X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/7/4  6:16

観光プロパガンダと反日プロパガンダ  汽船(エッセイ)
 お隣韓国を見て不思議に思うことがいつもあります。それはなぜ観光プロパガンダと反日プロパガンダを同時にやるのだろう?ということです。
 韓国は一度経済破綻をしたことがあります。そこから抜け出すのにあたり貢献したのが観光産業でした。
 特に日本からの観光客はすばらしく、日本は上得意なのです。
 かつての悪いイメージはほとんどありません。
 日本には韓流ドラマの売り込みをはじめ、積極的に観光プロパガンダを行っているのですが、一方で国内では反日プロパガンダをしております。
 中国も同様で、反日プロパガンダにより上海で暴動がおき、日本商人が被害を受けても「日本が悪い」の一言で、少し理解に苦しみます。
 
 そもそもなぜ、観光プロパガンダと反日プロパガンダを同時にするのか、わからないのです。
 それは友好関係を阻み、日本に対してきわめて不誠実な対応ではないでしょうか?
 しかもそれを両国とも国費でやっているので、日本では考えられません。
 
 最近の韓国は、御用学者が孔子は韓国人と言ってみたり、唐帝国はなかったと言ってみたりで、中国からさえ懸念が示されています。
 親日派の子孫の財産没収さえおこなっています。一方で観光プロパガンダを行うのはなぜでしょうか?
 中国も大陸系の横浜山手中華学校のホームページを見ますと、真っ赤なデザインに、まず「民族教育」が出てきて、少し怖い印象を受けます。台湾系の横浜中華学院のホームページが穏やかなだけに不安を感じます。
 過度な民族主義が人種主義と結びつくことにも不安を感じます。観光プロパガンダは大いに結構ですが、反日プロパガンダはそろそろ卒業してほしいと思います。
 日本も反韓から卒業しているわけですから、ここで昔に戻ればもはや親韓に日本が戻ることはないのではないでしょうか?
 中国も同様ではないでしょうか?北京オリンピックでもサッカーアジア大会のような応援が続けば、日本人はキレると思います。故意に煽らなければ、あのようなことはおきなかったはずです。 
 横浜山手中華学校はもともと大同精神で創立されているのですから、そこに戻ってほしいと思います。
 「すべては同じこと」と、大きく包みこむ大同精神に学ぶことが、アジア平和につながる道だと思います。
0


AutoPage最新お知らせ