X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/9/15  14:34

朝赤龍関ガンバレ!  心氣体(fitness)
 朝青龍関のいない高砂部屋にあって、関脇朝赤龍関が頑張り昨日は大関琴光喜を破りました。
 何でも横綱審議委員の脚本家内舘牧子さんが、「朝青龍関は引退声明するべき」とか言ったそうですが・・・うーん・・・それは内舘さんに「脚本家の廃業声明をしなさい」ということと同じ意味なのですが、きちんと意味をわかっておっしゃっておられるのでしょうか?
 何でも白鵬関が横綱にあがるときも、「問題がおこったら熊ヶ谷親方、宮城野親方どちらが責任をとるのですか?」とおっしゃったとのこと。それで亀田兄弟は許せるというのですから、少しゆきすぎではないか思います。
 横綱審議委員会はすでに横綱が復帰することを了承済みです。個人として言うのであればかまいませんが、言い方が陪審員になってしまっていると思います。
 スポーツ新聞が誘導して言わせたと思うのですが、どうでしょうか?

 四日市社会保険病院が出した診断書について、症状があってもきちんと診察、診断されなければ診断書は出ません。
 私も若い頃お医者さんに聞いたことがあるのですが、いい加減な診断書は出さないそうです。
 いくら社会保険庁設置とはいっても事実上の国立病院です。森下浩一郎整形外科部長もしっかりした医師のようですし、院長同席で横綱に説明したそうなので、誤診の可能性はないと思います。
 
 朝青龍関の回復力が驚異的ということに尽きると思います。

 朝赤龍関何とか頑張って勝ち越してほしいですね、ベイスターズAクラスと同じぐらい頑張ってほしいと思います。豊ノ島関が土俵上にいるのはどうしても納得いかないのですが、稀勢ノ里関も横綱白鵬に立ち合いを合わせないと失礼だと思います。
 
 もっと両横綱の気魄を見習うべきだと思います。それにしても見る気しないなあ・・・テンプレートを変えて気分を変えてみました。
 
0

2007/9/15  7:07

天皇陵という聖地  文化国家(Kulturstaat)
 あまり頑迷と思われたくもないので、少し書いてみたいと思います。
 日本の古墳がその形状といい大きさといい、世界でも稀有なものであることはいうまでもありませんが、不思議に思われているのはその大きさと比較しての副葬品の貧弱さです。大半盗掘されているということもありますが、それにしても少ないのです。

 古墳時代は現代を別格として、日本人の体格が一番大きかったというので、大陸からの人口の流入が激しかったと言われております。

 日本の記紀(古事記と日本書紀)が信憑性に欠けるといいますが、そのようなことはありません。
 韓国の三国史記が後世の1145年に作られ、あとは三国遺事ぐらいで、韓国古代史資料の大半が散逸しており、記紀と風土記の一部、曲がりなりにも多くの異伝が残る日本と比べると大変寂しいものがあります。
 中国もよく「王朝が亡びた後次の王朝が書くので客観的でよくできている」と言われますが、原資料は亡びた王朝の存在する段階で書かれるので、王朝の都合の悪いことは書かれないことは記紀とほとんど同じです。

 日本書紀の記述が中国史書を参考にしていて類似点が多くあると言いますが、もともと漢文は日本の母国語ではないので、当然記述方法は参考にしたと思われ、類似点が多いことは自然なことです。

 古事記は亡ぼした出雲神話や、熊襲や朝鮮における戦いも記録しており、かえって日本の大らかさと言いますか、都合の悪いこともかなり記述しているので、あまり中国のようなあからさまなものは感じません。特に古事記は伝承者の口伝を伝えており、斎部氏の斎部広成が残した「古語拾遺」とあわせれば、あまり極端な矛盾はなく、日本古代のことは大体わかるのです。わからない「空白の四世紀」のことは書いていないことでも好感が持てます。他国の史書と比べて信憑性に欠けるということはまったくないのです。

 現在の天皇陵は記紀の記録に基づき長い期間をかけて推定されたものであり、明治に入り皇室の権威を高めるために指定されたので、実際かなりいい加減なのですが、日本はそれを作った王朝が万世一系でいまだに続いており、皇居で皇霊として祀られていて天皇陵が聖地にされているので、学術調査がやりづらいのだと思います。

 韓国史学界の捏造体質のひどさに加え、また発表されない古墳への侵入等いろいろな嫌がらせもあることも推定されれば、「現状維持」に傾くことは仕方がないと思われます。

 継体天皇陵が今城塚古墳として偶然発見されましたが、場所そのものは指定されている継体天皇陵とそう離れているわけではありません。ですが天皇陵を掘った場合、何が出てくるかはよくわかりました。宮内庁としては「聖地を守る」ということに力点が置かれているのだと思います。

 天皇陵はあくまで「伝承」であり、「伝○○天皇陵」で何もかまわないと思います。
 私も伝仁徳天皇陵を見たことがありますが、やはり大きさといい大変なものです。
 それと今は関東に帝都がありますが、近畿の人にとっては記紀の記録は「自分達の先祖の歴史」なのです。その土地に行くと現実感がまざまざとあり、日本史の深さが感じられるのです。

 天皇陵のX線検査や盗掘されていないかの調査は必要かもしれません。ですが原則は「現状維持」しかないように思います。

 ですが一つ「これはおもしろい」ということがあります。古田武彦氏が書いていたのですが、ある大古墳を発掘したとき、その中からもう一つ古墳らしいものが出てきたというのです。古事記で神武東征にあたり、大和地方にニギハヤヒノミコトの子孫がいたことが書かれています。ところが現在の大和にそれらの遺物がないのです。ひょっとすると神武東征以前の聖地に古墳があり、多重構造の古墳ではないか?と考えられているのです。つまり古くから聖地の可能性があるのです。吉備の大古墳群もありますので、征服者の驕りがそこにあるとも思えませんが、とにかく聖地であることは間違いないと思うのです。

 私は百済との規模の違いから、北九州の九州王朝には懐疑的なのですが、邪馬台国が北九州にあったことを別とすれば、日本はかなり古代の先史時代から、ゆるやかな小国の連合体であったと考えております。日本の原形は縄文時代にはあったように考えております。そうでなければ船や陸路であれだけ貿易が活発に行われることはないと思うのです。

 朝鮮半島の朝鮮総督府のような軍事的なものではありませんが、任那日本府もなかったとは考えておりません。韓国の「愛国史観」の捏造体質にはうんざりしており、散々振り回されたので、今はむしろ記紀の原点、特に古事記に返り研究すべきだと思うのです。

 いずれにしても天皇陵は聖地として大切なものです。近畿では自分達の先祖の残したものなのです。しかし必要な学術調査は段階的に許していくべきだと思います。そうしないと荒らされたり何かあったも復元できなくなってしまうと思うのです。

 高松塚古墳も江戸時代は文武天皇陵、現在高市皇子(たけちのみこ)と被葬者が推定されております。高松塚古墳壁画は破壊されてしまいましたが、多くの模写があればこそこれから復元作業ができるのです。天皇陵の中にもあのような壁画があるかもしれません。
それであればこそ千年かかってもゆっくり調査はするべきだと思います。

 おそらく記紀の権威を壊すものは出てこないと思います。継体天皇陵からは故郷越前(福井県)から持ってきたようなものは何一つ見つからなかったのですから・・・
 
 戦前の平泉史観も問題がありますが、戦後の津田史観も見直すべき時期にきていると思います。
0


AutoPage最新お知らせ