X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●202X! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/10/19  23:27

「AOL Japan」はポータルサイトとしてはやるかな?  自然(essay)
 (10/20(土)に記事を一部書き直し付け加えました。・・・ちょっと乱暴なことば使いになったものですから・・・すみません。)
   
 私のブログの横に、了解はきちんとえまして、AOLのポータルサイトのリンクがはってあります。「AOL.COM」で、本来は「AOLドットコム」のはずですが、私の持っている資料ではして「AOLコム」と書いてありました。
 ですけど最近米AOLその他ののポータルサイトを見ますと、ただ「AOL」としております。
 それだけ、「AOLをポータルサイトの新しいブランドにしたい」という、タイムワーナー社の強い気持ちが感ぜられます。
 アメリカですとポータルサイトは、「Yahoo」、「Google」、「AOL」、「MSN」が四強で、そこに広告も集まっておりますが、日本ではgooやライブドアが強く、AOLポータルサイトも悪くはないのですが今ひとつというところです。

 日本ブランドも強いものだと思います。

 私自身は、AOLとネットスケープが融合し「AOLネットスケープ部門」となることが、AOL再生の鍵となると考えておりますが、ネットスケープはポータルサイトを運営していたことがあるとはいえ、基本的にはソフトウェア会社のブランドであり、今後それにインターネットコンテンツ制作を加えていけば、ブランドとして再生していくと思います。

 AOLは、ISPとポータルサイトのブランドとして成長していくと思います。

 いろいろリンク名を変えてきたのですが、どうもしっくりいかず、今朝(19日朝)まで、AOLコムとリンクしてあったのですが、ニューヨークに本拠地を移しましたし、今日から港町にふさわしいAOLポータルサイトとリンク名を変えてみました。しかし少し長いので、ポータルサイトを省略して「AOLポータル」にしてみました。
 
ポータルサイトとポータルは普通名詞でブランド名ではないので、別に嘘ではないし、
ニューヨークという港湾都市に米AOLが本社を移転した記念になると思いました。

 AOLポータルサイトとして、ちょっとわかりやすくしてみました。

 ポータルは港のポートと縁の深いことばです。

 「AOLポータル」は、ニューヨーク港の港町らしくてよい響きがしませんか?

 「AOLポータル」が、今後成功するかはわかりません。

 ですが・・・ニューヨークはあらゆるメディアの本拠地ですし、本来進取の気風のあふれる港湾都市です。きっとAOLネットスケープはニューヨーク、そしてニューヨーク港の「新しい顔」になると思います。金港も同じような顔がほしいものですね・・・ライブドアとかきてくれないものかなあ?とも思います。

 さてどうなるのでしょうか?金港は常にニューヨーク港を注目しております。

      ↓       ↓        ↓

 「AOLポータルがリンク名としてわかりやすい」そう思ったのですが、やはり少々問題あるような気もしますので、AOL Indiaを参考にAOL Japanとしておきました。ポータルサイトとしてのAOLブランドが広がってくれるとよいですね。

 リンク名が「JP.AOL.COM」がどう読んでよいかわからないので、AOL Japanとしてみました。「JP.AOL.COM」にまだリンクがはってないのですが、AOL Indiaを参考にさせていただきました。インドのAOLポータルサイトは成長が楽しみですね。

 AOLジャパンは日本の会社が運営しているので、それが成長すれば日本の利益にもなる。私はそう考えております。

(AOL India)
http://www.aol.in/

(米AOL International_Services)
http://about.aol.com/international_services
0


AutoPage最新お知らせ