X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/6/17  23:45

日台国境紛争寸前で回避  進歩主義(progressive)
 実は沖縄県で実施されるG8科学技術大臣会合の記事を書こうと思い資料を見ておりましたら、沖縄県の新聞がただならぬ雰囲気だったのです。
 国際会議が終わるまでは記事を書くのを控えておりました。

 遊漁船にしても国境侵犯して不審な行動をとればスパイ船と見られて仕方なく、逮捕を拒否すれば撃沈もやむを得ないところもあったと思います。
 特に海上保安庁に落度があったわけではないと思います。

 それよりも、台湾国巡視船が民間船を盾にするような形で9隻も国境侵犯したことが問題だと思います。
 これについては台湾国側に謝罪を求めるべきだと思います。

 今回は残念な事件でしたが、遊漁船を早く引き揚げ事件の真相を究明すると共に犠牲者の遺骨返還を台湾国の遺族にしなければならないと思います。
 台湾国も真相のはっきりしない段階で、日本の海上保安官を台湾国の裁判所に告訴したことは国際礼儀から言えば最低であり、予定の行動でそもそも真相究明するつもりがなかったと思われても仕方がありません。
 
 日本の台湾駐在外交官と台湾国外務大臣が話し合い衝突は回避されましたが、危うく戦争になるところでした。
 戦争にならなかったのは幸運なことであったと思います。

 本日の横浜は少々険悪な雰囲気があったような気がいたしました。
 台湾や中国よりも日本の方がはるかに険悪な雰囲気です。
 マスコミはつとめて尖閣問題を報道しない大本営発表に終始しております。
 うかつに大々的に報道してしまうと何がおこるかわからないからです。
 今の日本人の漢族への不満はおそらく漢族の想像を超えます。

 台湾国の馬英九総統は横浜市大の名誉学位をお持ちであり日本との関係を重視しておりますが、今回いまだに国民党に巣食う反日中華民族主義者が強引に騒ぎを大きくした気がしてなりません。
 誤ったあちら側の歴史教育も問題ですが、もう尖閣油田は試掘権を民間企業に与えるばかりになっておりもはや時計を逆戻りさせることはできないと思います。
 それよりも話し合いで互いの利益を考えた方よいと思います。
 もはや台湾国も中国も尖閣諸島の領有権を主張する段階を過ぎているのです。
 
 馬英九総統はカヤの外で騒ぎが進んでおり、台湾民主主義の危機と理解しております。
 匿名世界は無責任な情報が乱れとぶので、台湾国世論もしばらくすれば沈静化すると思います。
 中国は今回無関係だと思いますし、尖閣油田の日中中間線から中国側の日中共同開発が決まったところで騒ぎを起こすのは、日本と誠意のない交渉をしていたと思われて仕方ないと思います。
 ともあれ外交ルートを再び開いていただかないと話し合いができないので、特使を互いに派遣するような形になると思いますが、台湾国を独立国として扱うしかこの場合方法はないと思います。
 外交文書を交わすことができないからです。
 国境侵犯をしたのは台湾国側なので何とかあちらから折れてほしいと思います。
 それにしても危ないところでした。
0

2008/6/17  6:40

台湾国の国境侵犯船を撃退・・・  進歩主義(progressive)
 何とも奇妙な光景でした。
 国境侵犯船の活動家の船を、台湾国巡視船が護衛する形で日本領に入りました。
 先日の遊漁船も尖閣諸島周辺でスパイ船と思われる不審な行動をとり、結果として撃沈されたわけですが自沈の可能性もあり船体を引き揚げる必要があるかもしれません。
 かねてから一部の中華民族主義者の領土的野心は知られていましたが、台湾国政府がそれをあからさまに容認することはありませんでした。

 あくまで「裏で支援する」形でした。

 結果として撃退できたようですが、今後台湾国巡視船が同様の行動をとった場合次は撃ち合いになるかもしれません。
 ですが台湾国はすでに民主主義国であり、国民も自国民の犠牲者が出たことは怒っているものの、この政治劇を苦々しく考えている集団もいるわけです。
 ちょうどよい機会ですので、与那国島の空の使用権を台湾国から返還していただければよいと思います。
 ともあれ侵略目的の外国船を撃退できて幸いでした!
0


AutoPage最新お知らせ