X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/5/29  6:04

アフリカ人は約10億人!  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 昨日も少々みなとみらいを歩いてみました。
 会場周辺はアフリカ人の方が大勢おられてとても国際色豊かでした。
 女性スタッフも大勢来ておられて男性スタッフも真面目にやるしかなさそうです。
 アフリカ人男性も恐妻家が多いのかな?
 日本人の会議関係者もよい雰囲気なようで何やら楽しそうでした。
 それにしても21世紀の世界の港には、アフリカ人が大勢活躍するのかもしれません。
 アフリカ人の方と大勢すれ違いながら、「21世紀中頃の横浜港の風景はこのような感じになるのかもしれない」と思いました。
 アフリカ人は黒人と白人を中心に、大陸全体で約10億人もおられるのです。
 本当に可能性だらけのアフリカ大陸だと思います。

 昨日の天気予報は曇りで実際朝は曇っていましたが、会議開催の時間にあわせたかのように9時頃に晴れ渡り、天の日の丸も日本とアフリカの将来を祝福しているかのようでした。

 今日は雨ですが、議論を深めてゆくにはよいお天気だと思います。
 曇りの港もターナーの絵のようできれいですからね。
 暑過ぎず寒過ぎずよいのではないでしょうか?

 新聞やテレビ、ヤフーでも大きく取り上げていただき、「この数日間アフリカについて皆で考えてみよう」とNHKなどでも取り上げていただき本当によかったと思います。

 山下公園通りの、アフリカをイメージした「アフリカン・イルミネーション」をゆっくり歩いてみました。

 幻想的で美しい風景でした。

 会場のパシフィコ横浜のそばの臨港パークには、「フルーツ・ツリー」という彫刻があります。
 平成13年の横浜トリエンナーレに出品された韓国の芸術家チェ・ジョンファさんの作品です。
 大きな果物がたくさんついたカラフルなとても不思議な木です。
 このフルーツ・ツリーは平和と豊穣への祈りを込めた作品だそうです。
 「この木のようなたくさんの大きな果実が、この横浜のアフリカ開発会議から実ってほしいものだなあ」と思いました。
 アフリカン・フェアもさらに盛況になってほしいと思います。

 アフリカの世界を動かす有識者も大勢来日しておられます。
 あと2日なのが残念ですが、本当に実り多い会議になりますように。
 横浜でもこのような大きな国際会議はしばらくないと思いますので。

 やはり「経済発展、社会発展、環境保護」の三要素ですよね!

 もうじき6月2日(月)は横浜開港記念日です。

 横浜開港149周年はまさに「アフリカ開発会議の年」となりました!



(横浜市西区ホームページ 臨港パーク チェ・ジョンファ作 『フルーツ・ツリー』)

 http://www.city.yokohama.jp/me/nishi/midokoro/sozoro/sozoro59.html

(アフリカン・フェア2008 無料) 

 http://www.jetro.go.jp/bizafrica/africanfair/

 
0


AutoPage最新お知らせ