X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/3/27  22:43

横浜高校と慶應義塾高校負けちゃいました・・・  心氣体(fitness)
 忙しくてなかなか応援する暇もなかったのですが、たった二日間で慶應義塾高校と横浜高校も次々と負けてしまいました。
 昨日第2試合で慶應義塾高校が華陵(山口県)に1対0で、その負けで緊張感がなくなってしまったのか、横浜高校が今日の第2試合で北大津高校(滋賀県)に6対2で敗北してしまいました。
 実力もあり両校共優勝候補でしたがそこは高校生、こういったこともあると思います。甲子園に出ただけでも立派なので気を落とさず帰ってきてほしいと思います。
 本牧の少年野球チーム出身の子もいたので、もう少し残ってほしいところでした。

 慶應義塾高校は横浜の高校で皆から愛されていますからね、福沢諭吉翁は東京と横浜に拠点を残したわけです。
 この二都市がもっとも大切だと考えられたのだと思います。
 
 さすが慧眼ですね!
 (最終的に横浜に慶應義塾高校を誘致したのは、阪急の小林一三翁ですが・・・)

 二校に朝青龍関並みの精神力が身につけばよいと思います。
 ラグビーや駅伝でもそうですが、最近の関西勢は毎年のように地元意識を高めており関東勢はどうもその雰囲気が苦手なようです。
 やはりそれを克服するのは朝青龍関のような精神力しかないと思います。
 夏の大会は涼しいドーム球場で本当はやってほしいところですが、またあの暑いところでやるのですね・・・X JapanのYOSHIKIさんが母校安房高校の観戦を甲子園でしたかったのに高野連が「警備上の理由」とかで許さなかったとのこと。
 単にYOSHIKIを甲子園に入れたくなかっただけのようにしか見えませんが・・・母校に寄付までして甲子園での応援を願ったのにとんでもないと思います。
 安房高校は今日残念ながら今日第三試合三重県の宇治山田商業に9回裏2点差をひっくり返され4対3で逆転サヨナラ負けをしてしまいました。
 でも一所懸命やったからよいですよね!?それんしても以前北朝鮮拉致被害者の蓮池夫妻が大丈夫でYOSHIKIが駄目というのはどういう基準なのでしょうか?
 警備はすべての客のためにあるのではないでしょうか?
 私の心は高野連からますます離れてゆきます!
0

2008/3/27  6:14

そんなに危ない「殺人テレビゲーム」なんてあるのかな?  汽船(エッセイ)
 先日の茨城県土浦駅の殺人事件に続き、昨日岡山県岡山駅で県職員を突き落とし死なす少年事件がありました。
 
 少年と言えども、殺人事件ということになれば死刑もありうると思います。

 茨城県土浦は殺人テレビゲームのやりすぎによる自己陶酔の可能性が高いといいますが、そんなに現実と空想の境界線がわからなくなるほど危ないゲームというのがあるのでしょうか?

 ある意味どちらの事件も働いていない人が、働いている人を襲った事件のようなところもあります。

 岡山駅の事件はわかりませんが、土浦駅の事件はそのゲームソフトは当然発売中止とすべきものだと思います。

 とかく少年事件や若者の場合「仮に悪いことをやっても厳罰に処されず、若者は更生の機会が与えられる」と考える人が多いようですが、いざ捕まってしまうと空しいものだと思います。

 その前には少年による殺人予告事件が相次ぎましたが、何でしたっけ?県名を間違えたというようなアホな事件もありました。

 「愉快犯」といえばそうなのですが、暇な人間でなければあまり考えないことのようにも思います。

 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」であれば、「北ニケンクヮヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイヒ」でしょうか? 

 世間を騒がすことができてもそれは数日間だけ、捕まれば暗い拘置所や刑務所暮らしが待っています。それどころか死刑で他人ではなく自分の命も失うかもしれません。
 それはあまりにも明白な結果ではないでしょうか?
 少年や大学生だから大丈夫というのは、少年でも厳罰が課せられるようになった現代においてはほとんど根拠のない常識なのです。
 そして日本には死刑制度も存在するのです。
 死刑にならなくても豊かな未来を失うことになります。
 今「自分もやって目立とう」という青少年がもしいたら、必ず思い止まってほしいと祈ります。
 

 
0


AutoPage最新お知らせ