X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/10/25  22:03

米タイムワーナーのホームページについて  お知らせ
 米AOLも一員であるタイムワーナーは、あまりにも大きすぎて全体像がつかみづらいのですが、タイムワーナー全体のサイトがありますのでリンクを貼らせていただきます。やはりウォルト・ディズニーやニューズコーポレーション等と並ぶメディアグループなのですね、ソニーグループも映画会社を持ち大きいですが、参考になればと思いました。やはり米AOLはISP事業からポータルサイト事業に重点を移すだけで、このサイトにおけるAOLの位置づけを見ても、米AOLはタイムワーナーグループの中できわめて大きな位置づけがされていると思いました。タイムワーナーのホームページと、世界のAOLネットワークをリンクさせていただきます。応援するつもりもありませんが参考になればと思います。

(タイムワーナー社)
http://www.timewarner.com/corp/

(AOLネットワーク)
http://about.aol.com/international_services

(10/29(月)加筆)
0

2007/10/25  5:58

B(ビジネス)TRONとI(インダストリアル)TRON  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 坂村健博士のTRONについては世界中に知られておりますが、TRONが当初WindowsやMac OSと同じ、パソコンを動かすためのOS(オペレーションシステム)として構想されたことはよく知られているのですが、その起動画面を見たことがなかったので、私もどこか実感がわかないところがありました。

 最近図書室で情報科学関係の図書整理をしております。情報科学も積み重ねなので古い本もかなり残していかなければならない一方で、新しい情報科学へとつなげる「技術の流れ」がわからなければならず、結構手間取っております。
 
 その中に1980年代のB(ビジネス)TRONと、I(インダストリアル)TRONの短い記述がありました。TRONはプロジェクトの名前であり、当初はオフィスで使うパソコンに使うことを考えたB(ビジネス)TRONと、工業に使うI(インダストリアル)TRONが想定されておりました。現在は半導体などに組み込む「組込コンピュータ」としてITRONが発展しておりますが、当時はBTRONの方が期待されておりました。

 白黒写真ですが、当時から電子ペンを使ってパソコンを動かす、今のマウスを使うことを想定したような操作方法と、同時進行でいろいろなソフトを起動しビジネス作業を行うことを想定した、階層式(あってるのかな)のオペレーションシステムを想定していたようで、すっかり有名になった「どこでもコンピュータ」と同じく、ひじょうに野心的な設計が行われていました。

 今ITRONは組込コンピュータで実用化されていますが、BTRONについては超漢字という商品があるだけで、OSについては研究室のものになっているようです。

 今Linuxが普及する中で、先日ある企業が開発し商品化したシステムが、偶然別企業のものにも似ていたため騒動がおこりました。もともとはフリーソースで知的取有権が存在しないはずのLinuxですが、それを発展させて商品化するとおこるのではないか?と言われていた騒動がついにおこってしまうのです。

 日本でも経費節約のために事務所のパソコンにLinuxを入れることが増えております。知的所有権が設定されていないことは本来よいことなのですが、管理する団体や企業がないと、開発に常に知的所有権侵害の危険性もあるように思うのです。

 TRONには知的所有権が設定されております。そのクリアも大変なようですが、注目されるのは超漢字に見られるように今は漢字だけですが、多彩なアジアの言語に対応しようとする方向性が見られることです。それがもう少しいろいろなアイデアが出て発展していけばBTRONの新しい方向性が多少あるような気がするのです。(→多言語対応型OSパッケージ?)

 BTRONはパソコン起動分野については今実験室のものなので何とも言えません。ただアジアは言語も文化も多彩で、まだ未開拓な分野がたくさんあるので、そこに光がわずかにあるように思うのです。

 WindowsやMac OSもはるかかなたに行ってしまいましたが、小中学校で当時はBTRONを置き、教育で使いながら発展させていこうと当時は考えられていたようです。教育訓練の分野では社会に出てすぐに役立つことをやらねばなりませんし、小中学校にしてもWindowsとLinux、そしてMac OSが限界だと思います。その上でUNIXやプログラミング言語を学んでいくところでしょう。

 しかしアジアでBTRONの実験の場を作ることには、わずかに意義があるように思うのです。Windowsは今一番使いやすいOSであることは言うまでもありません。一方でヨーロッパや中国はWindowsシンジケートの支配を拒み続けております。先日EUはついにマイクロソフトに独占禁止法違反をつきつけました。中国もLinuxによる公共システム開発を言っております。日本でも業務用ではLinuxをさかんに使っております。組込コンピュータでもLinux商品はさかんに開発されております。

 一方で知的所有権については常に曖昧であることは、その商品開発後の知的取有権の問題もありますが、やはりある種の危険性が感じられるのです、やはりBTRONとITRONについては、それが商品開発に結びつかないことがあっても常にTRONプロジェクトとして、情報科学の基礎研究を地道に進めるべきだとあらためて思います。

 TRONは建築分野にも大きな大きな影響を見せ、広がりのあるプロジェクトなのですから・・・多少理解に誤りがあるかもしれませんが文系人間のひとりごとでした。

 最後に少し関係ありませんが、組込コンピュータではLinuxとTRONがライバル関係にあることは、もっと世間に知られてよいと思います。
0


AutoPage最新お知らせ