X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/2/1  23:49

私のしごと館は“職業労働文化の研究機関”をめざしては?  文化国家(Kulturstaat)
 私のしごと館への世論、Googleで検索しますと5年ほど前のコンテンツも含めて派手ですが、Yahooや百度などを見ますと全体的には沈静化の方向にあります。
 ですがここで、「私のしごと館は変わった!」という何かがなくてはならないと思います。
 私のしごと館は職業総合情報拠点ですが、それを成し遂げるために博物館、図書館(メディアテック)、その他各種活動を実施しなければなりません。
 博物館と図書館は社会教育施設ですが、研究機関でもあります。
 博物館は研究機関とするのが今でも常識ですが、図書館も西洋では中世の図書館あたりまで研究機関であったのです。
 私は図書館については、私のしごと館メディアテックとしての再生が必要だと思いますが、もう一つ職業労働文化を研究する研究機関へのはっきりした方向性が必要な気がするのです。

 職業労働文化は、国の豊かさを支える永久の精神的基盤となりうるものです。

 未来の日本がものつくり中心の国でなくなったとしても、たとえばイギリスのように金融中心の国になったとしても、日本固有の職業労働文化さえしっかりしていればあらゆる状況に立ち向かえると思うのです。

 そして日本の職業労働文化を若いうちから知っておけば、大人になって社会力のなさに悩むこともなくなると思うのです。

 私もそうですが人間は完全ではありません。しかし日本人全体で「職業労働文化を守ろう!」という強い気持ちがあれば、日本人の大半の労働道徳を守ることができ、それが強い日本を築く大いなる礎になると思うのです。

 私のしごと館は公共性の高い研究機関でなくてはならないのです!

 そして私のしごと館「職業労働文化の研究機関」となれば、市民と科学を文化により結びつけられる「かすがい」となると思うのです。

 職業労働文化はけいはんな市(仮称)発展のための基盤となり、それは全国へと波及し算定できないほどの経済効果をもたらすと思います。

 職業労働博物館と職業労働文化は私の造語なので恐縮ではあるのですが、職業労働文化こそ、けいはんな市のみならず未来永劫日本国を支える礎になり、帝国に安寧をもたらすものだと私は考えます。

 日本では中世に職人歌合があり働く人を賛美すうる文化がありました。

 職人歌合の文化を博物館として未来永劫伝えてゆく必要があるのです。

 それを新たに職業労働文化として、博物館とメディアテック(図書館)が支えてゆくことはきわめて妥当なことではないでしょうか?

 研究機関でありさえすれば、公共性も高く自己収益の増加さえめざせば、収支は全く関係のない施設なります。

 私のしごと館は「日本の職業労働文化を支える研究機関」として、近畿に存在してゆくべきだと私は思います。

 そして近畿にはそれを支えられる上方文化の伝統があることを信じます!

 これの半分でも叶えられればそれに優る喜びはありません。

 「何とかならないものでしょうか?」と思いました。
0

2008/2/1  6:22

中国産ギョーザ騒動、やはり日本農業を大切にしないと・・・  進歩主義(progressive)
 中国産のギョーザをはじめとする食品騒動、怖いものだと思います。
 日本でも昔はいろいろな食品騒動がありましたが、今回は幼児が重態にまでなってしまったということで、問題の深刻さが感じられます。

 あれだけ大量に輸入されると、輸入時の検査ですべてはわからないということなのだと思います。

 それにしても中国の農業は今どうなっているのでしょうか?ギョーザは加工し火を通しております。もちろん食材も洗っているのでしょう。それでも幼児を危うく死に至らせる残留農薬とはいかなるものなのでしょうか?

 日本でも例のない事件だと思います。中国側は流通ルートで混ぜられたように考えているのかもしれませんが、やはり日本農業を大切にしないと、未来の食の安全は保てないように思いました。

 イギリスは自由貿易主義を逆に農業発展のステップアップにしました。

 右のリンクのハローワークインターネットサービスでは、「農林業をやってみよう」というコーナーもあります。でもリスクがありますから。

 日本で100%の食糧自給は不可能ですが、それでも5割以上は可能なようにも思います。

 こんな怖い事件がおこると、本当に日本農業が大切だと思います。

 都市部で国内総生産の多くを稼いで、「耕さずに生きる皆様へ」と言われるとムカつくのですが、あらためて日本農業は大切だと思いました。
0


AutoPage最新お知らせ