X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/4/21  5:52

第一次ベビーブーム世代は今必ずしも多数派ではない・・・  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 最近人口構成比の統計を見ながら少々常識とおかしいことに気がつきました。
 それは第一次ベビーブーム世代が人口構成からいって多いことは多いのですが、圧倒的多数派ではなくなってきている事実です。
 たしかに戦後すぐ出生率は長年の戦時体制から解き放たれ爆発的に上がりました。しかし当時は医療状態が悪く子供の死亡率も高かったし、長年の自然死等により少しづつ減少が続き、今おそらく人口構成上で中心になっているのは第二次ベビーブーム世代(高度成長世代)なのです。
 第二次ベビーブーム世代は狭く見るか広く見るかで議論がありますが、高度成長時代に生まれた人たちと考えて間違いないと思います。
 これは第二次ベビーブーム世代は元気なうちは、まだ財政や福祉も容易に破綻しないということを意味します。
 しかし第一次ベビーブーム世代は壮年期に高度成長時代に恵まれ、右肩上がりに恵まれたのに対し、第二次ベビーブーム世代は平成不況に見舞われ30代になった今でも定職につけず家族も持てない状況の人も少なくないのです。

 これは次の世代が少子化世代であることを考えると、財政や福祉的にも危機的状況と言えるでしょう。だからこそ若年者問題・・・特に世帯主となる男性問題が大きいのです。

 もう彼らも若年者とは言えない年齢にきております。
 フリーター数を画期的に減らさないと将来大変なことになります。

 財政状態が今危機的となったのは、長年にわたり景気刺激策として行われた所得税減税にあると言われます。私も広く見ると第二次ベビーブーム世代なのですが、少子化世代が壮年になる前に財政や年金が安定しないと大変なような気がします。

 日中戦争(支那事変)がはじまるまでは出生率が高く、全体としては日中戦争(支那事変)当時に生まれた世代だけが少なくて、後は第一次ベビーブーム世代がほんの少し多く、自然に大正時代生まれまで下がっていく自然な老人(失礼!)人口比になっております。

 第二次ベビーブーム世代が元気なうちは財政も社会保障も容易に崩れませんので、自殺したり死に急ぐことはないと思います。

 むしろ恒久的に安定する雇用状態を作るため、若年者問題(第二次ベビーブーム世代も壮年になるつつありますが)にきっちり対応することが急務であるということになります。

 第二次ベビーブーム世代が働きすぎ精神や体を病む人が増えておりますが、最終的にこのような状態が続けば最終的にもっとも悲惨な状態になるのは、今経営者である世代の第一次ベビーブーム世代になるということをそろそろ理解してもよいと思います。

 莫大な財政赤字と社会保障の破綻寸前の状態、この負担の多くは第二次ベビーブーム世代が背負い、それが成功すれば第一次ベビーブーム世代は老年にありリストラに見舞われた人は大変でしたが、「最も恵まれた世代」として豊かな老後が待っていると予想されるのです。

 だから私は老人にしかお金がいかない年金より、少子化問題にも使える社会税のようなものがよいのではないか?生活を豊かにすることにも使える総合社会税のようなものがよいのではないか?と空想してしまうのです。

 世代間は助け合いであり官民協調が必要です。
 どこかの世代が特別で他の世代は特別ではないという変な意識は捨てることが、最終的に自分に利益が還ってくる原点なのです。

 今もっとも重要なのは若年者問題としか私にはどうしても考えられないのです。

 私のしごと館の流すジョブジョブワールドの職業教育情報が、長い非正規雇用生活や未就労状態をされて苦しんでいる方にも見られて、少しでも状況が改善されればよいと思います。(左にリンクがあります。)
 
 こういうことなので、多くの人に私のしごと館が無駄と言われてもそうは思えないのです。
 市場経済に反するので若年者対策や失業対策は不必要などという人は、「若年者のためにはお金を使わず自分達だけがよければよい、後は野となれ山となれ」と言う無責任で投げやりな議論にしか見えないのです。職業意識を向上させかつてのように完全失業率3%以内をめざすべきだと思います。



 
 
0

2008/4/20  15:22

平城遷都の「せんとくん」は「祈念キャラクター」なのかな?  文化国家(Kulturstaat)
 本当に「せんとくん」を見ておりますと、やはりこの作品は薮内佐斗司先生の神仏に祈った祈念の気持ちが、このような超自然的なキャラクターに結びついた気がします。
 横浜の「たねまる」の新芽が入ってそれが横浜のYの形となっており、「祈念」の気持ちがこめられているように思うのです。
 「記念祭は祈念祭でもあるのではないか?」と思います。
 市民の未来への祈りが形となるのが記念祭(祈念祭)でもあると思うのです。

 おそらく新キャラクターができても、それは薮内佐斗司先生ほどの祈念は込められないように思います。
 あれはまさに「超自然的キャラクター」だと思います。

 「たねまる」に込められた祈念も決して負けるはおりませんが、一流芸術家の作品に勝てるのか本当に心配です。

 私の考えた「怪物童子」が通るわけなどないのですが、「せんとくん」の決定は本当によかったと思います。
 「平城京のせんとくん」として、これから大いに活躍してほしいと思います。
 横浜も負けないぞ!

 キャラクターにこだわるより、記念デザインに力を入れた方がよいように思います。
 記念祭にあわせてロゴの変更や商店街のイメージデザインを作る方が、「せんとくん」を補完するかたちでよいのではないでしょうか?
 横浜もそのような形で「たねまる」を補完してくると思います。
 平城京は遷都1400年の時横浜は200周年の時、「あれは先代の時に作ったんだよ」と誇らしげに振り返れるロゴの変更や記念デザイン、たとえば包装紙のデザインの変更等のデザイン作りに力を入れた方がよいように思います。
 おそらく薮内作品を凌ぐ「力と祈念の作品」はできないように思います。

 横浜は官民協調でうまくいっているので、これから商店街を盛り上げるべく横浜市民パワーが爆発してくると思います。

 横浜開港150周年祭→金港(京浜港)オーソリティーの実現→東京五輪招致へと向かっていってほしいと思います。

 
 まずは港都から南都へ!
0

2008/4/20  15:04

横浜ベイスターズオリジナル応援旗を作ってみました!  心氣体(fitness)
 ちょっとしたお遊びですが今年はベイスターズが不振です。
 これは私達の応援がいたらないせいであろうと思い、オリジナル応援旗を作ってみました。
 ベイスターズ色の青と黄色を使い、輝く星になってほしいと思い星を散りばめてみました。
 金港力は横浜のみならず金港(=京浜港)全体で人気が出てほしい、横浜Fマリノスや横浜FCもそうあってほしいという願いを込めました。
 唯一横浜の中心地関内に本拠地を置くのが、横浜ベイスターズですので横浜市民のスポーツクラブの代表格として応援させていただきます。
 以前からホッシー君は商標の問題もあるとは考えていたのですが、応援すら為でありそれで儲けているわけではないので、まあ球団も大目に見てくれるであろうということで入れてきました。抗議されたらその時点で外そうと思っていました。
 ちなみにブログはホエールズ時代の色にしています。
 この間、例の巨人戦延長12回引き分けの試合にも見に行かせていただきましたよ!
 クルーンは私もブーイングはしていたけど応援したかったですね!
 横浜ベイスターズガンバレ!
 
0

2008/4/19  11:04

藪内佐斗司作品の哲学が平城遷都1300年祭を成功させるでしょう!  文化国家(Kulturstaat)
 平城遷都1300年祭のキャラクター名が「せんとくん」に決まり数日たちます。
 横浜も開港150周年やアフリカ開発会議に向けいろいろやっております。

 八景島ではアフリカ開発会議を記念して、アフリカの珍しい生き物を集めたアフリカ水族館を今日から来年2月1日(日)まで実施しているそうです。
 アフリカ開発会議では学校や大学を中心に、さかんな啓発活動やボランティア活動が行われております。
 新学期で忙しいので限界があるようですが、日本一と言われる横浜市民パワーはあいかわらず全快です。
 神奈川県立博物館では来週4月26日(水)から横浜開港150周年記念 を記念して、「横浜・東京−明治の輸出陶磁器」を開催されるとのことです。

 平城遷都1300年祭「せんとくん」の方ですが、神戸の福原遷都まつりのマスコット愛称が「セント君」であったということですが、似た名前のキャラクターなんていくらでもありますし、ひらがなと片仮名の違いがあるのでさして問題はないと思います。
 
 そもそも福原遷都まつりなんてあまり関東では知名度がありません。
 
 横浜でもほとんどの人が知らないと思います。

 「せんとくん」はもっとも公募の中で多い名前であったということです。
 
 一流芸術家に依頼するエリート主義でキャラクターは作成したので、今回は民主的にもっとも多いものを選んだと思いますが、反対運動も前回はエリート主義を批判し今度は民主主義を批判するのでは、一体「何を言いたいの?あなたがたの基準はどっちなの?」と言いたくなります。
 もはや反対運動も「反対のための反対」になってしまっており、論理の脈絡が滅茶苦茶で反対運動と言えなくなってきている気がします。

 ところで薮内佐斗司先生のサイトを見ていて、南都ニ六会・十輪院住職の橋本純信先生
のお手紙が掲載されていました。
 たしかに他の薮内作品の童子像に白毫(びゃくごう)や福耳などはないのですが、今回特に仏教色が強いお祭りということであえて入れたように感じさせます。
 仏典にないキャラクターに仏像に使われる造形はいかがなものか?という仏教学の立場からの意見だったようですが、大半の僧侶が要望書を出すことには反対されたそうです。
 南都二六会が会員20名の親睦団体であり、うち11名の有志が仏教学の立場から提出したの意見書としての性質が強いようです。
 しかし白毫(びゃくごう)はおそらくインド人の習慣が、仏像に取り入れられたものと推定されるものですし、福耳は大黒様などの福神様にもあります。ウルトラマンシリーズでも白毫(びゃくごう)をモデルとしたようなデザインがありますね。
 似たようなデザインや習慣が仏様への冒涜と言われるのであれば、インド人全員が仏教を冒涜していることになってしまうのではないでしょうか? 
 あくまで懸念ということで留めておくべきであったと思います。
 白毫(びゃくごう)のようなデザインは、あえて入れることで仏様への信仰をあらわし、春日様の象徴の角を生やして「平城遷都1300年祭を守りたまえ!」という、作者の祈念を感じさせるのです。
 他の作品を見ても薮内先生は神仏を敬う気持ちが人一倍強い方だと感じます。

 同じ名前なんて・・・薮内先生がNHK教育小学校高学年向け「見える歴史」のために制作し、採用が決定した「とび丸」君も、浜っ子によい思い出と一緒にあるとあるキャラクター名と同じ名前です。キャラクターを愛称が一体化してはじめてキャラクターになるのであり、キャラクターが別ならまったく別キャラクターです。そもそも真実を見ようとしない、本当に本当に酷い中傷だと思います。

 何よりも、平城遷都1300年祭のキャラクターはその哲学がすばらしいと思います。
 薮内作品はその哲学がすばらしく、今回の平城遷都1300年祭は神仏の力がキャラクター経由で万人に広がっていかなければ成功しない祭りだと私は思うのです。
 平城京の過去と未来をつなげるというコンセプトはすばらしいと思います!

 東京の薬師寺展ですが、先週の大雨の中でも約5600人の入場者があったとのことです。
 桜の時は過ぎましたがこれからは新緑の時、ますます盛況を続けていくことでしょう。
 協賛企業も次々と手をあげてくると思います!

 薮内先生は「和の精神」をキャラクター名決定にあたり語っております。国民の力が集まってほしいと祈念しておられるのでしょう!

 昔の阪神タイガースの内紛のようなことをいつまでもやっておりますと、平城遷都1300年祭ブランドが下がる一方になります。関東がしらけてしまいます。

 平城京遺跡保護については建設会社の専門家と文化庁が話し合って、日本の建設技術の粋を集めればうまくいくと思います。私は専門家の能力を信じたいと思います!

 南都二六会・十輪院住職の橋本純信先生は、今回の意見書が南都仏教界の総意のように受け取られることを大変憂慮されているようです。
 キャラクターを通じ、神仏の力が世界に広がると考えれば仏様を冒涜していることになりません。
 ピラミッドの魂が還ってくるための装置と言われるピラミッドにも似ていますね!
 薮内佐斗司先生の作品にはエジプト美術の影響もあるのかな?
 南都仏教界のお坊様方にも広いお心を持っていただければ皆がよろこぶと思います。

 十輪院はこのお寺かな?御紹介のためリンクをはらせていただきます。
 愛称決定の薮内佐斗司先生のコメントと、橋本純信先生のお手紙は「薮内佐斗司の世界」から御覧ください。

 薮内佐斗司先生・・・横浜開港150周年でも何か作ってくださらないものでしょうか?

 結構ファンになってしまいそうですね、でも一流芸術家の制作費はあたりまえですが高いですからね・・・。
 
(八景島 アフリカ水族館 本日4/19(土)〜来年2/1(日)まで)
http://www.seaparadise.co.jp/news/000765.php

(神奈川県立博物館 横浜開港150周年記念「横浜・東京−明治の輸出陶磁器」 4/26(土)〜6/22(日)まで 来週からですよ!)
http://ch.kanagawa-museum.jp/tenji/toku/toku.html

(南都・十輪院 よさそうなお寺ですね!)
http://www.jurin-in.com/
0

2008/4/18  6:31

ブログの広告効果や経済効果って?  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 ブログの広告効果や経済効果についてはあまり考えたことがありませんし、奉仕の気持ちで考えない方がかえってよい結果を招くと思って書いてあります。
 しかし決して安いものではないと思いますし、その広告効果とはまた別な経済効果もかなり高いように思います。
 それは運営するブロガーさんにもよるのではないでしょうか?

 私はおそらくマイナスから数億円単位まで、かなり経済効果に幅があるように思われるのです。
 事の善悪はともかく、蘇民祭は多くの人にとりあげられたせいでその広告効果は50億円になったといいます。
 その算定方法にも謎はありますが、たしかに今日本人で蘇民祭を知らない人はかなり減ったと思います。

 ブログでは毎日のように同じような記事を書くわけにはいきませんから、バナーやリンク等を使うことになります。
 奉仕の気持ちで地道にやればテレビ広告を超える効果もあると思います。

 しかしいくら書いても書いても、その商品そのものみ魅力がなかったり虚偽の記事を書けばマイナスになることもありえますし、嘘の罪は万死に値すると思います。

 ブログは自分で儲けることは結構難しいですし、技能検定や職業訓練の腐敗を抑えるためですが、私のように仕事の関係で、他から報酬を得ることが他の公務員よりはるかに厳しい規程のある会社では難しいということがあります。

 最近考えることに慈善事業のバナーか何か設置するとよいことかも?考えたりもします。
 
 「春の交通安全運動のバナーを設置してください。」というメールに、今回はいきなりでしたので見送ってしまいましたが、「そういった方法もあるか」と思いました。

 やはりインターネットは悪行より善行に用いれば、より死後の極楽浄土にも近くなりそうな気がします。

 ネットでも悪事をすれば地獄に落ちるのかな?落ちるのでしょうねえ当然でしょう?

 ネットの世界にもきっと神様や仏様はいると思います。
 
 
 
0


AutoPage最新お知らせ