X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2009/2/1  14:17

朝青龍関優勝賞金でモンゴルに救急車寄贈!  心氣体(fitness)
 何と言いますか、若麒麟の大麻事件で師匠の尾車親方が記者会見で涙を流してお詫びしたそうです。
 以前週刊誌の記事でもありましたが、記者会見で涙を流すのは不覚にも涙を流すのとは違いどこか演技といいますか信用できないところがあります。
 尾車親方はかつての名大関琴風ですが、現役時代怪我が多くても弱音を吐かなかった方ですが弱くなったのか頭のよさを生かしたのか…
 大変に頭のよい方ということですからね…
 お詫びした事実があったということにしておきましょう。

 朝青龍関は初土俵が一場所違いで、大の頑張り屋さんだった若麒麟の過ちを残念がっているそうです。
 大横綱は初場所の優勝賞金でモンゴルに救急車を寄贈してきたそうです。

 中田英寿さんも初場所初日に来られて、その後の会見で今後はサッカースクールと社会貢献活動をやっていくということです。

 スポーツ選手の社会貢献活動は今後増えてゆくのかもしれません。
 中田英寿選手はかつてマラソンの金栗四三選手が市民ランナーを育て日本のマラソン界に大きく貢献したように、市民サッカーの先達を今後目指すのだと思います。
 ぜひ成功してほしいと思います。
 
 ただ力士の収入は低く、朝青龍関の年収も1億2千万円程度と言われ大リーガーとは比較になりません。
 決して豊かで社会貢献活動をやっているわけではないのです。

 メディアで精神的に揺さぶっても、村八分にしようとしてもただ卑怯で見苦しいだけで朝青龍関は更なる横綱道を歩んでいってほしいと思います。

 もう国民も細かいことをネチネチとあきれかえっているんじゃないですか?

 Yahooのアンケートでも優勝万歳については半数以上の方がかまわないと答えておられるようです。

 傍若無人とか勝つためには何をしてもかまわないとかは、朝青龍関の敵の方ですね、あんなことをして朝青龍関の天下が終わっても真にうれしいのでしょうか?

 私達とは卑怯の常識の違う世界の話なので何とも言えません。

 現場を見られるプロのスポーツ記者なら、朝青龍関復活優勝を一人ぐらい予想してほしかったですね!
 
 最近一流のスポーツ記者が、野球でもサッカーでも相撲でもいないのかもしれません。

 一流のスポーツ記者に恵まれないスポーツは弱く人気も上がらないものですが、それでも相撲に満員御礼が出るのは力士がいかに努力しているかということだと思います。

 中田英寿選手の現役時代に「そのようなくだらない質問をされるのでしたら会見を打ち切ります」ということが何回かありましたが、あれはパフォーマンスではないのでしょう。

 マスコミの人気スポーツ選手ほど、繁華街の評判はひじょうに悪いということもあるようにも聞きます。
 ネットを見るとそう感じます。
 情報のためおべんちゃらでほめていることもあるようです。

 まあ情報をとるためとはいえ、記者にとってもスポーツ界は難しい世界ですよね…

 よい記者さんにとっては大変な世界だと同情はします。

 よい記事ほど掲載されないのでしょう…日本のスポーツ新聞は外国のタブロイド紙の役割を果たしていますから…スポーツの迫力を伝えるため紙面は大きいのですが小さなタブロイド版と比べると紙がもったいない気もします。

 よいスポーツ記者さんは時代の流れに逆らって頑張ってくださいね!

(新聞関連記事)
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090201spn00m050011000c.html

(金栗四三展図録)
http://www.higo.ed.jp/sh/tamanash/kanakuri/kanakuri-zuroku.htm
0
タグ: スポーツ 運動 体育


AutoPage最新お知らせ