X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/9/14  11:59

故小渕恵三首相の残されたことば  人間開発(Human Development)
 人間の安全保障(ヒューマンセキュリティー)ということばは、別に与野党問わず人類普遍のであると思います。

 貧困問題でとりあげられることが多いのですが、先進国の貧困問題もまた深刻なのです。
 システムが崩壊すればはっきり目に見える形であらわれるのです。
 アマルティア・セン博士の「貧困の克服-アジア発展の鍵は何か-」をはじめ、セン博士は著者で平成10年(1998年)に東京でで開催された「アジアを創る知的対話」での故小渕恵三首相の演説を紹介しておられます。

 それはこのような演説でした!

 「人間は生存を脅かされたり、尊厳を冒されることなく創造的な生活を営むべき存在であると信じています。「人間の安全保障」とは、比較的新しい言葉ですが、私はこれを、人間の生活、生存、尊厳を脅かすあらゆる種類の脅威を包括的に捉え、これらに対する取り組みを強化するという考え方であると理解しております。」

ということばを残されたのです。

 外務省サイトに全文が掲載されておりました。
 財団法人日本国際交流センター(JCIE)においても紹介され、出版物が今でも発行されているようです。

 この時代に職業大の先生が大勢海外支援に指導員として旅立たれました。
 私のしごと館の準備が本格化したのもこの時代でした。
 小渕恵三首相が残された新しい首相官邸も当時は贅沢とか言われましたが、今はその官邸機能強化の成果を批判する声など何もありません。
 そのガラス張りの水晶宮のような建物は、「ガラス張りの政治」もしくは「透明性の高い政治」を象徴し、高い「憲政の理想」が掲げられました。
 旧首相官邸も首相公邸として保存されました。
 
 また同じ演説で、「ソーシャルセーフティーネット」(社会安全ネット)についても取り上げられております。

 当時アジアは経済危機で破滅寸前だったのです。

 日本はアジア全体への支援を苦しい財政状態の中続けておりました。

 そしてそれはアジア貿易が日米貿易と並ぶ新たな柱となる基盤となりました。

 中国は豪華な五輪を開ける超大国への道を歩みだしました。

 2010年には上海万博があり2012年には韓国で麗水万博が開催されます。

 「アジアの人権と民主化の問題」は重い課題として残っておりますが、日本の蒔いた種は実を結びだしているのです。

 職業キャリア教育は「新しい終身雇用システム」を用意し、職業大はそれを実現する職業訓練指導員を用意するのです。

 ヒューマンセキュリティーは、日本伝統の価値観の一つである「救民」ということばでもあらわされると思います。

 「社会安全ネットがどのような形が適正か?」という議論はあると思います。

 しかしそれを破壊することは国民の一部過激な方を除けば誰もが望んでおりませんし、それがすべて民営化されることも望んでおりません。

 「公共は原則無料、民間は原則有料」・・・その違いは誰でもわかることであり、貧しい方は生活上も困る事態であることもわかるからです。

 そういうわけか新聞やメディアは、この新しい価値観を広げることを極度に嫌っております。

 アメリカでもこの価値観は多くの方に受け入れられております。
 日本が変な政策を行うたびに日本の国の格付けが下がり、国際等がたびたび発展登場国以下にされていることを多くの方が気がついております。

 経済は循環しておりますが、その核の一つを安易に無駄遣い扱いしてはならないと思います。

 故小渕恵三首相は古い政治家の代表のように言われますが、むしろその温厚な性格で新しい時代を用意されたのではないでしょうか?

 民主党の「生活者重視」もまた、「ヒューマンセキュリティー」と強く結びついているからです!

 これからはヒューマンセキュリティーの時代ではないでしょうか?

(アジアの明日を創る知的対話 小渕恵三首相演説 平成10年2月2日)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/10/eos_1202.html

(財団法人日本国際交流センター訳文・・・内容は同じですがなつかしい顔写真があります。こう見るとやはり首相にふさわしい迫力がおありだったのですね。)
http://www.jcie.or.jp/japan/gt/n99/atb/4obuchi.htm
0


AutoPage最新お知らせ