X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/5/17  14:16

阪神で弱毒性新型インフルエンザ広がる!  心氣体(fitness)
 早期相談治療により治癒できる弱毒性新型インフルエンザなので、過度の心配も禁物だそうですが阪神に弱毒性新型インフルエンザが増えだしました。
 これが強毒性新型インフルエンザであったらと思うとゾッとします。

 横浜は桜木町駅前に、昨日も紹介させていただいた横浜市緊急医療センターがあります。
 「何であんな一等地に?」と言われるのですが、みなとみらいも横浜港の一部なのです。
 横浜港を守るための医療施設の一つといってよいでしょう。

 横浜は診療所もかなりしっかりしております。

 港湾病院のみなと赤十字病院も意地があるから大丈夫でしょう!

(横浜市緊急医療センター)
http://www.yha-net.jp/qqnet/
0
タグ: 健康 スポーツ 体育

2009/5/16  12:48

今度は神戸の高校生が弱毒性新型インフルエンザ感染!  心氣体(fitness)
 今度は神戸の高校生が本当に弱毒性インフルエンザにかかったそうです。
 外国人との接触はなかったということで、すでに国内に何かしら形で弱毒性インフルエンザが入った可能性が高いようです。

 しかしあくまで弱毒性であり早期相談治療をすれば死ぬようなことはなく、高校生さんも平熱に下がっているそうです。

 空港ばかりでなく一般の港も外国人は結構入ってきております。
 感染症は大抵港町から爆発するものだからです。
 空よりも日本に到着するのに長くかかるため、船への検疫体制はしっかりしているといってよいと思いますが空港ばかり気にしてはなりません。

 成田赤十字病院が先日の停留では活躍しましたが、横浜港は港湾病院がない今みなと赤十字病院と横浜市救急医療センターあたりが最前線になります。
 
 港湾病院の元先生方や看護師さんいざとなったら頼りにしております。

 みなと赤十字病院には港湾病院からの医師や看護師はいないのです。

 横浜市救急医療センターに、元港湾病院の先生方が何名かおられるような噂を聞いたのですが事実かどうかわかりません。

 しかし横浜市は現段階ではうまく守っているといえます。

(横浜市救急医療センター)
http://www.yha-net.jp/qqnet/
0
タグ: 健康 スポーツ 体育

2009/5/14  6:46

恐怖のインフルエンザ・アンビリーバボー  心氣体(fitness)
 昨日あたりまで夏日が続き「暑い」いう声が出だしていました。
 それどころか蚊まで出てきて「嘘だろ」と思っていました。
 今日は久しぶりに平年並みの雰囲気ですが、緩急がついているので何か寒いような気がしております。

 民主党代表がやめられましたが意外な感じがしていました。

 それよりも強毒性鳥インフルエンザが夏が近いのに東南アジアで発生していて心配です。
 今の弱毒性新型インフルエンザは致死率が約0.5%ですが、強毒性鳥インフルエンザは人型になっておらず鳥型が人にかかる特殊さのせいかもしれませんが、致死率が約60%のとんでもない数字を出しております。
 スペイン風邪にしても2〜5%なのだそうです。
 全世界の研究者が理化学研究所等の研究成果をもとに、タミフルとリレンザをしのぐ治療薬を作ろうと必死になっておられますが、本当に時間との勝負になってきております。
 あの黒死病のペストに近いとも言われております。
 ペストは中世ヨーロッパの人口の1/3を死亡させたと言われますが、そのような病気だとすると日本の人口が1億2千万人から8千万人に、中国の人口が12億から8億になるということですよね?
 そんな怖ろしい病気に出会いたくありません!
 もっとも出会った時は命日が近いということか・・・

 しかし赤道直下に近いインドネシアの高温多湿地域で流行するインフルエンザ・・・エジプトの砂漠に近いところで流行する強毒性鳥インフルエンザはこれまでのインフルエンザのイメージかからかけ離れております。

 「暑さと湿度に弱い」というのは、強毒性鳥インフルエンザには通用しないのでしょうか?

 マスクで不織布製はやはりどうもなじみづらく、できれば不織布製のフィルターなどがついているガーゼマスクの方がありがたい気がしております。
 スペイン風邪の時は効果を発揮したガーゼマスクですし、長年使われてきたものですので無駄ではないと思います。
 ガーゼマスクだけ売れ残っているのを見ながら「うーん」と思っております。
 フィルターがついていれば大丈夫なのじゃないかなあ?
 そうすればガーゼマスクも売れると思うのですが?
 呼吸が楽なのと分厚いのでガーゼマスクは助かります!
 どうなのかなあ?

 ただ目からも強毒性インフルエンザウイルスは入ってくるそうなので、結局かからないかどうかは運ということですよね?

 マスクをアルコールで消毒し一晩かわかす方法もあるようですね・・・

 一日も早く強毒性新型インフルエンザに対抗できる新薬開発をお待ちし祈っております。

 みなと赤十字病院のナースさんたちのブログを最近見まして、医療機関も今できる完璧な準備はしておられるようですが最近すごく不安です。

 (5/19(火)マスクをアルコールを消毒するのは結構難しくあまりお勧めできないかもしれません。)

(毎日新聞記事 この記事だけ参考にしたわけではありませんが・・・)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090513dde012040011000c.html
0

2009/5/11  6:38

電脳情報館(ライブラリー)のカテゴリー名にしました  読書人(4.23は本の日)
 電脳図書館・博物館のカテゴリー名を電脳情報館(ライブラリー)にしてみました。
 最近でもありませんが、ライブラリーのことを情報館ということもあるのです。
 それにユビキタスのトロンプロジェクトでよく使われる「電脳」をつなげてみました。
 電脳もコンピューターをあらわすことばのようですが、最近はアキバ系のゲームやアニメ関係で使われることが多いようですね、でもそれはそれでよいと思います。
 私のしごと館も職業総合情報拠点ですから、当初は情報館に近い考え方であったのかもしれません。
 「職業情報のシェルター」で今後もあってほしいとは思います。
0

2009/5/10  12:36

横濱開港150周年のテーマが『出航』ということで!  汽船(エッセイ)
 横濱開港150周年のテーマが『出航』ということで、先日日本丸の写真をとってきました。
 横浜開港150周年に日本丸を海に出す夢は潰えましたが、日本丸は氷川丸と並び金港の象徴です。
 いつまでも元気でいてほしいと思いました。クリックすると元のサイズで表示します
0


AutoPage最新お知らせ