X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/4/10  6:42

ラ・マシンの蜘蛛ロボットらしきものが  金城(エッセイ)
 4月28日(火)からはじまる開国博Y150 に登場する、ラ・マシンの蜘蛛ロボットらしきものが山下ふ頭に登場していました。
 あの形はおそらく間違いないと思います。

 蜘蛛の糸で市民をつなぐということです。
 横浜といえば“ジャパンシルク”のお蚕様ですが、お蚕様ですとモスラになってしまうということなのでしょうね♪

 ともあれ糸で市民をいや地球をつなぐということなのでしょう♪

 街をロボットが練り歩くのが楽しみですね♪
0

2009/4/9  6:34

卒業生のお店に行ってきました♪  お知らせ
 ハローワークも都心部は、4〜5時も待たないと相談が受けられない大変な状態がおこっているようです。
 
 何か怖ろしいことがおこっているような気がいたします。

 トップ記事は長くて6月ぐらいまでと考えているのですが・・・

 私もやたらにバナーリンクやリンク手帳内の数を増やしてしまいました。

 個人ブログの範囲を少々超え役立ちそうなサイトや、とにかく希望学の世界ですが希望がわくような前向きサイトを集めております。

 昨日港湾カレッジOBが頑張る中華料理・居酒屋を訪ねてきました。

 25席ぐらいの小さなお店でした。(まあ普通の大きさですよね♪)

 不況時に大変な出航ですけど頑張ってほしいですね。

 上のところに開店記念で1ヶ月ほど記述してさせていただくことにしました。

 石丸電気の通りの羽衣町の吉田中学校の隣の安福楼というお店です。

 家庭料理風といいますか中に入りますと屋台の雰囲気があるお店です。

 中では中国語ばかりとびかって怪しげな中国人のお店にも見えてしまいますが、ちゃんとうちの卒業生がおりますので御安心のほどを?

 横浜に世界卓球選手権もきますし今年はよいことがあるとよいですね!

 アジアにとってよい年になりますように!
0

2009/4/5  12:54

北朝鮮のミサイルが打ち上げられたようで  進歩主義(progressive)
 今のニュースを見ていて、北朝鮮のミサイルが打ち上げられ我が国の上空を通り過ぎていったようです。
 安全保障上問題のあることはなかったため迎撃はしなかったそうです。

 国連で当然議論になることでしょう。
 北朝鮮側はどのような反論をするのでしょうか?

 前回の人工衛星打ち上げにおいても人工衛星の電波が確認できず、実際のところは失敗であったといわれております。
 今回は人工衛星が発する電波は確認できるのでしょうか?

 ロシアや中国にとっても自分達に標的が向けば、モスクワや北京も標的となるミサイル開発は好ましくないはずです。

 日本は核拡散防止条約を律儀に守ってきております。

 道を守る国が悪い思いをすることはありますまい。

 ともあれ残念なニュースでした。

 日本の漁船や内航海運、航空関係者にとっても迷惑な実験であったと思います。
0

2009/4/2  6:27

ローンのいらない商品は売れ出している?  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 ここ数日間不況についての記事一色です。
 しかしながら調査は少し前の経済状態であり、年度末に悪化することは予想されたことでもあります。

 とはいえ大変な事態であることは事実です。

 ただ少しよい情報もありました。
 家電製品が売れ出しているというのです。
 「巣ごもり消費」とも言われておりますが、値段は下げざるえないとはいえ白物家電などがなぜ売れ出しているのでしょうか?

 一つ考えられることとして、家電製品にはローンがいらないということがあるように思います。

 アメリカでは生活必需品であるはずの自動車がなぜ極端に売れなくなったか?
 不況もありますが自動車ローンの信用崩壊も関係があるのではないでしょうか?
 金融会社はきわめて危険な自動車ローンを販売しておりました。
 金融崩壊と同時に自動車ローン市場も崩壊してしまったのです。
 自動車ローンや自動車保険への信用回復がされないかぎり、自動車の売上げがV字回復することも難しいのかもしれません。
 ところがGMのワゴナー会長は辞任するものの、事実上国営化された危険なローンや保険を扱っていた人々はあまり責任はとらされておりません。
 アメリカ人民の不満は高まるばかりのようです。

 もうアメリカ人も過消費はやめるでしょうけど、生活に必要なものは今後も買い続けるでしょう。
 自動車もまた環境自動車を中心に売れ出すと今は信じるしかありません。

 消費のありかたが今後変わってくるとは思います。

 物量ではなく生活の質に豊かさを求めてくるのかもしれません。
0


AutoPage最新お知らせ