X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/12/11  23:21

10年後若年者失業率30%で日本は破滅か?  自然(essay)
 私のしごと館の事業効果についてですが、今のところ日本の近未来においてあまり明るい見通しはありません。
 世界の主要国においても米蘭は別として、軒並み若年者の失業率は高いのです。
 ひどい国になりますと二人に一人は失業している国もあります。
 これらの対策として、従来の対策としては土建業を中心とする公共事業がありありました。
 今でもそれは有効ですが、昔ほどの効果はなくなりました。

 もっともよい方法の一つは職業訓練なのです。ですが最近は一旦失業すると燃え尽きてしまい引きこもってしまうことが多いのです。
 職業労働博物館の実施する社会教育は、実際かなり効果があると考えられます。

 実際青少年のうちからしごと体験により職業倫理をきちんと身につけることで、かなり将来ためになることが考えられます。
 国の衰退の原因となる職業倫理の低下を防ぐことができ、経済の発展に役立つことができるのです。

 もし若年者失業率が10年後に20〜30%に達し、少子高齢化が進行すれば日本は間違いなく破滅します。
 私のしごと館はどこの国でも解決できない、職業倫理の低下や若年者の高失業率を解決する一つの方法として各国から注目されているのです。

 10年サイクルで景気が循環していれば、7年後は間違いなく不況となっております。

 今のような状態で、子供にしごと遊園地で遊ばせれば、問題が解決するほどお気楽な問題なのでしょうか?
 若年者問題はたしかに難しいです。今の青少年が堕落しているとも思えないのですが、きちんとした「しごと体験」と「職業情報」により、その問題が解決できるとすればよいことではないでしょうか?

 若年者失業率が高まれば、消費税をあげたところで福祉は危うくなります。家庭や子育てもますます追い詰められ、国民は将来に希望が持てなくなるでしょう!憲法で保障される「健康で文化的な最低限度の生活」も維持できなくなるでしょう。

 「そんなことがあるはずがない」と思うでしょうか?諸外国ではすでにおきているのです。もはや「日本病」はすぐ近くまできています。それが少子高齢化で弱りきった日本を直撃するのです。

 若年者の高失業率という国際的な現実を見ないで、安易な批判することこそお気楽ではないでしょうか?

 私は日本人の奇妙な楽観ぶりが憂慮されてならないのです。
0

2007/12/11  6:26

すぐそこまできている先進国病!  自然(essay)
 私のしごと館が具体的にどのような問題と対決しようとしているのか、日本人は・・・特に東京の人はまだ見たことがないからわからないのかもしれません。
 
 それは先進国病とも呼ばれるものです。

 かつてイギリス病、フランス病とも言われましたが、福祉の上にあぐらをかきまったく働こうとしない人が大勢増え、「道徳の崩壊」と言われました。
 先進国においては多くの国で、若年者失業率が20〜30%の高率になっているところが少なくありません。
 昔であればどこかに若者は移住し、チャンスを見出すのかもしれませんが、今はそのようなことすらできません。

 平成不況中大阪圏では失業率が10%を超え、ホームレスが増え若者が働こうとしなくなり、「道徳の崩壊」がはっきり見えました。

 かつてどのように繁栄した国でも。職業倫理(労働道徳)が崩壊しては発展途上国になってしまうのです。

 日本は人的資源以外は何一つ資源のない国です。人的資源開発のみが富国をめざせる唯一の道なのです。

 人的資源開発もまず心からです。私のしごと館の展示体験は「実際に手を動かし働く」とコンセプトにたったものがひじょうに多いのです。これは職業訓練を応用したものが多いのですが、これは遊園地では決して体験できないものです。それを家族や学校の仲間と一緒に体験できることはすばらしいことではないでしょうか?インターネットから広告のかっこよさばかりでない、広告ではとりあげられることがない職業情報が見られることはすばらしいことではないでしょうか?

 昨日の労働新聞でハローワークの市場化テストにおいて、ハローワークが民間事業者に圧勝したことが報ぜられておりました。それでも民間が勝つまで市場化テストは続けるそうです。これでは民間事業者を参入させることのみが目標の市場化テストと言われても仕方がありません。専門家も多くがあきれているようです。

 韓国も将来若年者失業率が20〜30%に達する状況がくることを、想定しているのだと思います。それがわからないでどのあたりが「良識」なのでしょうか?

 101ある独立行政法人の穴のどこかに「人食い虎」は潜んでいるのかもしれません。しかしそれはうちの会社ではないように思います。

 うちの会社もあまりの報道のひどさに、当面取材拒否だそうです。
 
 下の記事は本当に特に東京の多くの人に知っていただきたいので、あらためてリンクを貼らせていただきます。
 
 帝都の多くの人に読んでいただきたいと思います。


(韓国にもできる私のしごと館に関する記事です。)
 
(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007051000161&genre=K1&area=K20

(私のしごと館ホームページにあったPDF! 京都新聞、大阪朝日新聞・・・ちょっと開くのに時間がかかります。)
http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/watashi/pdf/abt_20070510.pdf



0

2007/12/11  6:14

私のしごと館は今のところ廃止の予定はありません!  文化国家(Kulturstaat)
 あらためて言っておきますが、私のしごと館は現在業務改善中ではありますが、廃止の予定はありません。
 国の恒久的な重要施策を実施する施設を簡単には廃止できないし、何よりも修学旅行や校外学習に恒久的に取り入れている施設をそう簡単には廃止できません。
 韓国や中国やその他の国でも取り入れられる政策なのに、なぜ日本だけ廃止できるのか私にはさっぱり理解できません。
 私のしごと館の名前のセンスが悪いとか騒いでいたのがいたけど、あれは公募であって私達がつけた名前ではありません。
 ウィキペディアさんはどこまで止まるかわかりませんが、警告を出して記事が荒れるのを防いでくださるようです。
 以前はうちの会社の記事もそうですが、マスコミや悪党が流した悪の噂ばかりでしたからね、今回は本当に感謝したい気持ちです。

(韓国にもできる私のしごと館に関する記事です。)
 
(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007051000161&genre=K1&area=K20

(私のしごと館ホームページにあったPDF! 京都新聞、大阪朝日新聞・・・ちょっと開くのに時間がかかります。)
http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/watashi/pdf/abt_20070510.pdf
0


AutoPage最新お知らせ