X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/2/10  13:10

ものつくり大阪の復活を!  国軍(Reichswehr)
 いよいよ大阪府で太田房江知事が去り、橋下徹新府知事が誕生しました。
 ただ引継は橋下徹知事が自らへりくだり、「家が近いので悩んだらいろいろ教えてください」と言い、最後は「妻ともこれだけ長く手を握りませんよ」というほど、長く長く握手されたということです。

 太田房江前知事は後世必ず評価される府知事だと思います。あくまで大阪の街で聞いた噂ですが、太田前知事は何かをやる時、「なぜそれをやるの?」と必ず理由を説明させたそうです。「理由のないことはやらない」ということをはっきりさせておりました。

 いろいろ大阪府もしがらみがあり、思うにまかせなかったことがあると思います。
 最後はお金の問題まで出てまいりましたが、二期八年の実績は評価されるべきだと思います。
 大阪府政の大混乱はたしかに終息しました。
 それに阪神港が昨年12月の神戸開港140周年にあわせるように誕生し、おととしには近鉄けいはんな線が学研都市の中枢近く学研奈良登美ヶ丘駅まで伸びました。

 つまり阪神港-阪神工業地帯-けいはんな学研都市という、将来の大阪圏発展の基盤となるインフラを残したのです。

 考えてみるとけいはんな学研都市は、奈良と豊臣秀吉の伏見桃山城の少し奈良寄りですが中間にあります。つまり「近畿のどまん中」というのは、交通が整備されれば大変な利便性があります。

 おそらく毎年綱渡りのような財政運営に大阪府民が疲れてしまったのでしょうね、橋下徹知事はたしかに過去悪名高い企業の顧問弁護士であったという暗い過去があります。しかしそれを克服して知事になられたわけです。

 大阪は商都といいますが、江戸時代の大阪の繁栄は商業と結びついいた工業にありました。
 けいはんな学研都市はすぐれた立地にあるのです。
 これから、阪神港−阪神工業地帯−けいはんな学研都市の繁栄のラインが生きてくると思います。

 今たまたまですが、噂の東京マガジンで日本通運の東京港青海倉庫ですが、女性の方がフォークリフトの見事な技能を見せておられました。見事なものですね。阪神港にもおられるのでしょうか?

 今日の記事はこれまでにしようと思います。
0

2008/2/10  12:41

ジョブカードの導入について  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 さて根暗な陰湿な話はもうやめて、今朝のNHK日曜討論会を見ていたのですが、中国産冷凍食品問題とあわせジョブカードについて議論がされておりました。
 ジョブカードといいますと、キャリアカウンセリングを行うにあたり、カウンセリングを行うためにこれまでの職歴や能力、自己PRなどを書くキャリアシートというものを作ります。それの電子化ということなのだと思います。
 職歴や職業訓練歴の記録ですので、PasmoやSuicaのようなICカードになると思われます。データを個人で持ち、紛失に備えバックアップをハローワークで所有するということだと思います。
 住基ネットと組み合わせも将来的には考えられると思います。

 ハローワークが発行するものですので、職安カードともいうものだと思います。

 ハローワークもICカードの時代となったということですね。

 効果についてはやってみないとわかりませんが、私も求職者になれば貰わなければならないものだと思います。たしかに研修とかあまり記憶にありませんからね、カードに記録が入っていれば医者の診察券のようなものでやりやすいと思います。

 私のしごと館が職業科学研究拠点になりますと、ジョブカードについてもいろいろヒントになる研究が出てくると思います。

 「東の労働政策研究・研修機構 対 西の私のしごと館」になればおもしろいと思います。けいはんな学研都市にふさわしいと思われませんか?
0

2008/2/10  12:04

呪詛目的サイト自体が犯罪みたいなものだから・・・  自然(essay)
 最近学校裏サイトをはじとして、いろいろコミュニケーションサイトが増えていますが、本来の「楽しむ趣旨」を外して「呪詛サイト」になってしまっていることはよく知られます。

 辻村江太郎先生への呪詛というか中傷についても、他人との会話を秘かに録音したり、結局ああいった行動をとる人ですので、当時の大学当局にとっても目に余る行動があったのだと思う。辻村先生が何もこれまでコメントを出していないところを見ると、そもそも相手にもされていないのだろう。慶應義塾大学で通用しなくても別の大学院に入る方法も経済学研究をしたいのであればあったと思うが、今何をしているのかも明らかでない。研究業績もまったくない。ホームページで書いてある内容も自分で考えたものなのか明らかでない。論文であるなら必要な参考文献も記していない。自分で考えないで他人の引用をしてそれを批判するだけの、学究でもしあるのなら恥ずべき行為だと思う。

 今はともかく古代では呪詛は犯罪でした。

 荒れた神社か仏閣にでもいって藁人形に五寸釘でも刺して満足していればいいのに、呪詛目的のサイトを作り現在の母校にも迷惑をかけること自体が、人間としてのくだらなさをあらわしているように思います。

 まあ私からの批判はこれで終わり、国民の皆様も変な呪詛サイトにいつまでも惑わされているべきではないと思います。世の中には京都から相模原までやってきて親戚を殺害して今でも反省の一言もない人もおりくわばらくわばらなのですが。

 まあどう評価するべきなのでしょうね?怪文書の類ですし少なくともまともな人間とは思えません。

(当日追加)
 同姓同名の人がいたらごめんなさいです。
  ・・・ああいうのを「五寸釘サイト」というのだと思います。・・・

(神奈川県民の偉い先生ですし、私のしごと館がひじょうにお世話になったのですからきちんと守りませんとね!私もひじょうに不快なのでそれをあらわすため少々強いことばを使わせていただきました!)

 -辻村江太郎先生略歴-

1924年 東京生まれ
1948年 慶應義塾大学卒業
1974年 辻村江太郎/黒田昌裕共著 「日本経済の一般均衡分析」によりエコノミスト賞受賞
1984年4月1日〜1985年3月31日 日本経済学会会長

 文化功労者、慶應義塾大学名誉教授、政府委員、その他役職多数歴任、著書多数、論文多数・・・
0

2008/2/10  10:33

辻村江太郎先生を呪詛するサイトなんてくだらん  自然(essay)
 結局最終結論としては、あれは辻村江太郎先生を呪詛するために作られたサイトだと思います。
 辻村先生は日本を代表する経済学者の一人です。多くの弟子がおり学界、経済界で御活躍しておられます。
 レオン・ワルラスをまともに何者なのかも知らない時点で、経済学の基本中の基本「経済思想の流れ」というものをまったく理解していないと思われます。

 何か今日見ると文章が多少変わっていたようですが、ワルラスとマルサスを間違えるアホなんていませんよ。私の文を見てそう思えるとすれば、おそらく彼自身(といっても御高齢ですが)がワルラスとマルサスの違いを全く理解できていないのだと思います。

 他人や出身大学を呪詛する目的のサイトで、あまり意味のあるサイトではないと思います。

 現役学生にとってははなはだ迷惑な老害だと思います。

 私は大学生や大学卒を名乗るだけで、それにふさわしい教養や態度を身につけようとされない方があまり好きではありません。

 人間自体あまりまともではありません。問題自体が1970年頃の話ですし、刑法でしたらとっくに時効といいうところだと思います。関係者の大半が鬼籍に入っておりますし、今になって言うこと自体が胡散臭いと思います。

 まあよくて悪質プロ市民ぐらいのレベルではないでしょうか?


(あらためて本等を参考にした辻村江太郎先生の簡単な略歴を紹介させていただきます。)
1924年 東京生まれ
1948年 慶應義塾大学卒業
1974年 辻村江太郎/黒田昌裕共著 「日本経済の一般均衡分析」によりエコノミスト賞受賞
1984年4月1日〜1985年3月31日 日本経済学会会長

 文化功労者、慶應義塾大学名誉教授、政府委員、その他役職多数歴任、著書多数、論文多数・・・

 
 客観的に見て他人に呪詛される心当たりはないと思いますよ。古代だと他人の呪詛は大罪ですけどね。今はインターネットでやる根の暗い陰湿な時代なのですね。


 




 

 
0


AutoPage最新お知らせ