X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2008/1/22  6:16

新風舎の自費出版の不思議?  読書人(4.23は本の日)
 出版社で自費出版の取扱いで有名だった新風舎の経営が行き詰まりました。

 以前東京に行きますとたびたび鉄道広告が見かけられ、書いてあることを見て多少不思議に思っていました。
 といいますのは、自費出版希望者が出版したいと思い、出版を希望したとしても、出版取次と呼ばれる会社が同意しなければ書店には流れないはずだからです。

 出版取次とは出版社と書店を結ぶ問屋のような存在で、日販やトーハンが有名ですね?
 彼らは書店との間を仲介する中でコンサルティングもし、売れないような本は流通から排除したり、売れる本の調査もします。書店での取扱法、売れない場合の出版社への返品可能か否か?ということ等の販売方法についても強大な発言力を持ちます。

 つまり出版界の中間物流業者であるわけです。

 出版契約は複雑ですし、大トラブルの元になるので係わりたくませんが、どう見ても売れそうにない本を書店に強引に並べようとすれば、相当の販売保証金のようなものを払わなければならないような話も聞きます。

 書店に並べるためには出版社の信用やブランド力も必要で、そのため出版社は持ち込み原稿を容易に出版しようとはしないわけです。変な本を一冊出せば会社の経営にも関わるからです。それでもこりない冒険野郎が多いところも出版界の古きよき伝統で、私はそれが好きです。

 たまに図書館に、どう見てもおかしい方から変な本の寄贈がきます。
 ああいった本は出版取次が排除してしまうので、苦し紛れに公的機関が運営する図書館に送ってくるわけです。本当に怖いし迷惑なのですが・・・

 つまり新風舎が自費出版を書店に並べられる力があるとすれば、出版取次と特別な関係がなくてはなりません。たしかに出版界は不況で、「自費出版の中から新たなベストセラーを見つける」ということは当然発想としてあると思うのですが、実際問題として玉石混交の自費出版を管理することは至難の技だと思うのです。しかしよい意味での冒険心を認めざるえず、それが出版界から大目に見られてきた原因だと思われます。

 しかし多くの執筆者達は大きな夢を持っていたはずで、それを考えると故意に騙したとは考えたくありませんが、本当に見通しがあって自費出版の仲介をやっておられたのか?ライブラリアンとしても、出版人が故意に騙したとは考えたくありませんが、誠意が問われる重大事件であると思います。多くの誠実な執筆者の夢を台無しにしてほしくありません。

 新風舎のホームページを見ましても、書籍流通の難しさを執筆者にきちんと説明していないようには思うのです。

 「本を書けば出版は簡単」と考えておられる方がおられますが、それはとんでもないことなのです。

 出版界全体にとって困った問題がおこってしまったと思います。

 しかしこの事件を克服すれば、出版界は再び栄える可能性もあるようにも思いました。

 何とかよい方向で解決していただきたいと思います!!!
0

2008/1/22  6:03

ネバダ州予備選挙の民主党は引き分け?  自然(エッセイ)
 何か奇妙な結果だったらしい。得票率ではクリントン氏が勝利したものの、選挙人獲得数ではオバマ氏が13対12で勝利したということ。こういうのは引き分けというのかな?

 共和党はマケイン氏が勝利、共和党も何とも言えない展開です。

 最後に共和党の勝敗を分けるのは、「愛国労働者」とも言うべき労働者達の動きでしょう。民主党のエリートはブルーカラー系の労働者に意外に人気がなく、伝統的に共和党が強いのです。
0


AutoPage最新お知らせ