X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/11/30  11:17

横浜トリエンナーレ本日最終日♪  文化国家(Kulturstaat)
 はなはだ残念ですが、三年に一度の横浜トリエンナーレも本日が最終日です。
 昨日は外出して別の用事をするはずだったのですが、私が行かないでよくなりましてこれ幸いとインフルエンザの予防接種をして、その後そのままトリエンナーレを見てきました。

 どちらかというと日本郵船海岸通倉庫が、R15作品を中心に人間の心の暗いところをとらえた作品が多いため、今回は郵船倉庫から赤レンガ倉庫、そして新港ピアと前回と逆に見てきました。

 R15作品は私には衝撃が強すぎましたの避けました。

 郵船倉庫では、前回あまりに混みすぎて見られませんでした勅使川原三郎の作品が見られました。
 異世界へのゲートのような作品でとても美しかった。

 赤レンガ倉庫では灰野敬二の映像と音の作品がすばらしかった。
 実は音が大きいためヘッドフォンで聴くことになっているのですが、前で誰もお客様がいないのでひたすら見ていましたら、ヘッドフォンをとる人がいるのでそれに気づき耳にあたましたら、韓国の田楽のようなすばらしい音が聞こえてきました。
 心が疲れていたのでかなり長い間うっとり聴いてしまいました。
 あれはお勧めです。

 新港ピアでは入口付近にあった不快だったヨナタン・メーゼさんのナチスの写真がある作品が変えられ、エロチックな作品に変えられておりとても暖かい作品に変わっていました。
 心の中はとても暖かい方なのでしょう。
 よくわからなかった作品も、パフォーマンスの成果であることが映像で確認できました。
 大人気だったのはペドロ・レイエズさんの人形劇と人形です。
 マルクスをはじめとする社会主義の聖者が繰り広げる人形劇です。
 何と言いますが無思想で方向性を失った現代社会において、「イデオロギーの復活」を訴えた作品でした。
 ペドロ・レイエズさんはメキシコ人だそうですが、さすがメキシコ革命の国だけのことはあります。
 岡本太郎先生にもメキシコアートの壁画は大きな影響を残しました。
 理想は革命によってしか得られないことを訴えているように思いました。
 
 カタログを買おうと思ったのですが、郵船倉庫にあった人間の心の暗いところを扱った作品で見たくない作品がありガイドブックの方を購入しました。

 参加芸術家のプロフィールと代表作が見られたからです。
 
 芸術系の学生さんや好事家はカタログの方がよいですが、私はガイドブックでパラパラめくりながら現代芸術家を知りたい気持ちでした。
 
 よいものを感じたい気持ちです。

 R15作品も解説を見ますとそのメッセージはすばらしいと思います。

 予定が変わりトリエンナーレの二回目に行ける幸運に恵まれ幸福でした。
 チケットで二回行けますが、二回目に行かれていない方は新たな発見がありますのでもう一度御覧になることをお勧めいたします。
 三溪園は遠いので2回とも行けませんでした。
 水を扱った「雨月」が見たかったですね。
 大さん橋のH-BOXはよかったですがあの水の作品も見たかった。
 三溪園と大さん橋は少々さびしいかもしれません。

 今年は日本とブラジルの「日伯交流100周年」であり、ブラジル芸術が紹介されるイベントが多い、トリエンナーレの期間中に神奈川県教育文化センターでの美術展や東京都現代美術館のネオ・トロピカリアを見てきました。

 東京都現代美術館は夏休みの時期ジブリは見ないで、パラレルワールドを見ていました。
 トリエンナーレに行く前に現代アート勉強したかったからです。
 パラレルワールドの時はちょうど深川の祭りでした。
 ブラジルはサンパウロ・ビエンナーレで有名ですが、ネオ・トロピカリアの明るさはすばらしくトリエンナーレ終了後は絶対お勧めいたします。

 ですが私は神奈川県民文化会館で見た、日系一世が描いたという港の何でもない光景を描いた絵が一番印象に残りました。
 歳をとり「自分が働いていたところを描いておきたい」という気持ちを感じ、すばらしいと思いました。
 あの絵は本当によかった…
 
 コーヒーの神殿もよい香りだったー

 話は逸れましたが、新港ピア近くのJICA横浜の一、二階に本日まで現代ブラジルアートが数は少ないですが展示されております。
 ちょっとしたギャラリーのような雰囲気ですが少し寄るのにお勧めです。

 ブラジルの有名美術館には東京都現代美術館に行きますと、日系人が設計したものもあるということで、日系人はその芸術的才能ですばらしい活躍をしているようです。

 「サンパウロ・ビエンナーレを支える日系人」を感じました。

 あの芸術サッカーの中にも「トロピカリア」があるのかもしれません。 

 川崎だけは行けなかったのですが、日系人の力でこれだけの美術展が一年の間に開けるのですから。

 ブラジルには皇太子殿下も行かれましたしね!

 それはともかくいよいよ横浜トリエンナーレ最終日です!

 特に二回目に行かれていない方はぜひ!

 勝手応援団が叫びます。

 横浜トリエンナーレに行こう!芸術は世界を変える!
 

 
0


AutoPage最新お知らせ