X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/8/28  6:04

モンゴルの鉱山業について(2007年はモンゴルにおける日本年)  進歩主義(progressive)
 旭鷲山関の引退の原因の一つに、モンゴルにおける鉱山ビジネスにおけるトラブルが暴力団関係者とあったということが言われており、朝青龍関の周辺でも鉱山に関する噂が出ているので少し検索してみました。

 中国のチベットがウランをはじめとする豊富な資源にめぐまれ、ウイグル自治区は石油が豊富ですが、モンゴルでは金や銅の資源が豊富にあり、エンフバヤル大統領は鉱山業を外貨獲得のための礎としたいと考えているそうです。

 しかし大昔と違い、鉱脈さえみつければあとは人を集めて掘ればよいというものではありません。鉱山はモンゴル国のものですし、だいいち鉱山を開発するためには国の許可を得て調査試掘をし、開業後は鉱山労働者のための住宅の整備や鉱山技術者を大量に雇ったり、重機の手配をしなくてはなりません。昔の大陸馬賊の夢を追う人もいるのかもしれませんが、モンゴル国相手の鉱山ビジネスは個人商店レベルではできないし、そういう話がもしあるとすれば詐欺だと考えて間違いないと思います。

 力士を通じてモンゴル国に渡りをつけようとしてもそれは無理だと思います。昔のアメリカのゴールドラッシュ感覚で「鉱脈をみつけに行こう!」ならまだよいと思います。朝青龍関が大統領の覚えがめでたいのはあまり変なビジネスをやらないからではないでしょうか?

 日本には優秀な鉱山会社がたくさんあります。技術力もあります。鉱山会社が正規の外交ルートを通じもっと興味を示してほしいと思います。外国の鉱山だとやはり警備員が必要だし、物資の調達で中小零細企業にもチャンスがあるでしょう。そういったところからチャンスをみつけていったほうがよいと思います。

 中央アジアは他のレアメタルと呼ばれる、ハイテク製品に不可欠な希少金属もかなりある可能性があります。2007年はインドと同じく、モンゴルにおける日本年であちらでは日蒙友好のためにいろいろなイベントが行われているのです。よいチャンスはたくさんあると思います。高度成長時代のような乱暴なやりかたは今の時代できません。もう少し紳士的にやってほしいと思います。

 (浅野勝人外務副大臣のモンゴル訪問 モンゴルにおける日本年や今後10年間の日本モンゴル基本行動計画もあります。)

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/fuku/asano/mongolia_07/gaiyo.html

 (世界の鉱業の趨勢 2005 モンゴル国について)

 http://www.jogmec.go.jp/mric_web/kogyojoho/2005-08/mongolia_04.pdf
 
0


AutoPage最新お知らせ