X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/10/23  21:46

「時津風危うくなれば朝青龍」  心氣体(fitness)
 何といいますか予想されたことではありますが、予定では10月末頃に時津風部屋事件の立件がされると言われております。
 おそらく、現時津風親方は無罪であることが確実なので跡を継げたと思いますが、他の力士はまったく違います。
 他の方のブログに書いてありましたが、朝青龍関の問題自体が時津風問題を糊塗(こと)するための謀略ではないか?と言われております。
 四日市社会保険病院の医師は再三診断に誤りはないことを言い、相撲協会も一度も誤診とは言っていません。
 「怪我中に子供とボール遊びをするのがそんなに悪いことなのか?」という事件なのです。

 今回もTBSの要請に故意かどうかわかりませんが了解を与え、後で間違いだったと言っているようで、非は残念ながら相撲協会側にあるようです。相撲協会もそれを認め謝罪している状態です。

 前時津風親方の手先のような記者がいるのではないでしょうか?
0

2007/10/23  6:26

レッドソックスがワールドシリーズだ!  心氣体(fitness)
 21日にボストンで行われたアリーグ優勝決定戦で、レッドソックスは後半集中力が切れたインディアンズ投手陣を攻略し11対2で快勝しワールドシリーズへと駒を進めました。
 ダイスケが5回まで投げ3対2まで喰らいましたが、5回表執念のチェンジアップでアスドルバル・カブレラを三振で切り抜け、岡島秀樹へとつなげ、8、9回は守護神パペルボンが好投を見せ、3年ぶり12度目のリーグ制覇を果たしました。

 「ボストンのダイスケ」となった松坂大輔も疲れが見えたので、ここで終わっても・・・思ったのですが、レッドソックスファンの「ここで負けてたまるか!」の気持ちが天へと通じました。

 クリーブランドインディアンズのファンは、「ヤンキースを破ってあと一歩までレッドソックスを追い詰めたのに・・・」という気持ちだと思います。すさまじいメジャーリーグのレベルの高さだと思いました。

 イチローのマリナーズと優勝決定戦で争って欲しかったのですが、疑惑の判定が続いたのはともかく残念だと思います。

 写真は昨日とった横浜スタジアムです。電光掲示板が光って見えるのがおもしろく撮ってみました。

 「あのダイスケがここで投げていたんだな」と誇りに思います。巨人監督の原辰徳さんは保土ヶ谷球場のヒーローでした。

 イチローもすごいし、今シーズンは世界トップレベルの日本の野球を見せていると思います。

 横浜スタジアムの電光掲示板の上にチャンピオンフラッグが輝いていた日がありました。もしも私が大金持ちの野球チームのオーナーで、「この選手をとれば優勝できるかもしれない」と考えれば、1億ドルも惜しくないかもしれないと思いました。

 一生のうちでチャンピオンフラッグが見れるのは一度か二度でも、勝利は何物にも変え難いものです。ダイスケに投資された1億ドルは、ボストン市民の気持ちをあらわしているのかもしれません。

 ファンとはそういうものだと思います。「優勝するために世界一の投手を手に入れるため1億ドル投じて何が惜しいものか!」、勝利への執念を示すヤンキースピリットそのままです。最後まで無理をしないで一所懸命投げてほしいと思います。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/23  6:05

「文化」のカテゴリーに移動しました  お知らせ
 「文化・芸術」のカテゴリーから「文化」のカテゴリーに移動しました。よろしくお願いいたします。
0


AutoPage最新お知らせ