X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/10/21  17:16

公企業の公社債と独立採算制  国軍(Reichswehr)
 アメリカの公企業は、社債を発行できることを皆様御存知でしょうか?
 州政府等と協議の上公企業が出すので、「公社債」とでも言うと適切かもしれません。

 アメリカには歳入債というのがあるのです。日本にもあるのですが一般財源で保証されているため、アメリカのものと少々性格が違い、アメリカでは一般財源保証債にあたるそうです。公社債とはたとえば公企業が債権を発行し何かを作り、そこからあがった収益を元に償還していくというシステムをとります。有限責任であり万が一市民に償還できなくても、それにより作ったものがファンドの持ち物となることもないようです。

 日本の港湾は自治体が所有していますが、協議をして公社債を発行することはありません。自治体の地方債発行の許認可を総務省が握っているように、公社債発行など夢のまた夢だからです。

 日本で港湾法ではポートオーソリティ(港務局)が基本とされながら、広がらなかった理由がそこにあります。

 むろんアメリカの場合港湾に州政府も出資しますが、それはすべてではありません。

 日本の経団連や日本商工会議所が求めているものもそこにあると思います。

 公社債の発行が許可されれば債権市場も活性化しますし、郵政民営化によりゆうちょ銀行も民営化されているので、公共企業を行うのに公社債発行を認めてゆくことは待ったなしなのです。

 それを認めないで、強制的に独立採算制を求めていくことは、ある意味でまやかしなのです。

 ですが一方で道州制を推進しているのは、地方自治体の規模が大きくなれば公社債発行の権限を譲り渡せ、総務省の面子が保て自然にその問題が解決することも意味しているのです。

 今消費税が取り沙汰されておりますが消費税は流通税であり、間違いなくそれにより物価はあがってゆくのです。そしてそれは年金生活者や社会的弱者を直撃してしまうのです。かといって私は消費税アップに反対ではありません。流通税であることを皆があまりにも忘れてはいないだろうか?と思うのです。

 流通税があがり、空港や港湾、道路交通費が諸外国と比べ割高では、10年もたたないうちに日本企業は国際競争に敗れ破滅します。ある国の指導者が言ったように、「この国は20年もすれば我々のものになる」状態になってしまうでしょう。

 空港も数年以内に関東では不足することが確実視されています。

 福井県の方が私が意訳した公社債、すなわち歳入債について綿密な考察をしております。
 ざっと読んでいただければ幸いでございます。

(参考資料)
(港湾経営の関する一考察(港湾管理者の財源調達問題と歳入債制度 北山孝信著)
http://www.pm-forum.org/kiso/kouwankeiei.pdf
(歳入債制度に関する一考察〜港湾管理者の財源調達問題を中心に〜)
http://www.pm-forum.org/kiso/sainyuu_itikousatu.pdf

(経団連資料 ポートオーソリティについて記述あります)
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2007/038.html

(日本商工会議所 ポートオーソリティについて記述があります)
http://www.jcci.or.jp/nissyo/iken/20070416koku.pdf
0

2007/10/21  17:14

文化・芸術のカテゴリーに戻します  お知らせ
 初期の目標を達したようにも思いますので、「文化・芸術」のカテゴリーに戻します。
0

2007/10/21  16:59

レッドソックス大勝、ダイスケ最終戦先発へ!  心氣体(fitness)
 ダイスケ第六戦先発しませんでした。いくつか予想があり本来の順番に戻すのではないか?と思われましたが、シリングが第六戦を投げました。外れてすみませんでした。

 結果はホームのボストンで12対2で大勝でした。

 レッドソックス打線がよくなってきました。しかし偶然なのかどうかわかりませんが、最終戦に投げられるというのは男冥利につきるのではないでしょうか?
 しかし本当に先発するのかなあ?ナックルボーラーのウェイクフィールドの可能性もあるのかもしれません。

 もし投げるのであれば、「ボストンのダイスケ」は最終戦に燃えてほしいと思います。

 ダイスケは強い星を持っています。フィットネスがあれば大丈夫だと信じます。
0

2007/10/21  16:47

「美(うま)し国」について  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 「美しい国」ということばも少々衰退してきましたが、検索してみましたら「美し国づくり協会」というものがるあるのですね、もともと三重県が「美し国」と言っているのですが、もともとは日本国全体をさすことばのようです。

 「美しい国」というのは、誰もがめざすものであって特別な人達がめざすものではありません。沖縄県のことを「美(ちゅ)ら国」とも言うからです。

 というわけで、少し「美(うま)し国」を前面に出すことにしました。

(美し国づくり協会)
http://www.umashi-kuni.com/
0

2007/10/21  11:21

「ゆとりある繁栄」と東京五輪誘致  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 先日から「ゆとりある繁栄」ということばを使ってみたのですが、何か評判がよかったのか?少しアクセス数があがりました。
 東京五輪誘致について思考しておりまして、全国労働衛生週間の標語から思いついたものです。
 五輪を楽しめるゆとりが今の日本にないこともあります。

 「ゆとり」も「ゆとり教育」で悪者にされてしまいましたが、それは行き過ぎがあっただけで、理想が悪かったわけではないと思います。

 で、全国労働衛生週間の標語なのですが

 (平成17年度)
 働き過ぎていませんか
     働き方を見直して 心とからだの健康づくり

 (平成18年度)
 疲れてませんか 心とからだ
      みんなでつくろう 健康職場

 (平成19年度)
 こころにゆとり からだに余裕
      みんなでつくる 健康職場


 です。いずれも健康に重点を置き、心や時間にゆとりのないことからくる労働災害の危険性を説いたものです。わずかなゆとりを作ることを惜しんで、死亡労働災害が増えては何にもならないからです。

 それを考えているとき、東京五輪をするためには「ゆとりある繁栄」を築かないと難しいように思えたのです。

 昭和の東京五輪で作られたもので「根性」があります。当初は科学的なものだったのですが、その後かなりゆがめられました。平成の東京五輪は「ゆとり」を世界に発信することにあるように思うのです。

 他に今の世の中、国家財政にゆとりもなければ家計にもゆとりがなく、景気がよいわりに幸福感が薄いこともあります。地球環境にもゆとりがありません。

 「ゆとり」とは「楽」のことです。「楽」は豊臣秀吉が好んだことばです。楽すぎてもよくありませんが、楽がなければ経済も社会も発展しません。そのあたりをふまえて「ゆとりある繁栄」ということばを作ってみました。

 「ゆとり」とうことばもかなり歪められました。本来の「楽」の正しい方向性に戻ればよいと思います。
0


AutoPage最新お知らせ