X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/9/10  6:07

中日新聞の社説につきまして!  国軍(Reichswehr)
 雇用・能力開発機構の存廃問題ですが、8/29(金)の社説において毎日新聞とは多少問題意識が違うのですが反対の社説を掲載しております。
 こちらは「地方経済振興の立場として反対する」というスタンスです。

 御存知の方も多いと思いますが、中日新聞は北海道新聞や東京新聞、神戸新聞等を傘下に持ち、その総部数は読売、朝日にに継ぐものがあります。
 傘下の新聞は続いておりませんが、「ものづくりの中京」であればこそ出てきた世論だと思います。
 ネットでも反対意見が沸騰しておりますが、ありがたい世論をいただいていると思います。
 今週のAERAが廃止議論を展開していましたが、まああのお方の記事ですからね・・・あきれた・・・

 勤労者福祉施設については時代の流れというところでしょう・・・今でも公共の宿はたくさんありますが少し行き過ぎがあったということでしょう。
 「勤労者のための西洋風スパ」は、イギリスやハンガリーあたりの温泉地が思い浮かびますが悪くはなかったと思います。 

 職業キャリア教育においては、大学全入時代において受験指導にかわる新しい教育論でありこちらはこれからでしょう。
 学校の先生も盛んに研究論文を発表されておりますが、少子化の時代においてますます重要性が認識されてくると思います。
 逆になおざりにすると危ないと思います。

 フランスの失業率が10%を割りました、若年者はわかりませんがパリ郊外のフランス科学産業都市(ラ・ヴィレット)に職業都市を作り職業キャリア教育に力を入れております。
 最近は若者の暴動の話も聞きません。
 先進国は共通の課題として職業キャリア教育に力を入れており、あらゆる社会問題解消につながることが認識されております。
 遅れていられる状況ではないのです。
 私のしごと館(当時は勤労体験プラザ)設立において、NHKの委員の方がどうこうという話がありましたが、別に職業キャリア教育推進に賛成、反対の意見があり、賛成意見を言って悪ではありませんし、それによりNHKグループが独占的利益を得たわけでもありません。
 こちらもバランスを心がけていますし、NHKグループも叩かれるような欲の皮の突っ張ったことをする集団でもありません。
 むしろ他の業者が別のところでトラブルをおこしていることがあり、そっちの方が心配でした。
 こちらのブログに、「表で派手に騒いでいる連中は真の情報源ではない」という情報も寄せられているのですが・・・東京新聞が最初に取り上げたあたり・・・「あいつらかな?」とは最初思いましたよ、今は疑っておりませんが(苦笑)

 国民のための能力開発、そしてそれを実施するための師範(職業訓練指導員)を育てる職業大が必要であることは言うまでもありません。

 ところで、私のしごと館における資料映像において一番の労作の一つのリンクを貼らせていただきます。
 このシリーズたしか4作ぐらいは作れるはずだったのですが、映像化に成功したのはたしかこれだけでした。
 もし4作成功すれば今井正監督の「橋のない川」に匹敵する映像史上に功績であったと思います。
 一作でもよくできたと思います。
 他にも私の時代ではないかもしれませんが、皮革関係等の仕事は取り上げております。
 そのせつは関係機関に御協力いただきありがとうございました。
 前線にあまり出ない私でしたが本当に感謝いたします。
 今なら「やめましょう」かもしれません。
 「製革工」で取材した会社は軍靴を製造する流れを汲む会社です。

 こういったことは公共機関の権威がなければできないと思います。

 もちろん私のしごと館は職業キャリア教育が目的で、それ以上もそれ以下もありませんが、職業キャリア教育にはこのようなこともあるのです。
 海外では尊敬されても日本ではそう見られない職業は今でも多いのです・・・
 
 そしてそれが、日本のその分野での産業発展を妨げる要因にもなっているのです・・・

(中日新聞 8/29(金)社説 「雇用開発機構「解体」ありきは危うい」)
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2008082902000093.html

(しごとライブラリー 「製革工」)
http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/kekka?searchcmnd=%C0%BD%B3%D7%B9%A9&srch.x=17&srch.y=9&previousCategoryDiv=5&kmode=1&bunrui=1
 
 
0


AutoPage最新お知らせ