X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLダイアリーで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (来々2030年)札幌五輪。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成30年標語)「今日の汗 明日の笑顔の 架け橋に」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/8/19  22:03

雇用・能力開発機構解体報道の怪  国防
 それにしても奇妙ですね・・・こちらも情報が錯綜しておりはっきりいって実態がよくわからないのですが、e-Govでは行政改革担当大臣の会見からは何も出ていないので、厚生労働大臣の会見から見たのですが来年カレッジがなくなるとかそのようなことはないようです。

 雇用・能力開発機構の解体という話は一つもありません。

 厚生労働大臣の「要するに例の改革ですね」とは何を意味しておられるのか?少し気にはなりますが、私のしごと館については包括的民間委託契約をすでにしているので、その結果を見て判断するという方針に変わりはないようです。
 
 契約期間は2年ですのでそのままいくということでしょう!
 
 職業大学については何もありませんでした!

 現行政改革担当大臣が、前大臣からの引継事項として言っているだけではないでしょうか?

 昨年の有識者会議では雇用・能力開発機構についてはそもそも何もなく、大臣判断として出てきているわけです。
 9月3日(水)までに改革案を行政改革側が提出するとしまして、有識者会議がどのようなことを仰るのか・・・
 委員も簡単に首を縦にふるわけでもないので、様子を見たいと思います。
 私も憶測でいろいろ書いてしまったのですが、現在、他に山積する問題もありこちらの関係がメインということはないように思います。

 10月生は募集しておりますし、すでに来年4月生も決まりだしております。

 「こちらとしても全力を尽くしますので安心してきてください!」としか言いようがありません。

 ところで厚生行政関係ですが、憶測でいろいろ書いてしまい関係者には大変申し訳ないことをいたしました。

 どうぞお許しください。

 ですが、医療制度、健康保険、介護保険、年金等でいろいろあることは事実ではあるのです。

 特に介護保険につきましては、週刊新潮の櫻井よし子さんが書いておられる「あえて言う 後期高齢者医療制度は絶対に必要だ」の7月24日号の第4回において、元厚生成労働大臣の尾辻秀久参議院議員も「合理的な欧州方式への見直しが必要ではないか?」という趣旨の発言をされておられます。
 財源が有限である以上何かしら対策はとらねばならないのです。
 ヒューマンセキュリティーが大切にしながらも、ミクロではなくマクロで見る状況にきてはいるのです。

 うちの法人も私が入った時代と比べる千人以上人が減りました。

 IT化が訓練科の統廃合等で対応しているのが現実です。

 少子化で新兵が少ないので不況が来たら大変です。
 平成不況でどこかしら体を壊している人が多いですからね・・・

 不安は払拭されないと思いますので、畏れ多いのですが3つほど会見のリンクを貼らせていただきました。

 この会見を見ていただければ、おかしな話ではないと思います。

 むしろ福田総理は7月中に「5つの安心プラン」を厚生労働省にまとめさせ、それを実行に移すため「厚生労働行政在り方懇談会(仮称)では私が直々に議長をする!」という意気込みなのではないでしょうか?
 その話で「そういえば雇用・能力開発機構があったな早く片付けてくれ」のような話が、「廃止する」になってしまっているのではないでしょうか?
 ともあれ学生や訓練生の方の未来がありますので、「全力を尽くします」としか個人では言いようがないのではないでしょうか?
 はなはだ心許なく歯切れも悪いですが、ここで終わらせていただきます。

(8月5日(火)厚生労働大臣記者会見概要)
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2008/08/k0805.html

(8月15日(金)厚生労働大臣記者会見概要)
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2008/08/k0815.html

(8月14日(木)厚生労働事務次官記者会見概要)
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/jikan/2008/08/k0814.html
0

2008/8/19  5:43

とんだお盆休みで・・・  適当(エッセイ)
 昨日までお盆休みだったのですが、クリスマスの時期といい何かとんでもない感じでした。休暇に入る時期に何かやるのが好きなようですね。
 独断論はたしかにすっきりしていますが実証されねばならないと思います。

 ですが行政改革担当大臣のインタビューの元がまだe-Govに出ていないので何とも言えません。
 現在掲載されているインタビューの大半は大臣の地元の足利銀行の話であり、公務員制度改革についてわずかに触れられているにすぎません。

 はてさて・・・

 元々私のしごと館については「批判の元となっている情報が誤っているのではないか?」と思いも強く、実際はっきり記事内容の誤りが指摘できるものがたくさんあります。守秘義務があるので具体的に書けないのですが、ヒントを出して「公開情報で調べられる」とは書いたと思います。
 別におかしな憶測はしないでも設置経過もあちこちに書いてありますので、公共施設の設置としてはオーソドックスな話だと思います。
 とはいえ・・・ぼんやりとした案が出てから20年で具体案が出てからも15年、開館してからも5年以上で今更という気がします。
 その間100万人をはるかにこえるサービス利用者がおり、「俺は利用しないから必要ない」は批判理由にも何にもならないのです。

 今労働問題は「心の問題」が大きな比重を占めつつあります。
 新たな問題に対決する難しさはあります。
 しかし何もやらないで手をこまねいて、「昔はこうじゃなかった」と繰言を言うよりましではないでしょうか?
 
 諸外国でもおこっている労働問題に対決しているだけなのです。
0


AutoPage最新お知らせ