で議論して結論を出すことだろう。」と申し上げられておられました。

 前原誠司先生も、どこか議論にうさん臭いものを感じておられたのではないでしょうか?

 長妻昭先生は、「ちゃんと自分に真実が伝えられているのか?どこか整合性のない疑問点だらけの話だ」と考えておられるようです。

 私のしごと館を應援してくださった方で、川崎二郎元厚生労働大臣が落選されたのは勝負とはいえ少し残念ですが、全体としてそれほど問題視されているとは選挙の結果からは思えません。

 坂本由紀子先生も静岡県知事選で善戦されたわけですし、新静岡県知事の川勝平太先生も故小渕恵三元首相のブレーンであられたわけですから・・・

 特段にラディカルな方ではありません。

 けいはんな学研都市は、関西では東京での筑波に匹敵するブランド力を持ちます。
 筑波より大都市圏に近いので住宅地としても人気があります。

 これから作る巨大公共施設については政権交代のあとに議論になりますが、政権交代になるので民主党政権の立場で議論をすることになるでありましょう。

 私のしごと館をうまく活用すれば、「廃止か存続か」の議論より多くの人をよろこばすと思います。

 それほど悪いことにはならないのではないでしょうか?

 道路の場合も保線費用の問題がありますし・・・

 大都市の地震対策の問題もあります・・・

 土建会社も仕事の話はつきないのです!

 それはともかくけいはんな学研都市が、東の筑波に匹敵する「西の産業基盤」となることを期待いたします!
0


AutoPage最新お知らせ