X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/9/1  11:52

朝青龍関冤罪事件と靖国問題  国軍
 実は、この事件がはじまったころから、「このパターン何かに似ているな・・・」と思っていたのです。

 推定も交えて書きます。

 マスコミも当初は、「親方衆は引退してからも相撲をとりたがるんですよ」と言い、この問題が相撲協会内の権力闘争に利用される可能性を示唆しておりました。
 わりと冷静だったのです。
 次の日から昼間に日本相撲協会の電話が鳴りっぱなし、抗議の電話が殺到しました。
 それを見て反高砂派が勢いづき、当初北の湖理事長からの厳重注意で終わるはずが、二場所休場、減俸、引退示唆という、過去の判例から見れば考えられない事態がおこってしまったのです。
 大相撲の最大派閥である出羽海一門は当初中立的立場をとっていましたが、「これを機にライバル高砂一門の横綱を追い落とそう」という立場に変わり、大混乱になってしまったのです。

 事の発端となった、チャリティーサッカーの背景を説明しないサッカー映像と、次の日の抗議電話の殺到、昼間から延々電話をかけ続けられるというのは、働いている人達ではありません。

 ジャーナリストの櫻井よし子さんが言っておられましたが、「どこから調べてくるのか、まったく同じことを言う抗議の電話が殺到し、電話をとらないようにすると今度はFAXでほとんど同じ文面の抗議文が送られてくる」というパターンに似ているのです。高砂部屋ホームページによりますと、高砂部屋をかたった虚偽の発注や朝青龍関の名を語った虚偽の行動、たとえば朝青龍の友人に電話をかけたりする行動があいついでいるようです。

 一部の国粋主義者たちが、「外国人の横綱はいらない」というキャンペーンをしておりましたが、左翼側も神道と深い結びつきを見る大相撲を重視していたはずです。そして協会側も時太山事件などのことがあり、目先をそらすためにこの事件を利用したように思えるのです。

 中国の今の指導層は文化大革命時代を育った文革世代と言われます。日本の団塊世代とほぼ同じですね、台湾との経済交流が活性化したとき、深セン等で台湾人実業家の心臓をくりぬいて惨殺したりする事件がおきました。やっていたのは旧紅衛兵たちです。国から見放され、仕事につけず職業訓練を受けていない彼らがやっていたのです。

 かつて二千万と言われる同胞を惨殺した紅衛兵たちが、その矛先を西側の実業家に向けたのです。中国の指導層は文革を否定しておりますが、今もって海外文化に対する批判を続けております。日本では文化大革命のあまりのひどさを知らない人が多いので、安易に神道批判や、日本の伝統文化批判のキャンペーン指示にのってしまうのです。彼らが日本や台湾からの経済援助により、かなりの人がまっとうな職につけ、豊かな老後が送れるようになったにもかかわらずです。

 文革世代はいまでも本質的に文化闘争が好きなのです。国内ではできなくなった文化闘争を日本でやっているのです。幸い日本には中国の言うことなら何でも聞く似非ジャーナリストが多い、しかも報酬を求めないからこれほどありがたい奴隷はいないわけです。

 それならば、時太山事件のような刑事事件を追求するより、大相撲の象徴である横綱の権威を貶めた法が、大相撲をこの世からなくすためには有効な方法なのです。
 私が異常な雰囲気にのらなかったことは、この騒動にきな臭さを感じたからです。
 
 実態はどうなのかわかりません。ただ横綱の倫理や行動をあげつらって曖昧な基準で処分してしまえば、今後類似の事件がおこったとき、すべての横綱を引退させねばならなくなります。事件がおこるたびに相撲協会に組織的に抗議の電話を入れさせ、学園紛争時代の学生新聞から一歩の脱却できない似非ジャーナリストを動員すればよいわけです。

 日本も悪しき官僚主義が横行し、「一度決定したことは撤回できない」という考え方が横行しています。それこそ敵側の思う壺なのです。横綱が謝罪をすることも危険なことだし、引退などもってのほかです。横綱が治癒したときにこやかに「お騒がせしました!私は力士で弁論家ではありません!誠意は相撲でお見せします!」でよろしいと思います。

 「横綱の品位」より、マスコミ側に「ジャーナリストの品位」が求められると思います。横綱は昔の横綱がタイムスリップして現代にあらわれたような昔気質の人です。パフォーマンスは下手な人です。あたたかい目で見守ってゆきませんか?
  
 そして横綱の誤った悪しきイメージを修正していけばよいと思います。
 神道と仏教を基盤とする日本文化には、国際性があることを示してゆくべきなのです。

 団塊世代は自分達が中国の文革世代、アメリカのベトナム世代と似ていることを理解すべきです。そこには同世代の国際的なつながりもあります。どの世代もよいところ悪いところがあることを考えるべきなのです。偶発的事件ですので、中国はこの問題に直接タッチしてはいないと思います。これは日本ジャーナリストが暴走した問題だと思います。

 文化的なことを議論するのはよいけど、紅衛兵の真似はしてはならないと思います。

 
0


AutoPage最新お知らせ