X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/10/8  6:12

財政投融資と金融市場  国軍(Reichswehr)
 財政投融資関係は本日で最後にしようと思いますが、つまり「新しい財政投融資は、金融市場より公債により資金調達をする形に最終的になるであろう。」ということです。

 ですがアメリカのポート・オーソリティーにようなパブリック・オーソリティーもそうですが、公債によりすべての資金調達をしているわけではなく、やはり州などの財政からの支援を受けているのも現実です。

 公共性が高いので州や市も財政支援するのです。

 公債による資金調達ですが金融市場は広いですので、最終的に資金調達力は低下しないということではないでしょうか?
 国際金融市場に入ることで資金調達の幅も広がります。
 ですが好不況の波を受けやすい国際金融市場の影響を受けやすい・・・
 郵便貯金より大きな資金調達はできる可能性はあるものの、不確実性の多い話でもあるとように考えます。

 前回の平成不況では公共投資とセーフティーネットにより不況対策をし、規制緩和を地道に進め最終的には技術革新により不況を脱出しました。
 そのパターンは踏襲することになると考えられます。

 2008年問題と言われた国債償還も見事に終えました。

 日本郵政の行末については世論の動向もありますので何とも言えません。
 民営化(株式会社化)はしましたが、株式の100%を政府保有しているイギリスのロイヤルメール社方式がもっとも安全ではないか?と思うぐらいです。
 しかし必要な公共事業については今後も長く残ることは間違いありません。
 日本政策金融公庫を中心とした政策金融は、ますます重要になると言ってよいと思います。
 そして雇用保険事業も今後ますます重要になると考えます。

 郵政民営化により、中小企業金融がなくなったように考えておられる方が多いように思います。
 それはなくなっていないことはきちんと示しておきたいと思います。

 最終的には弱気に負けないことだと考えます!

(日本政策金融公庫)
http://www.jfc.go.jp/
 
 
0

2008/10/7  6:25

新しい財政投融資の主財源は信用の公債!  国軍(Reichswehr)
 債権の名称は制度の改正により変更されることも多いので、最終的には新しい税財政投融資の主財源は公債ということでよいのですよね?
 他に目的税などもあるようですが、主財源は政府の信用による公債ということです。
 公債発行については最終的には財務省が権限をお持ちということだと思いますので、無駄遣いがされず財政規律も高まり、一方で真に必要な公共事業はしっかり実施されるということなのだと考えられます。

 アメリカのポート・オーソリティーの場合も、歳入債と呼ばれる一種の社債が発行されますがこれも一種の公債です。
 ただし自己責任で購入するものだそうです。

 今後の財政投融資の公債については金融機関(外資も含む)が購入し、個人向け購入は今のところ考えられていないようなので、今後もあまり目につくことはないと思います。

 ゆうちょ銀行という大口引受手がいるかぎり、その枠組みは維持されるということだと考えられます。

 アメリカですと今回の金融不安で、州政府が公債を発行しても金融機関が引き受けない減少がおこっているようです。

 ですが郵政民営化によってもドイツにおいてドイツ復興金融公庫(KfW)を中心とした政府金融は生きており、ドイツ復興金融公庫債が主財源だと思いますが政府金融による各種事業が行われております。

 政府金融は中小企業への融資もありますが「しっかりと維持される」ということで間違いないと思います。

 中小企業金融や地方自治体への財政投融資も、審査は多少厳しくなってもしっかり維持されると考えて間違いないでしょう!とにかく馴染みの政府金融の窓口に行ってみられることだと考えます。

 私も融資を受けたことがないので細かいことはわからないのですが、「日本政策金融公庫」というのですね!この名称を覚えないといけないと思います!

 この政策金融公庫は大切なセーフティーネットでもあるのです!

(日本政策金融公庫)
http://www.jfc.go.jp/
 

0

2008/10/6  6:40

財投債、財投機関債、政府保証債  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 財政投融資はいずれにしても国の信用で資金調達するわけですが、財投債、財投機関債、政府保証債を発行し資金調達するそうです。
 何かの記事で、最終的には政府保証債だけになるような話を見たようにも思うのですが確認ができません。
 一種の国債なのですが、統計的には国債として出ないものであるようにも聞きました。
 
 何かややこしいですね・・・ 

 今のところ三つの原資があるということでよいようです。

 中小企業金融は無事ということですね。

 地方公共団体にまわる資金もあり大丈夫なようです。

(近畿財務局) 
http://www.mof-kinki.go.jp/175.html

(ファイナンシャル・アーティスト・アカデミー株式会社) 
http://www.findai.com/yogo/0070.htm
0

2008/10/5  10:53

両大統領候補の力でアメリカ金融法案成立!  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 ブッシュ大統領の落日を感じてしまいました。
 下院でアメリカ金融法案が圧倒的多数で成立したものの、ブッシュ大統領の強いプッシュで否決されました。
 むしろ上院でマケイン、オバマ両大統領候補が賛成票を投じたことにより、下院も賛成にまわったように思いました。

 マケイン候補は当初高齢が心配されましたが、ペイリン副大統領候補が女性で若く虚栄心も少ないことによりその心配は払拭されました。

 オバマ陣営のバイデン副大統領候補が心配されます。
 ペイリン氏の地元アラスカ州の天然ガスが日本に輸出されていることをとりあげ、「アメリカのエネルギー需給が苦しい中で、アラスカ州の天然ガスはアメリカ人に優先的にまわすべきであり日本に輸出するべきではない」と言ったと伝えられるからです。

 民主党はケネディ大統領以降は親日派であり、「大西洋の安全はイギリスとの同盟で、太平洋の安全は日本との同盟で」という考え方をとってきております。
 
 しかし伝統的な反日政策をとる方も少なくなく心配です。

 共和党は伝統的に親日と言われます。

 ところで日英同盟は破棄されておりますが日英友好もきわめて重要であり、それを中間で調整するのがアメリカの役割になっております。
 そのアメリカに反日政権ができると、日英友好がうまくいかなくなってしまうのです。
 アメリカに反日政権ができることは日本にとって恐怖なのです。

 日本は経済友好関係を組む国とは租税条約を結んでおり、イギリスとは日英租税条約を結んでおります。
 この租税条約を日本と組むネットワークが日本経済を守ります。
 アメリカとも日米租税条約をもちろん結んでおります。

 この租税条約は第一次世界大戦で英仏を結びつけた「英仏協商」にも近い条約に感じられ、「経済同盟により民族・軍事対立を克服する」という考え方があると感じられます。
 アメリカも日本と日米租税条約を結んでいる以上、「日本を亡ぼそう」などという考え方はできないはずなのです。
 そのあたりが、アメリカが孤立主義をとっていた第二次世界大戦前の日米関係とは決定的に異なるはずなのです。
 なのになぜ再び日本敵視の言動を民主党はしだしておられるのでしょうか?
 反日運動は「一部の意見」であることを信じたいと思います。

 金融法案は成立しましたが、アメリカ国民には金融機関への強い不満があり運用は厳しくせざるえないと考えます。

 ところで私の母校があります東松山市の社会福祉協会が、リーマン・ブラザーズは発行した社債一億円分を所有していると報じられました。
 担保がなく焦げ付く可能性が高いとのことです。
 実際の運用のアドバイスをしているのは、地銀か投資コンサルタントであると考えられます。
 日本の地銀はリーマン・ブラザーズの社債を大量保有しているところも少なくないと言われ、日本にも金融不安の可能性がまだあります。
 まったくとんでもないアメリカ金融会社の経営失敗だと思います。
 日本の金融機関に何も出てこないのは不気味に感じられます。

 日本の財政投融資は今後政府保証債を発行し維持されるようです。
 政府保証債も政府信用によるものとはいえ国際ではあります。
 無駄を排除しつつも必要な道路や公共事業は行われると言えます。

 ですので日本の政府金融での中小企業金融の維持と、必要な公共事業は何とか維持されると思います。
 しかし郵便局による預貯金を集めるシステムは捨て難いとも感じます。

 ともあれドイツ復興金融公庫やアメリカ輸出入銀行のように、どの国でも政府金融はありますのでその点に破綻はないと思います。

 「すべて民間にしろ!」という議論を逃れれば大丈夫だと思います。

 雇用保険による助成金も大丈夫だと思われますので、中小企業がバタバタ倒れるような事態は避けられると信じます。

 政府保証債による政府系金融の運営により、大きな破綻は避けられると信じます!
 
0

2008/10/5  10:28

セーフティーネットに変えました  国軍(Reichswehr)
 社会政策のカテゴリーをセーフティーネットに変更しました。

 金子勝先生の著書を見ますと、ヒューマンセキュリティーとほぼ同じ意味でセーフティーネットを使っておられるようです。

 「社会政策の重視」は日本経済学の戦前からの伝統の一つでもあります。

 ともあれ一種の流行語ということでしょうか?

 広めてみたいと思いました。
0


AutoPage最新お知らせ