X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/7/6  6:01

21世紀における日印経済同盟(クラ運河とあわせて)  社会的市場経済(Soziale Marktwirtschaft)
 少し気づくのが遅れたのですが、ウェッジの7月号にきわめて興味深い記事があります。
 ナイヤン工科大学(シンガポール)の、C・ラジャ・モハン教授が、「日印関係を強化し、アジアの新秩序構築をリードせよ」という論文を掲載しているのです。
 この中でインドにとり、日本とのパートナーシップこそ重要であり、それは東アジアと南アジアを結ぶアジア外交の基軸になると言い切っております。
 それを示すものとして、今年4月に行われた日米印三ヶ国による海上合同訓練、日本、インドネシア、シンガポールの強い後押しにより実現したASEANへのインドの準加盟国加入や、後の東アジアサミット(EAS)へのインドの参加、そして今度はスリランカの内戦終結と、ネパールの民主化をインドと共に行っている、南アジア地域協力連合(SAARC)への日本のオブザーバ参加という、インドを中心とした三つの同心円(王の円と言うそうですが)ができつつあるというのです。

 大変力づけられる記事だと思います。たしかに北京発の情報に対し、ニューデリー発の情報は少なすぎる気がします。
 第二次世界大戦中に、日本がポツダム宣言受諾の情報が、公式発表より前にデリーからの宣伝放送を聴いていた日本兵が、「たしかに聴いた」と言う番組を見たことがあります。
 大英帝国の時代、ビクトリア女王はインド皇帝を兼務しており、インドは大英帝国のもう一つの中心だったのです。
 そして、幸いにも英語がかなり普及している利点もあります。

 また世界人口は今約66億人だそうですが、インドはもうじき15億人の人口に達し、中国を抜いて世界一となることが確実視されています。
 私達日本は中国市場を育てるのに、莫大な経済援助をし30年近くの時間をかけました。
 インドはもっと時間がかかるかもしれません。
 しかしインドが日印関係を重視していることは朗報ではないでしょうか?
 インドのみならず、華僑の天国であるシンガポールも、中国の軍国主義化には懸念をいだいているのです。

 ここでやはり地図を見れば、クラ運河が重要であることがわかります。
 シナ海を越え、タイランド湾を越えクラ運河を通ればそこはインド洋、目の前にインド領アンダマン諸島があり、インドがあるのです。
 そしてその海域は今、中国海軍とインド海軍が睨みあっているところでもあります。
 マラッカ海峡と並んで、クラ運河開削が重要であることは言うまでもありません。
 資金はニューヨーク、東京、ロンドンの金融市場を中心に、特に東京市場で集められると思います。
 インドがクラ運河開削を、日印経済同盟の象徴と重視してくれれば心強いことはありません。
 私のブログのせいでもないと思いますが、方々のブログや掲示板でクラ運河がとりあげられており、大変感謝しております。
 「中国に主導権をとられるのではないか?」という懸念はありましたが、大半が賛成であり、東南アジアの方が日本で書いているブロガーさんも賛成していました。
 日本が本当の力を出せば、二年程度で船の仮通航ができるようになると思います。
 そしてスエズ運河をムスリムのエジプトが所有しているので、必ず仏教国に運河を開き、海運のバランスをとらなければなりません。
 それができるのは、インドやASEAN諸国とも、仏教を通じ文化的につながりが深い日本なのです。
 やるべきではないでしょうか?
 日印経済同盟が活性化すれば、経済の力でアジアの平和と民主化が成し遂げられると思います。未来のアジア平和のためにクラ運河開削は、突貫工事でやるべきだと思います。
 
 
0


AutoPage最新お知らせ