X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/3/1  12:08

ラーメンチェーン店を誹謗中傷したとされた男性に無罪判決!  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 昨日個人ホームページで、とあるラーメンチェーン店がカルト教団と関係あるということで?誹謗中傷したとされた男性に無罪判決が出ました。

 昔の事件で事実関係がわからないのですが、今回の判決で裁判所が示した判決理由がきわめて興味深いものに感じられます。それはネットでの名誉毀損の範囲を明確に示したことです。それは下記のとおりです。

 東京地裁の判断では、「内容が真実でないと知りながら発信したか、利用者に要求される水準を満たす調査をせず、真実かどうか確かめないで発信した場合」・・・ということであります。

 つまり個人レベルでは調査範囲は限定的にならざるえず、真実と考え発信した内容については免責としたことです。それは逆に言いますと「嘘」と知りながら「悪意の噂」を流すために発信してことについては罪に問われる可能性があることも示したものです。

 つまり怪文書や中傷ビラの類をネット配信することは、道端で悪意のビラを配布するのと同様に悪いことであるということだと思われます。

 これはたしかに画期的なことだと思います。

 ネットでの中傷関連裁判で無罪判決が出たのがはじめてというのもすごいことです。
 いかに体制側がネットを「反体制的」と考えていたかということでしょう。
 これまでの名誉毀損裁判における基準は大体以下のとおりだったそうです。

(1)公益目的がある
(2)真実性がある
(3)真実と信じる相当な理由がある


 基本的にはこの線に沿っての判決だと思います。マスコミと言えども神ではないので時には間違えることもあります。会社が疑惑に対し「説明責任を怠った」ということも判決理由にはあるそうです。

 いろいろと難しいところがありますが、要は当時の状況では被告にはそれを真実と信じる充分な理由があり、それを真実と信じ発信したことについては罪には問えないとしたものです。

 「被告は個人利用者として求められる水準の調査をしており罪には問えない」・・・この波床(はとこ)昌則裁判長のことばには、今後のネット社会を考えるときわめて重い意味があるように思えました。

 悪意も人間なので時にはありますが、怪文書や中傷ビラの配布はネットでも当然まずいということですよね?私はあらためてそう思いました!

(参考記事 毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080301ddm041040135000c.html
0


AutoPage最新お知らせ