X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/2/26  6:14

AOLとGoogleの検索結果は同じではない!  読書人(4.23は本の日)
 米Yahooが今揺れていますが、私はGoogle一社が強くなることはあまりよくないと思います。
 かといってYahooがマイクロソフトに買収されることで、結果として「ヤフーらしさ」がなくなることがあればそれも寂しいことです。
 私は比較的早くGoogleを使いだした方だと思います。「図書館関係の参考調査で使いやすい」とある外資系企業の方が薦めておられたのがはじまりです。

 たしかに当時の検索結果はずば抜けていました。
 「かゆいところに手が届く」結果が出てきていたのです。
 しかし最近は必ずしも圧倒的なものを感じません。原因はフリーコンテンツの増加です。
 当時はウィキペディアもブログもまだ盛んではありませんでした。
 そのためともかく情報さえ拾えれば、それはかなり精度の高いものであったのです。

 しかし今はフリーコンテンツが増えすぎ、大半の方が誠実には作っておられるのでしょうが、「どこまで信用してよいか?」わからなくなってしまったのです。
 最近は背景のはっきりしている情報を信じるようにしています。
 スパムと思われるサイトの排除率も問題です。
 むしろスパムの排除率が低かった他のポータルサイトが今は頑張り、いつの間にかGoogleを上回っているところもあるように思うのです。

 YahooやExciteはかなり健闘しており、中国の百度もかなりスパムサイトの排除率が高いと感じております。Googleはその点まだあまり高いとはいえないのです。米Googleもその点はかなり感じているようで、経営者も最近スパムの排除について言及しています。

 アルゴリズムで百パーセントはやはり無理です。検索結果にもエディタと呼ぶのが適切かはわかりませんが、管理する方の「エディタの職人芸」がかなりあるように思うのです。

 Googleも「同一サイトで同一の検索キーワードを使った場合、二つ以上の検索結果を出さない」と言う方針があります。それでかなり排除はされているのですがまだまだと言う気もします。

 アルゴリズムはたしかに検索競争で大きな武器となりますが、最終的には「エディタの職人芸」という気が最近しております。

 AOLも「JP.AOL.COM」というポータルサイトがあります。新年になりリニューアルされていますが、かねてからGoogleと検索結果が違うように感じておりました。説明をよく調べるとやはり検索結果にはエディタの方が介在しておられるようで、Googleとの関係も「ENHANCED BY Google」と書いてあります。つまり「Googleの技術提携にやり検索結果向上に努めております。」ということであり、検索結果についてもAOLのエディタが介在しているようなのです。InfoseekもGoogleと検索結果が違うことがあるので、やはりどこかにエディタが介在しているのでしょう。

 「JP.AOL.COM」はまだまだこれからというところですが、会員募集が会員でない人にはうるさいことを除けば、これから楽しみなポータルサイトのようにも思います。よくなっていってほしいですね!

 Yahooにはすぐれたエディタ陣がいることで知られるので、「ヤフーらしさ」だけはいかなることがあっても維持してほしいと思いました。

 それにしてもポータルサイトの寡占化は心配な現象ですね。

 世論まで検索結果により一つの方向性に支配されかねません・・・・・・・・・

(AOLサーチについて)
http://www.jp.aol.com/aolsearch/help_about.html

(3/1(土)追加)
(注)
 この記事で書いているエディタはインターネットでのエディタなので、かなり広い意味で使っております。

 インターネットはエディタの世界だと私は考えます。

 今スパムサイトの排除率が高いポータルサイトは下記の二つだと思います。

(Excite)
http://www.excite.co.jp/

(Yahoo)
http://www.yahoo.co.jp/
0


AutoPage最新お知らせ