X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/10/19  7:15

昨日の報道特捜プロジェクトは?  国軍
 昨日の日本テレビの報道特捜プロジェクトで雇用促進住宅についてとりあげられたそうですが、どのような内容だったのでしょうか?

 だいたいの内容は推定されますが、現在金融機関を中心とする業者に委託され売却へと動いております。

 ですが居住されている方が多く代わりの住居を保障しなくてはなりません。
 国の資産は現在使用中のものが大半でそこが大変問題のところです。

 売却の方向性なので特に私も宣伝に協力しようとも思わなかったのですが、流れがかわりつつあるのでしょうか?

 かつてこの問題を「作りすぎの無駄遣い」で取り上げたのは社会民主党でしたが、今は社会民主党と共産党を中心に「貧しい方や若い方に住居を」ということで廃止に反対しております。
 
 場所によって人気のあるところもないところがあります。
 
 「労働者住宅」として使われているのが現状で、老朽化が進んでいる現状もありどうなるかというところです。

 でもネットを見ても廃止への反発はすごいものです。

 若年者や高齢者の住宅問題もこれから出てくると思います。

 御興味のある方はこちらでございます。

 自民党もベテラン議員ほど「自民党の弱点は社会福祉と労働問題」と感じておられるはずで、民主党も同様だと思います。

 「労働問題重視派」を中傷している方もおられましたが、まったくお門違いだと私は思います。

 「勤労者にやさしい政治」に保守もリベラルもないと私は思います。

 細田博之先生の父君の故細田吉蔵先生(2007年2月11日死去)は国鉄改革で辣腕を振るわれた方、決して「無駄容認」の議論ではなく「廃止は労働行政をよい方向にすことにつながらない」ということだと思います。

 自民党にも労働行政に熱心な方はおられます。

 本来の方向性に戻りつつあるということではないでしょうか?

 とにかく原則として個人中傷はいけないと思います。

(財団法人雇用振興協会)
http://www.e-d-a.or.jp/cgi-bin/index.html
0

2008/10/18  10:43

アメリカは金融支援をいつ実行するのでしょうか?  社会的市場経済
 アメリカの大統領選は「国防のマケイン」対「経済のオバマ」になりつつあります。

 今は経済問題があまりに大きな問題なのでオバマ氏有利です。
 
 しかし民主党の「反日勢力」の存在は不安ではあります。

 父親のブッシュ大統領の時代も反日はありましたが、クエール副大統領を中心に「行き過ぎた反日政策」への疑問もあり極端にはなりませんでした。
 アメリカでは冷戦後に「マルクス経済学ブーム」がおこりました。
 そういった中で突然出てきたのが「グローバルスタンダード」でした。
 あの考え方には明らかにマルクス主義の影響が見られます。
 民主党の政策が新自由主義であり、むしろそれができたがゆえに出てきたのが共和党の新保守主義であったのです。
 民主党が「経済中心」であったのに対し共和党は「軍事中心」の違いがあります。

 ヨーロッパは社会主義の中心地ですから、「グローバルスタンダード」の中に「社会主義をアメリカ中心主義で解釈した危険思想」を見たわけです。
 そしてそれは当たっておりました。

 多くの日本人は「グローバルスタンダード」の中に「危険なインターナショナリズム」を見ていないのです。

 北海道洞爺湖サミットをはじめとする国際会議において、アメリカ民主党を中心とした「グローバルスタンダード」は否定され、「グローバルパートナーシップ」へと変更されてきました。

 今回の金融危機でも「グローバルパートナーシップ」の精神は活かされているのです。

 「グローバルパートナーシップ」を確認したからこそ、私は北海道洞爺湖サミットを大成功と見たわけです。

 アメリカの金融機関は「背に腹は変えられない」として公的資金注入に賛成しましたが、注入されれば「金融機関の経営責任」が厳しく追求されます。
 それが嫌で公的資金注入に対し抵抗しているのではないでしょうか?
 この期に及んで「市場万能主義」で抵抗しているのかもしれません。
 大変なジレンマなのでしょう。しかし時間はあまりないと思います。

 中世からの伝統を持つ欧米の金融機関の「古きよき伝統」は健在であり、今後は「堅実な伝統」へと戻ると思います。

 ブッシュ大統領はグリーン・スパン前FRB議長を中心に、金融政策に関しては前民主党政権の考え方を踏襲したわけです。結果としてそれが大失敗であったわけです。

 今の状況下で公的支援を先送りすることは、共和党のマケイン候補を不利な状況を作るのみならず共和党の歴史的敗北を予感させるのです。

 民主党にとっては圧倒的に有利な状況と言えるのでしょう。

 アメリカ共和党は自分の首を絞めてしまっているわけです。
 
 金融支援策は「金融機関が堅実な伝統へと戻るための資金」となります。

 アメリカ共和党が大統領選にまだ勝つつもりがあるのなら、早急に実行すべきなのではないでしょうか?

 民主党政権が誕生すればしばらくまた先送りになります。

 今の共和党政権で実行するしかないと私は思います。

 

 
0

2008/10/16  6:28

トン数標準税制が導入されなぜ海運株が下がる?  社会的市場経済
 昨日の日経平均株価は土壇場で上昇に転じましたが、昼休みに「海運株が大幅に下がった。」というニュースを見かけました。
 見ますと世界中に物流施設を建設している会社の株価も下落していました。

 「ちょっと不思議だなあー」と思いました。

 バルチック海運指数が下がったことが原因のようですが、それにしても急に落ちすぎで驚きました。

 それにしてもサッカー日本代表はオフェンスが弱いなあー、ウズベキスタンにホームで勝てないのでは・・・オフェンスも大事ですよ。

 今年「トン数標準税制」と言われるトン数を基準とした国際標準税制が日本で実施され、一般大学卒の船員候補を募り船員養成にも乗り出した段階です。国土交通省が中心ですがこちらも一種の日本版デュアルシステムなのです。

 それに日本は国際貨物のほぼ100%を海運に頼っており、そう簡単に海運の地位が揺らぐということはないと思います。

 たしかにチャートを見ますと急に落ちていますが、あまりにも極端なような気がしました。

 かつて日本は北米一辺倒でしたが、今は中国やインド、アフリカにまで大きな国際市場に支えられる体制に変わりつつあります。

 もちろん今後もアメリカが大切なことは言うまでもありませんが、急に世界中の海から船がいなくなるようなことはありません。

 あと米株が下がったからといって、日本株も下がらなくてはならないという道理もありません。

 相場についてはあまりよくわかりませんし「空気」も大きいのでしょうが、「適切な活気」を取り戻しほどほどのところまで株価を戻してほしいと思います。

 そうすれば「空気」も変わり中小企業に融資が行くようになると考えます。

 日本の金融は機能不全に陥っておりませんし、国際的にも大恐慌のような状態にはなっておりません。

 「お先真っ暗」の状態ではないと考えます。
0

2008/10/15  6:30

日本は商工業中心の繁栄  社会的市場経済
 昨日のNHKニュースで商工会議所に寄せられる中小企業の相談について取り上げられておりましたが、やはり日本の場合は商工業中心ですよね。

 ものづくりも商売にならなくてはたまりませんが、世界では「ものづくり日本」はそれなりに定着したイメージのようです。
 ただ・・・世界の主要各国はそれぞれものづくりに力を入れており日本だけが特別というわけではありません。

 以前労働経済学者の書いた記事を見まして、日本の雇用の7割は中小企業によって支えられており、その多くがものづくり関係であるということでした。それだからこそ日本はものづくりに力を入れるわけです。

 マスメディアに出る人は金融関係者が多く、どうしても金融中心の考え方をしてしまいます。
 しかし金融経済の信用を支えるのは最終的には実体経済であるはずなのです。

 農林水産業もありますが商工業が大切なところだと思います。

 商工業には現在において資金が円滑にまわらない問題がありますが、原油も穀物も下がりつつあり円高も直りつつある状況であり、そのあたりを中心とすれば充分経済に展望が持てるような気がします。

 しかし中小商工業者の大半は株を公開していないのですよね(笑)、よって日経平均株価は経済の実態を正確にあらわすものではないのです。

 金融は商工業がなければ存在せず実体経済の信用を支えるのは商工業です。

 金融市場の過熱は困りますが、とりあえず平均株価が1万2千円あたりまで回復すればよいと思います。

 うまくいくかな?いくとよいですね♪
 
0

2008/10/14  6:31

横浜ベイスターズの個人タイトルは花盛り!  心気体(フィットネス)
 今日は株価も明るい見通しがありますしこれといって何もありません。

 ベイスターズも内川聖一選手が首位打者(.378)、最多安打(189)、最多出塁率(.416)の結果を残し、村田修一選手が本塁打王(46本塁打 二年連続)でタイトルラッシュとなりました。

 タイトルは本塁打王と首位打者のようですが、かえってチームが振るわなかったぶん個人記録には集中できたのかもしれません。

 フロントも監督も反省がなく、選手にすべての責任を押し付ける今の球団体質の中これだけの結果を残せたのは驚嘆に値します。

 来年はどうなるのでしょうか?チームが勝ってほしいと思います!

 でもそれでもおめでとうですね♪
0


AutoPage最新お知らせ