X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/9/13  6:18

豊臣秀吉の太閤堤発見について  進歩主義(progressive)
 豊臣秀吉が1594年(文禄3年)に、伏見城築城にあたり宇治川に築いた太閤堤のあとが、長さ75メートル、幅5.5メートルにわたり宇治市で発見されました。
 現在ですと干拓(かんたく)されてわかりませんが、何でも昔の京都南部にあった巨椋池(おぐらいけ)のほとりにあるそうです。

 伏見城は取楽第(じゅらくだい)に代わる京都の拠点として、また秀吉の隠居城として築城されました。豊臣武家政権の都大阪(当時の字は大坂)が淀川河口にあり、船でさかのぼれば当時伏見城のすぐ脇にあった港にそのまま横付けできるという場所にありました。
 
 豊臣秀吉は関東の拠点として江戸(現在の東京)を選んだように、何よりも水運を重視する将軍でした。

 近畿は当時、豊臣秀吉による天下統一がなされたにもかかわらず、地震や水害等の天災が多く、特に治水は重大問題でした。想像されていたものより規模が大きいということで、それが豊臣武家政権の強力さを物語っているということです。

 最近、「大将軍豊臣秀吉」ということをよく考えてしまいます。織田信長を将軍と書いた古文書もあるようですが、豊臣秀吉は室町将軍家の後継者であり、新しく大阪という武家政権の拠点を開いた功労者であったのです。

 大将軍の力強さが写真からも強く感ぜられます。

 太閤堤には「伏見までの川の道を守り、領民の農業と生活を安定させる」という強い意志が漲っているのかもしれません。伏見が港だったなんて今だと想像もできません、森鴎外の小説でもとりあげられる京都の高瀬川も運河ですが、淀川と琵琶湖の水運と飲料水が、関東に対して圧倒的な近畿の経済を支えていました。関東は関東ローム層という火山灰土が広く平野を覆っており、暴れ川も多く、そのため農業で近畿を越えることができず、明治に入り産業革命がおこりその後日本が工業国となるまで、全体的には経済力で近畿にどうしても勝てませんでした。近畿は戦前の大阪が日本一の都市であったように、本来日本でずば抜けて恵まれた地域なのです。

 日本酒の文化も近畿が豊かであればこそなのです。

 太閤堤は、あちらでは地域史でも教えるそうですが、今はともかく当時の近畿の豊かさと文化はうらやましいことだと思います。

 やはり「大将軍豊臣秀吉」ですよ!

 (京都新聞)
 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007090500161&genre=M2&area=K20

 (読売新聞) 
 http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070906p101.htm
0


AutoPage最新お知らせ